FC2ブログ

「松山市の地名・町名由来」・ 「志津川町・松前町」 8

松山市の地名・町名由来」の第8回目は、松山市近郊の市町村にも同じ町名がある「志津川町」(しつかわまち)と「松前町」(まさきまち)をご紹介しましょう。


この2つの町名の由来にはある共通項がありますので、地域的にはお互い離れていますが同時に採り上げます。


実はこの2つの”地名・町名”以外にも、似たような事情で付いた町名が他にも幾つかあります。今日はその一部を併せてご紹介し、それ以外はまた別の機会に採り上げご紹介しましょう。


ただし今回は、同じような事情で町名がついた町に”町名由来の物”が残っているわけではありませんので、「志津川町」と「松前町」の画像だけを添えました。


つまり町名由来が、神社仏閣、更には地形やシンボル的な物ではないということです。

志津川標識1
先ず画像は、松山市の北部の位置する「志津川町」(しつかわまち)を表わす土地改良区倉庫の表示です。


松山市に長年お住まいの方なら、松山市のお隣、”東温市”にも”志津川”(しつかわ)という地区名があることをご存知の方は多いと思います。


そうです、松山市にある「志津川町」(しつかわまち)の由来は、今の東温市の「志津川」地区に関係するのです。

志津川池1
この画像は、松山市志津川町にある”志津川池”の今の画像です。


さて、現在の東温市”志津川”の地区名が、なぜ松山市にも”町名”として存在するのか?


それは、”松山城”を築城した”加藤嘉昭”(かとう よしあきあ)が、松山城の城下町を作るために松山市近郊の町から地租(ちそ=税金)などを免除して人々を集めたのです。


つまり松山市「志津川町」は、松山市西近郊の”志津川”地区の人たちを呼び寄せて、一つの町を作らせたのです。


従って、今日ご紹介する地名は何れも1500年代末から1600年代の初めに付いた地名でです。今までご紹介してきた第7回目までの地名由来と比較するとズッと新しい地名なのです。

松前町標識1
この画像は、松山市の台所”萱町”の東隣の町”松前町”(まさきまち)を示す標識です。


この「松前町」の地名も、松山に長く住んでいる人にとっては、松山市の南隣の町に伊予郡「松前町」(まさきちょう)と言う町があることはご存知でしょう。


そうですこの松山市「松前町」も、”松山城”を築城した城主”加藤嘉昭”(かとう よしあき)が、今の伊予郡松前町から栗田・後藤・曾我部などの豪商を呼び寄せ、今の”古町”周辺の”商人町”に「松前町」を作ったのです。


元々”加藤嘉昭”は、”松山城”築城の前は今の伊予郡松前町にあった”松前城”に入城し伊予国中部支配を始めました。

加藤嘉昭”は豊臣秀吉の重臣だった人物で、秀吉が起こした”文禄の役”(朝鮮出兵)での活躍によって、それまでの”淡路志智城”城主から6万石に加増され、伊予国”松前城”に入城しています。

時に”文禄4年”(1596年)のことです。

その”松前城”が伊予国中部支配には手狭ということで、今の勝山の地に”松山城”を築城したのです。

松前町町並3
この画像は、現在の松山市「松前町」の町並み風景です。

なお、”松前”(まさき、或はまつまえ)という言葉の本来の意味は”区画された町の前の方”を指す言葉です。

お正月で門松を立てている期間を”松の内”といい、”松の内”の””とは、神々がいるところを意味するという見方もあり、”松前”の語源である”区画された町”というのは、”神が宿る神聖な町”であり、”松前”はその前の方を指す言葉なのでしょう。

加藤嘉昭”は上の二つの町以外にも、城下町作りの為に伊予の守護大名であった”河野氏”の時代に繁栄していた”湯築城”周辺から商人たちを集めて、「道後町」(どうごちょう)、「今市町」(いまいちちょう)、「一万町」(いちまんちょう)を作りました。

上に書きました三つの町名は加藤嘉昭が作った町で、当時は上の様に呼ばれていましたが、昭和37年(1962)の「住居表示に関する法律」に実施に伴って「一万町」が「道後一万」に、「今市町」が「道後上市」に変わりました。

また同じ理由で昭和37年に「道後町」は、地域が広域であったために幾つかの町に分割されました。

それらが「道後北代」・「道後喜多町」・「道後鶯谷町」・「道後多幸町」・「道後北代」「道後樋又」「道後湯月町」「道後姫塚」「道後緑台」などです。

これら「道後町」を分割して出来た町は、”道後”を上につけた町名が特徴です。これは旅館などが”道後”のイメージを大切にしたいために付けられました新しい町名です。

これ以外にも町全体が、その時の城主の意向で移住して、移住前の地区・町名を由来とする地区・町名が幾つかありますが、その紹介は別の機会に譲りましょう。


来週の第9回目は、今日ご紹介した「志津川町」のお隣にある「馬木町」(うまきちょう)と「高木町」(たかぎちょう)をご紹介します。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード