「鉄板 お好み焼き Cafe こがねむし」・「愛媛グルメ紀行」 509

今日は、古川南3丁目に昨年4月にオープンした”鉄板 お好み焼き Cafe こがねむし”さんをご紹介します。


場所は、椿神社の通称”裏参道”をずっと南進し、重信川を越える手前で現在工事中の”松山外環状線”と交差する手前、石井公民館一の宮団地集会所の南側にあります。

玄関1
こちらがご自宅兼お店です。ご夫婦の2人だけでやっておられます。


ここに来てまだ1年ですが、市内で長い間同じ店名でお店をやっておられましたから、通算の業暦は短くはありません。


店名の由来は、市内でお店を始めたとき「その当時、虫の名前が流行っていたんですよ!」っと店主さん。


お昼はランチメニューを用意してありますし、メインのお好み焼きを初めとする鉄板焼き料理も楽しめます。


また、夜は”鉄板焼き居酒屋”に変身、焼酎では幻の銘酒と言われる”森伊蔵”などの銘柄酒を種々取り揃えておられます。

店内2
このお店は鉄板焼きのお店ですが、客席のテーブルには鉄板がありません、普通の食卓テーブルです。


つまりこのお店、各種鉄板焼きメニューは厨房の大きな鉄板で焼かれ、各客席テーブルには熱々に焼かれた鉄板プレートで供せられると言うシステムを採っておられます。


ご夫婦2人だけで運営していく知恵ではないかと思いました。

日替わりランチメニュー3
この画像は、お店の玄関脇にある郵便入れに掛けてある手書きの”日替わりランチメニュー”です。


この他に、お好み焼きメニューは関西風と広島風が用意されている他、洋食メニューとして”ミートスパゲティー”や”昔懐かしい”と銘打たれた”ナポリタンスパゲティー”なども用意されています。


その他、3種のピザメニューや”ハンバーグステーキ”、各種”グラタンメニュー”もラインナップされているお店です。


更に夜のメニューは、”刺身盛り合わせ”や”カルパッチョ”から鍋焼きうどんまで、まあナンデモアリと言ったメニューを用意されています。

ランチ4
そこでワタシは”日替わりランチメニュー”を選びました。お値段は700円です。


当日のランチメニューの内容は、”豚ロースチーズカツレツ”でした。それをメインディッシュに、後はご飯と味噌汁とサラダと漬物が付きます。


味噌汁の味噌は、供する直前に味噌漉しにお味噌を入れて、出汁の中で味噌汁を完成させます。作り置きを温めるのではありません。

豚ロースチーズカツ5
(この画像は、iphone5で写した画像です、二度目です。コンデジとは色合いが違って見えます)
店主さんが”豚ロースチーズカツレツ”を作る過程を見ていますと、豚ロース肉をまな板の上で広げ軽く塩コショウし、その上に一枚一枚丁寧に”大葉”を敷いていきます。

敷き終えたら、その上に蕩けるチーズを、これまた丁寧に全体に均等に行き渡るように乗せていきます、そしてその上に豚ロースを乗せ、生卵、パン粉の順で全体をまぶしていきます。

次に熱したフライパンに乗せて、焦げ過ぎないように丁寧に焼いていきます。フライ返しで裏表を代えたら焼き上がりです。そしてまな板でそれをザックリと切り分けます。

それを大きめのお皿に乗せて、別に作ったトマトソースを乗せ、その上に黒胡椒を荒引きして振ります。そして、その場でカットしたレモンを添え、フライパンに残った美味しく味が付いた油を少しカツレツに注いで出来上がり。

その間に奥さんが味噌汁を作り、サラダを乗せドレッシングを掛けて、2人の役割分担を無言の動作で無駄なく進めていきます。まあ見事なチームワークです。

アップ6
そして、この”豚ロースチーズカツレツ”が美味しいんです。一切手抜きなどしていない、心のこもったお料理だと言うことが明確に伝わるお味です。


豚ロースと大葉の組み合わせ、それと豚ロースは味が淡泊ですからチーズでコクを付けられています。そしてカツレツのサクサク感が活きています。見事なバランスと言う他ありません。


味噌汁も、春キャベツのざく切りがタップリは入っています。キャベツのシャキシャキ感をしっかり残されて。つまり煮すぎていないということです。しかも味噌は直前に溶かされましたので、味噌の風味がそのまま楽しめます。

漬物7
目立ちませんが、漬物だって3種用意されていました。年季の入ったプロの仕事には目を見張るものがあります。


「ご夫婦で、朝から晩までずっと顔を合わせっぱなしって、どうなんですか?」と声を掛けたところ。


ご夫婦で顔を見合わせられて、一瞬噴出され「そりゃあ仕事ですから仕方ないですよ」と店主さん。


「お客さんが少なかったりした時は、最悪やけどね」とは笑顔の奥様。


この暖かい空気感が何とも言えず心地いいお店です。「お店は人なり!」という私の”飲食店感”を地でいくお店でした。

サラダ8
こちらが奥様担当のサラダです。ポテトサラダ付きで、実に多くの生野菜が、それぞれの野菜の持ち味を活かすよう、大きさ太さ細さをキチンと切り分けられて盛り込まれています。


小さなところまで気持ちを込めて作られていることがよくわかります。


これはぜひ、メインの鉄板料理をいただきに再訪せざるを得ないと心に決めました。


こういう新しい出会いと発見があるからこそ、この”愛媛グルメ紀行”シリーズは止められないのです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ここは綺麗な新道に出来たお店ですね(^_^)
参道を出たすぐ横にも、お好み焼き&鉄板焼きのお店が有って、
更にうどん屋の横にも・・・この道は、お好み焼きロードですね(^_^;)

友近(母)のプロデュースの、うまやさん?は閉店してしまいました。
このうまやさんの近くにも、ご夫婦でお好み焼き&鉄板焼きのお店
樂(がく )が有ります(笑)

ある意味、古川:和泉はお好み焼きの激戦区?潰れたお店もあります。
ガソリンスタンド激戦区でもありますけどね(笑)

確かに

ベル様
確かにそうですね、はなみずき通りと、その一本西側の通称「裏参道」は鉄板焼きのお店の激戦区になっていますね。
ですから、新旧の交代劇が今後更に進むかもしれないですね。

書いていただいた「樂」というお店があることは知っていますし、そのお店には中華そばもあることは、別の方のブログで見ました。今度場所を調べて行ってみようと思っているところです。

ただ、もう普通のお好み焼きは量的に入りませんので、鉄板焼きの軽いメニューでいくしかありません。いずれにしても、城南地区の中では古川地区の飲食店濃度は超濃厚ですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード