fc2ブログ

「地恵地楽ダイニング 青空食堂」・「愛媛グルメ紀行」 495

今日は、県道松山東部環状線から今治へ向かう国道317号線へと向かう道路沿いの、樽味2丁目にある”地恵地楽ダイニング 青空食堂”さんをご紹介しましょう。

このお店は、”有限会社限会社ヴォルカニックカンパニー”という会社が運営されていて、元々西条の御出身の代表者がこのお店を含めて松山で3店舗を運営されています。

このお店の名乗り”地恵地楽”(ちけいちらく)とは、”地元の恵みを地元で楽しむ”というコンセプトが表現されています。

お料理の根幹をなす野菜類や肉類は、県内各地の契約農家さんから仕入れておられ、それぞれの生産農家の名前も表示してあります。

玄関1
こちらがお店の玄関です。

ワタシがお伺いした当日は、生憎の雨でした。またお訪ねした時刻は午前11時40分。

お店が用意された駐車場は20台を超えますが、8割方埋まっていました。

そして正午を廻るころには、玄関の踊り場には待ち席が用意されていて、そこで座って待っているお客様が数組いらっしゃいました。

冬の和ランチメニュー2
メニューは数多く用意されていますが、多くのお客さんが注文されていたのが画像のメニューです。


冬の和(減塩)ランチ”と名づけられた期間限定の和食メニューで、何と品数は11種類にも及びます。

お値段は1200円(内税)です。このお値段が高いか、あるいは割安に感じるかは全てのメニューをご紹介した後でお感じ下さい。

すき焼き風肉豆腐3
メニュー表に記載してあります通りに画像を並べてみました。

先ず最初は”すき焼き風肉豆腐”と銘打たれたこちら。

牛肉と春雨(はるさめ)と長ネギと木綿豆腐が、すき焼き風に煮られた料理です。生卵が乗せられていて、小皿に取っていただきます。牛肉の旨味が豆腐に乗っていて、濃厚な味付けでした。

鰤の照り焼き4
こちらは、”ブリの照り焼き”です。

今が旬のブリは、油が乗っていてそれは美味しい!

照り焼きのタレが絶妙でした。

白菜と湯葉の和風グラタン5
こちらは”白菜と湯葉の和風グラタン”と名づけられた料理です。

白菜のシャキシャキ感が残っている程度に湯掻かれ、湯葉とともにホワイトソースをかけてグラタン仕立てに料理されています。

白菜と湯葉の組み合わせの妙、意外性が楽しめました。

しいたけの落葉田楽6
こちらは”しいたけの落葉田楽”と名づけられたお料理です。

しいたけを丸ごと1個使って、石突(いしづき)を取り半分に切って、味噌を塗って”落葉”に見立てて焼いてあります。

しいたけの旨味を、味噌で引き立てたものです。言葉がありません。素材の持つ旨味を引き出す技に唸ります。

キャベツの磯部和え7
こちらは”キャベツの磯部あえ”と題されたお料理です。

春キャベツの持つシャキッとした食感を生かして、ゴマを振り掛けワカメで和えてあります。

海と大地の融合とでも言いましょうか。

伊達鯛の節分揚げ8
こちらは”伊達鯛の節分揚げ”と銘打たれたお料理です。

伊達鯛”とは、宇和島の養殖鯛のブランド名です。愛媛は”養殖真鯛”の水揚げが”日本一”の県です。

節分揚げ”とは、この季節感を表現したものでしょう。節分の時期に食べられていた”あられ”を表わしたものがピーナッツで表現されています。

ピーナッツが香ばしく揚げられている中味は、ホクホクの真鯛です。何と言う取り合わせなんでしょう。ただただ脱帽する他ありません。

じゃがいもとホウレン草の手まり9
こちらも実に手の込んだお料理です。”じゃが芋とほうれん草の手まり”と名づけられています。

じゃが芋は湯掻かれてマッシュされています。

そして湯通しされシンナリとなったほうれん草で”手まり”のように丸められたものを半分に切り、その二分の一を更に半分に切って伏せられた状態で供せられていました。

食べるまでは、半球状態の中味が分りません。食べてみて、初めてほうれん草の中味が分るという仕掛けです。

ホウレン草のゴマ豆腐10
こちらは、見た目も鮮やかな”ほうれん草のゴマ豆腐”です。

目で楽しみ、ゴマ豆腐のネットリとした濃厚な食感を堪能します。

たっぷり大根とタコ炊き込み11
こちらはご飯ですが、ただのご飯ではありません。”たっぷり大根とタコ炊き込みごはん”と名づけられたもの。

瀬戸内海のタコの炊き込みご飯ですが、瑞々しい大根が生に近い状態でサイコロ状に切られたものがゴロゴロと散りばめられています。

その複雑な食感を楽しむことは出来ませんでした。それまで頂いたお料理の数々で既にお腹はパンパンの状態。

完全にギブアップで、勿体ない事に一箸二箸を付けただけで終わりました。無念でした。

うどん12
こちらは、焼き白ネギの味噌うどん”です。

これでもか!という迫力で迫られましたが、”白旗”を掲げて降参しました。

「ま い り ま し た ・・・・」っと。

デザート13
この”バレンタインチョコレートケーキ”の名づけられたチョコレートケーキと生クリームだけは、意地でいただきました。

でも、既に”青息吐息”です。完敗でした。

これだけ素材を吟味され、手の込んだ調理をされたお料理が全11品並びました。その姿は壮観の一言です。

このお店と比較するのは、昨年11月29日と今年の1月9日に二度ご紹介した東野2丁目の”季菜”さんと、今年1月28日にご紹介した紅葉町の”たべものやみいつけた”さんでしょう。

さて・・・・・




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

「地恵地楽ダイニング 青空食堂」ですか。
最近、この手のネーミングが巷に氾濫していて。ちょっと見ただけでは、良心的なお店とハリボテ的なお店の見分けがつきにくいんですよね。
こうやってじゅんさんに推薦していただけると、分かりやすくて助かります(笑)。一つ一つは少量でも、これだけそろうと男性でもお腹いっぱいになりそうですね。1200円はイタリアンのパスタセットとほぼ同じ価格帯と思われ、ゆっくりランチタイムが過ごせてほぼ納得なんじゃないでしょうか。
ぜひ行ってみたいです。きっと手ごわい女子会のみなさんだらけだと思いますが、負けずに行ってきます!

女子会+家族連れ

ファットマン様
実はこのお店、目的のお店に入ったところ休業日だったので、急遽飛び込んだお店でした。

ところが、雨にも関わらず満席でした。私の少し後に入ったグループは待ち席に。
「何でこんなにお客さんが多いんだろう?」って不思議でなりませんでした。

ところが、出されたお料理の数と内容を見た途端に「納得!!」でした。
さらに、どのお料理を食べても「ああこれだから流行っているんだ!!」って、ストンと理解ができました。

ただ、小食の私には恨めいい位に多数の料理。最後は食べ残してしまいました。ファットマンさんなら、その点大丈夫だと思います。

ぜひお試し下さい。ただし、強力な女子会と家族連れには御覚悟を。

コメントありがとうございました

やきものがかり 様
初めてのコメントありがとうございました。分りますよ!

いいことをお初めになりましたね。URLをお知らせ下さい。早速お気に入りに登録したいと思います。

もし私でお役に立てることがあれば、何なりとお申し付け下さい。お気軽にどうぞ。

細く長くの精神で。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード