「愛媛グルメ紀行」を振り返る 59

今週の土曜日も”愛媛グルメ紀行”シリーズを振り返って見ましょう。

今日振り返るのは、シリーズの175番目のお店から177番目のお店です。まだ一昨年の冬の頃です。



最初にご紹介するのは、一昨年11月24日に175番目のお店としてご紹介した、八幡浜の”レストラン 愛花亭”さんです。(「レストラン 愛花亭」・「愛媛グルメ紀行」 175

今まで、”愛媛グルメ紀行”でご紹介した”八幡浜ちゃんぽん”のお店は、”ロンドン”、”丸山ちゃんぽん”、”清家食堂”と、”ちゃんぽん亭イーグル”さんの4軒です。

今日の”レストラン 愛花亭”さんで5軒目、全体の1割をご紹介することになります。

縮玄関2
これがお店の玄関。場所は、新町商店街の一番北側の端にあります。

お店の中は、客はワタシ一人でしたが、このお店は一体どういう種類のお店なのかが見等がつかない、不思議な感じのお店でした。

メニューを見ますと、確かにトップメニューに”ちゃんぽん”がありますが、後はランチも”和食”と”洋食”の両方があり、カレー数種にカツ丼や中華丼がラインナップされています。

縮ちゃんぽんアップ5
これが、注文した”ちゃんぽん”、お値段550円です。

今まで食べた”八幡浜ちゃんぽん”のお店4軒は、スープの色が白濁系でしたが、このお店のスープは醤油色。

スープは、鯛と鰹で採ったようで、ラーメンのスープというよりは、うどんのスープに近い味で、しかもかなりしっかりした味、人によってはちょっと塩カライと感じるかも知れない味でした。

具材は、モヤシ、ニンジン、長ネギ、ジャコ天、エビ、と半熟玉子、それに豚バラ、白菜、タマネギで、どの具材も大きめに切ってあります。

麺は、しっかり”カンスイ”の匂いがする中華麵です。

このお店で”八幡浜ちゃんぽん”シリーズは終える事にしました。

なお、このお店も再訪しません。八幡浜との距離を考えるとちょっと遠いからです。



二番目にご紹介するのは、一昨年11月25日に176番目のお店としてご紹介した、国道56号線沿いの大洲市新谷に古くからある”レストラン プッピーレ”さんです。(「レスロラン プッピーレ」 ・「愛媛グルメ紀行」 176

帝京第五高校が、国道56号線をはさんだ向い側にあります。国道沿いのドライブイン形式のレストランが軒並み閉店している中で、20年を遥かに越えました。

玄関1
この看板に年輪を感じさせられます。

店内は広々としていて、2階まで併せると大規模なレストランです。

全てが個室になっていて、ゆったり落ち着ける雰囲気です。

ドリア上4
ワタシは、”八幡浜直送本日の海の幸ドリア”というのを注文しました。お値段は1,190円です。

出てきたのが、画像のコレ。”ベシャメルソース”がタップリかかっていて、それに焦げ目が付いていて美味しそうでした。

でもこの画像で思った事は「八幡浜で”ムール貝”って採れたっけ????自然の”アサリ”が海岸から全滅してもう久しいし・・・・・”アサリ”の養殖を八幡浜でしてるなんて聞いたことがないし・・・・・」でした。

八幡浜漁協に確認したところ、「ムール貝の養殖はしていません」でした。従って今もなお、あの”ムール貝”君は一体どこから大洲まで来たのだろうという謎は残ったままです。

でも、このお店は再訪しません。大洲も遠いからです。

<注>2013年11月頃、お店の前を車で通ったら、既に閉店されていました。



最後にご紹介するのは、一昨年11月28日にシリーズ177番目のお店としてご紹介した、松山市駅から”愛媛県立中央病院”に至る道沿いの末広町にある”お食事処 いよ家”さんです。(「お食事処 いよ家」・「愛媛グルメ紀行」 177

昔は”いよ家食堂”と言っていた時代もあって、末広町界隈ではきっての”老舗食堂”です。

開店は少なくとも30年以上ですが、細かいことは分かりませんでした。

玄関1
近くには”子規堂”や、松山南高等学校聖カタリナ女子高等学校松山工業高等学校などがあります。

これらの高等学校出身者には懐かしい”食堂”ではないでしょうか。

部活でお腹を空かせた運動部系の部員たちは、随分とお世話になった方も多いと思います。

お店は、何の変哲もない、ごくありふれた”町の食堂”です。

焼そばセット上4
ワタシは、一緒にお店に入った若者2人が同時に”焼そばセット!”と注文したので、それにつらされて同じものを。

値段は700円。それが画像の”焼そばセット”です。

山盛りの焼そばが鉄板の上に乗せられ、それにカラアゲが2個、おにぎりも2個とサラダです。

今だったら、決して注文できないメニューです。ところが、一昨年はこのメニューが”おにぎり”を2個残しただけで食べることができていたのです。

まあこの”ヤ・マ・モ・リ”の”焼そばを見て下さい。

マヨネーズが、これまたしっかりかかってるんです。完全に”若者仕様”です。

鉄板の上に乗っかっていますが、熱くない。ワタシ、イクラ麺類が好きだといっても、これでは・・・・・

このお店も再訪しません。やはりメニュー構成が若者仕様になっていると思うからです。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ちゃんぽんだけは、家庭で作るのは難しい(^^ゞ
やっぱり野菜を炒める時、火力が弱いので野菜の旨味が出ません。
うちは特にIHなので、鍋振りが出来ませんから・・・

お店で食べるちゃんぽんは、本当に美味い(^_-)-☆

ま、お店の味が、自分の好みの味付けの場合ですけどね(笑)

火力が

ベル様
確かに、家庭のガスや電磁調理器では火力が足りませんね。

特に強力な火力が調理の決め手となる、炒飯などの中華料理でお店の味を出すことは難しいですね。パラパラに出来ませんもの、ご飯を。

やっぱり本格的な味を求めようとしますと、専門店に行かざるを得ませんね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード