「再訪 102 Lindsay's(リンジーズ)」・「愛媛グルメ紀行」 505

さて、今日も”再訪シリーズ”をご紹介しましょう。


今日のは再訪店は、102番目のお店です。松山から33号線で砥部方面を目差し、旧道で森松町に入り、重信川に架かる”重信橋”を渡る直前の、道路の西側にある知る人ぞ知る”Lindsay's(リンジーズ)”さんです。


このお店、今までに2012年3月26日に253番目のお店として、また”再訪シリーズ”36番目、通算381番目のお店として既に2回後紹介していて、今回が3回目です。(「Lindsay's(リンジーズ)」・「愛媛グルメ紀行」 253)・(「再訪36 リンジーズ」・「愛媛グルメ紀行」 381

玄関1
こちらがお店の玄関です。


とっても小さなお店ですし、松山市内から来てもお店は県道からやや奥にあるので、お店らしき建物が見えてもそこがどういうお店かを知っていなければ、先ずは入らないかもしれません。


しかも、このお店の営業日は「木・金・土」の週末3日間だけです。


ですが、何時行っても店内はほぼ満席です。つまり、”知る人ぞ知る名店”なんです。

店内2
余り大勢でお店に押しかけますと、店内に入れません。恐らく、一日30人が限界でしょう。


その日も、お店に入るなり「アラ、じゅんさん!」と名前で迎えていただいました。


「昨日は30人もお客さんに来ていただいて、お店に入れないでお断りした方もあったんですよ」と、笑顔で応えられます。


店主さんは、主婦でありお母さんであり、また農業者であり、このお店のオーナーシェフでもあり、更には別のお仕事も持っておられる”ウルトラスーパーウーマン”です。

カボチャスープ3
お昼のランチは一種類。食後の飲み物がついて700円です。


使っている野菜は”完全無農薬”の野菜。朝、自分の畑から摘んでお店に持参され調理されています。


野菜が不足すれば、”無農薬仲間”が応援してくれます。この”カボチャスープ”も、完全な自家製、自分の畑で自分が育てたもの。


それを漉して煮詰めてスープストックを作り、冷凍庫で保存し、それを解凍して温めます。店主さんの気持と自然が凝集した”カボチャスープ”なんです。


実に濃厚で、豊かな味がします。味付けは主婦の域をとっくに越えられています。

ランチ4
さて、こちらが”本日のランチ”です。目の前で”春巻き”の皮に手作りの具材を包みこんで揚げられた一品です。


アツアツをいただきます。春巻きのモッチリした皮は、一方ではパリパリに揚がっています。また具材は味付けされた鶏肉をメインに、後は自分が育てた野菜がタップリ詰まっていて、春巻きの皮からはみ出そうになっています。


「じゅんさん、最近は”コリアンダー”栽培しとるんよ!春巻きに”コリアンダー”入れても大丈夫?」と聞かれました。


コリアンダー”は英語、タイ語で言うと”パクチー”、中国語では”香菜”もしくは”生菜”(シャンツァイ)といい、日本語では”コエンドロ”又は”カメムスソウ”。

春巻き5
その”コリアンダー”は栄養価には富むけれど猛烈に臭い。と言うか、強烈な個性を持った存在感ある匂いを伴う。


東南アジア圏では、多くの料理に使われる。でも苦手なので「出来れば避けたいです」と正直に言った。


すると、「じゃあコリアンダーは一本だけ入れとこワイ!まあ食べ比べてみて!」っと店主さん、天使の笑顔で仰った。


4本ある春巻きの中で、一番手前の1本だけにコリアンダーが入っている。食べた。ベトナムのハノイの雑踏の味がした。

高菜卵とじ6
こちらは”高菜の卵とじ”。高菜ももちろん、自分の畑で獲れたもの。柔らかく、そしていい出汁で煮てあるので美味しい。優しい味がした。


このお店、実は”フェイスブック”仲間の溜まり場でもある。ワタシがこのお店を初めて訪問した時も「アレ?フェイスブック関係の人ですか?」って開口一番で尋ねられた。


その日も、フェイスブック仲間が2人来店されていた。職業も性別も年齢も略歴も全く違う人たちが自然に集うお店なんです。


店主さんは、それぞれを互いに紹介し合う。そこで更に交流の輪が広がっていく。


隣に座った渋いハンサムさんは「”じゅんのつぶやき”を毎朝7時に必ず見ています!」と言った。


コメントは書いたことはないけれど、必ず生活習慣の一部として毎朝見ていると仰った。


そういう”サイレントマジョリティー”(無言の多数者)さんがいる限り”じゅんのつぶやき”は書き綴っていきたいと決意を新たにした。

玄米ひじきご飯7
こちらは”玄米のヒジキ炊き込みご飯”です。このお店では”白米ご飯”は出ません。


玄米ですから、一粒一粒噛み締めていただきます。”ヒジキ”のいい色と香りが鼻腔をくすぐります。


食べ物”から命をいただいていることを実感しながらいただきました。

紅茶8
「じゅんさん、私ネー、西予市にサテライト〇〇を作ったらどうか?思うンヨー!まだ構想の段階やけど。作るんやったら、環境的には西予市が最適や、思ってるんやけど、その時手伝ってクレン?」と、店主さん。


西予市はワタシの生まれ故郷。それをご存知での提案。


「そのサテライト〇〇って、一体何ナーン???」っとワタシ。


これからも、このお店、この店主さんとのお付き合いは続いていく。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

皆さん朝のブログ巡回で、いちばんに巡るみたいですね(笑)
私もリンク(ブックマーク)の下から巡るので、じゅんさんのブログがいちばんなんです(笑)

朝ごはんを食べてから見ないと、お腹が辛くなるので空腹の時は見ないようにしています(゚m゚*)プッ

このお店は、にゃんこの病院へ行く時に見かけて、何だろうなって興味惹かれたお店でした(*^_^*)

私も朝一

ベル様
私も、朝に特別な仕事がなければブログ巡回しますが、当然リンクしてある先から直接お伺いする事になります。

そうしますと、一番最初にリンクしているベルさんからスタートになります。ベルさんのアップは午前7時30分ですから、その時刻からが私のブログ巡回スタートですね。

この習慣が付いたのは、リンクを張った時からずっと毎朝の日課です。

このお店、リンジーズさんを初めてアップした時もベルさんからコメント頂いたこと、覚えております。^^

No title

オーナーの三好さん、お元気にされてますか?
以前、FaceBookを結構やってた時期に、お世話になったお店なんですよ。

えーーー!

やきものがかり様
へーーーー、文字通り「世間は広いようで狭い」ですねー。

店主さんをご存知でしたか。店主さん、言ってみればFaceBookの地域オルガナイザー的存在の方ですからねー。そっちの関係では有名な人ですから、あり得ることですね。

今も一人何人役かをこなされていて、極めてパワフルに活動なさっていますよ。営業日が限られていますので行くのは難しいかも知れませんが、チャンスがあれば顔を覗かせてあげてください。喜ばれると思います。

No title

じゅんさんありがとうございます♥
きょう、はんさむさんがきて、ぼくもぶろぐにかいてもらった~!
って、教えてくれました!!またいろいろおしえていただきたいです!
じゅんさんの話はとっても面白いです。

コメントありがとうございました

リンジー様
おはようございます。

そうでしたか、ハンサムさんがそう仰っていましたか。嬉しいですね!
なお、単なるハンサムさんですなく「渋いハンサム」さんと呼んであけて下さい。ああいう渋さは貴重だと思いますから。^^

ええ、これからもお伺いさせていただきます。美味しいお料理とおしゃべりを楽しみたいですから。

一人何役をこなす事は大変だと思います。余り無理されない程度で頑張ってください。^^私も今日はブログお休みです。

No title

ときどきコメントをいただく女性ブロガーさんです。
今日リンジーズのことを書かれていたのでご紹介します。
もしかするとすでに顔見知りかもしれませんが。

http://ameblo.jp/miyu7/entry-11527647636.html

全くの偶然ですが

ファットマン様
ご案内ありがとうございます。

実は、全くの偶然ですが、その「リンジーズ」さんで今日はお昼を頂きました。いやーー、怖いくらいの偶然です。
記事にする為ではなく、純粋に食事とおしゃべりを楽しみに行くお店になりました。

今日ご紹介して頂いた方は、知りませんでした。さっそくブログを拝見しコメントも差し上げたところです。「リンジーズ」店主さんは、ある意味「マッチメーカー」的な方で、あのお店でお知り合いになる方が多いと聞いています。

その内、今日ご紹介頂いた方とも、お店で偶然遭遇するかも知れませんね。
貴重な情報を、何時もありがとうございます。ファットマンさんがご紹介して頂いた方とは、その後相互にコメントしあう仲になった方が、何人も出来ました。ありがたいことです。何時も感謝感謝です!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード