FC2ブログ

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 61

今週の土曜日も”愛媛グルメ紀行”シリーズを振り返ってみましょう。

今日振り返るのは、一昨年の12月初めのころアップした181号から183号までのお店です。


先ず最初は、一昨年12月2日にご紹介した181番目のお店で、千舟町2丁目、ホテルNO.1松山の南向い側の黒光コープ千舟第二ビルの1階にある”中華料理 台北”さんです。(「中華料理 台北」・「愛媛グルメ紀行」 181

店内では、厨房に親父さんとその息子が入り、フロアー係りに女性が一人、合計3人で切り盛りされています。

玄関1
お店は、千舟町通りに直接面してはおらず、別の居酒屋さんの奥なので、ちょっと分かりづらいかも。

でも、ワタシがお店に入ったのは丁度12時のお昼時。既に店内は満員で、相席は当たり前、店内で立って待たされました。

店内はギューギュー詰めな状態です。客層も様々。お客さんは、このお店が美味しくて安いことをよく知っておられる方ばかり。

ランチ3
ワタシはBコースの”本日のサービスランチ”を注文しました。

お客さんの9割以上が食べているのは、お店の入口に手書きで書かれている”本日のサービスランチ”の2種類のようでした。

Bは、メインが”揚げそば”、それに”えび天”と”から揚げ”がチョイスでき”ライス”が付いています。どちらも、お値段は650円。

エビ天”の衣が、実にフワフワ・モチモチなのです。これまでに味わった経験がない、独特の食感です。海老はもちろんプリプリで、お塩で頂きます。

唸るほどではないと思いましたが、とにかく安くて程よく美味しい。流行るわけです。

でもこのお店は再訪しません。狭い店内はタバコの煙が充満していたからです。


二番目にご紹介するお店は、一昨年12月5日にシリーズ182番目のお店としてアップした、衣山1丁目の”パルティーフジ 衣山”の中にある、長い長い店名のうどんやさん”伊予の手造りうどん 名代 つるちゃん衣山店”さんです。(「伊予の手造りうどん 名代 つるちゃん」 ・「愛媛グルメ紀行」 182

このお店は、松山の飲食業界では成功組でもトップクラスではないかと思う”タケシカンパニー”さんが手がけたお店です。

これで、このグループは”イタリアン系”、”洋食系”、”和食系”、”焼肉屋”、そして”うどん屋”と、飲食業界を総なめの勢いです。

玄関1
さて、どの系統も成功を収めているグループが手がけた”うどん屋”さんの出来はどうか?確かめてきました。

このグループが、”うどん”と”出汁”と”かやく(具材)”の三本の柱で構成されているシンプル系の”うどん店”をどう作り上げたかが興味の焦点です。

釜揚げうどん6
注文したのは”釜揚げうどん”です。

うどんそのものの出来具合を確かめるには、シンプルなメニューに限るとの判断です。

お値段は、650円、しかも外税ですから支払い時には683円。なるほど、伊予のうどん屋さんの値段体系まで研究されていて、それをきっちり踏襲されています。

程よい”モッチリ感”があって、小麦粉の味もしっかり引き出されています。

「さすがダナー!そつがない、破綻もない、丁寧に作ってある、伊予人の好みを探求した跡はよく出ている」というのが、食べた感想。

お出汁も、瀬戸のイリコを使って丁寧に取ってある。うどんとの相性もいいし、薬味とのバランスもいい。

でも超個人的な感覚から言えば、ワタシのお気に入りの萱町のうどん屋さん”どん”さんの”釜揚げうどん”には足元にも及ばないと思いました。

比較以前の、次元の違いです。(なおくどいようですが、これは”味の好みは千差万別”という世界に於ける、ワタシの超個人的感想に過ぎないことをお断りしておきます。このお店の”釜揚げうどん”がこよなく美味しいという方がいて当然でしょう)

ワタシ的には当然に再訪はしません。再訪する魅力を”カケラ”程も感じなかったからです。この程度の味で”名代などと名乗って頂きたくありません。


最後にご紹介するのは、一昨年12月6日にシリーズ183番目のお店としてアップした、朝生田町5丁目、”カフェアンドダイニングバー haco”さんの南隣にある”海鮮闇市場 魚呂魚呂(ぎょろぎょろ)”さんです。(「海鮮闇市場 魚呂魚呂」・「愛媛グルメ紀行」 183

ワタシは本来、””は苦手で、特に生魚である”刺身”(ただし、カツオやマグロなどの赤身の魚を除く)以外ははほとんど食べません。

生魚を食べることが出来る唯一例外は、酢飯の上に刺身を乗せた”寿司”だけです。

玄関1
お店の場所は、南環状線の一本南側の東西に伸びる道路、”ジョープラ”のやや西側にあります。(ただし現在お店は違うお店になっています)

海鮮丼4
注文したのは、10種類の”刺身”が乗っているという”闇市海鮮丼”です。お値段1000円です。

出てきたのは、その”海鮮丼”に”お吸い物”、それに”香の物”と、丼に掛ける生卵入りのタレです。

生魚が苦手なワタシも、酢飯の上に乗った刺身を、卵掛けご飯にして、”ビビンバッップ”風にかき混ぜて食べれば、美味しく頂けます。

刺身の内容は、”イカ”・”ホタテ”・”甘えび”・”マグロ赤身”・”鯛”・”ハマチ”・”ウニ”・”イクラ”・”サーモン”と、ここまでの九種は分かりましたが、後一種の”白身魚”の名前は分かりませんでした。

「やっぱり、”ニク”だよ!ナーー」と、心の中で叫びながらお店を出ました。

それでこのお店は再訪できません。既にお店は他のお店に代わっていますので。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

つるちゃんは二番町のお店が開店する際に、湊町の老舗うどん店の「みなとや」(閉店してしまいましたが)さんのご主人にしばらくオープニングスタッフとして入ってもらったりして、ノウハウを学んだりしていたのです。
そういう点での企業努力はしておられるのですが…。

PS.ジンゴズンゴさんがモカチャーゼで暴れておられる記事を発見しましたよ(笑)。
http://ameblo.jp/cunpey/entry-11537303858.html

確かに

ファットマン様
私も、あの企業の凄まじい努力は認めています。そのアイデアたるや、流石!っという感じです。

ただ、私が書いています「愛媛グルメ紀行」は、食べ物ブログだとは自分で思っておりません。「人ブログ」を目指しています。ですから、そのお店の奥に「人」が見えにくい「企業飲食店」は、私自身が苦手なだけです。
この「企業飲食店グループ」で、味を美味しくないと思った事は一度もありません。美味しいのです。ただ「人」が見えないお店は、単に私が苦手としているだけです。

さて、私のブログ友、ジンズゴンズさんの貴重な消息情報に感謝致します。ブログという表現形式からツイッターと言う表現形式に主要な舞台を移されたジンズゴンズさん。中々その消息が捉えにくくて、難渋していました。

あのツイッターという表現形式は、私からすればトランプゲームの「神経衰弱」というゲームに思えてなりません。ジンゴズンゴさんのツイッター記事を拝見するのですが、どこからどこまでを見て、見ていないのはどこか?が、何時も分らなくなるのです。ですから、戸惑うばかりでした。

でも、ちゃんと活躍されていたんですね!嬉しいですよ!そのことが分っただけで。変に思われるかも知れませんが、ジンゴズンゴさんの消息が分っただけで、実は大感激です!ジンゴズンゴさんは、私の「心の友」なんです。

ファットマンさんには、歴史の分野以外でも、実に様々な情報を頂き続けています。しかも朱雀の情報を!幾ら感謝しても全く足りません。ありがとうございます。心から!

|ω・`)チラ

じゅんさん、こんばんわ~♪
消息不明のジンゴズンゴでーす!www
ご心配かけてごめんなさい。
そしてツイッター、分かりにくくて申し訳ないです(^_^;)

勲平さんの記事に登場したことで
こんなにも感激していただけるなんて、
有り難いと同時に、なんとも申し訳無い気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます!そして、ごめんなさい!!

ブログアップは相変わらず遅延しまくってますが、
こんな私で良かったらまたご飯でもご一緒しましょう♪

「心の友」、なんと嬉しいお言葉でしょうか!
私がじゅんさんを「友」とお呼びするのは到底厚かましいので
「心の師匠」と呼ばせていただきましょうwww

ファットマンさんにもこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました~♪ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お♪

じゅんさん、おはようございます(^ ^)
いつも心優しいコメントを拙いブログに記入下さり、ありがとうございます(^ ^)

すごく気になっていたお店の一つである「台北」の事を知ることができ。
にんまりとしつつ写真を拝見しておりました。

根っからの松山人ではありますが、行った事のないお店はまだまだ多く。
いろいろと教えて下さいね♪

ええ、ファットマンさんのお陰です

ジンゴズンゴ様
ジンゴズンゴさんから、コメントをいただいたのは「愛媛グルメ紀行」500号記念の時以来ですね!
でも、コメントなんて、それはいいんです。その動静さえ分っていたら安心できるんです。
だから、今回のことはファットマンさんのお陰です。深く深く感謝する所以です。

どこでどういう形でもいいのです、ご活躍の様子さえ感じ取れたら。ただ、あの「ツイッター」で動静を追っかけるのは、オジサンには中々難渋させられます。エンドレステープに絡まった蝶の様になるのです。

とりもなおさず、よかったよかった!「心の友」よ。

わたしも

みゆ様
おはようございます。
根っからの「食いしん坊」で、ただ何となく手近なお店にフラッと立ち寄ってお昼をいただく、そいうことはしない人で、必ず今日はあのお店でこういうことを観察しようと決めてお店に入ります。

そういう「食いしん坊」でも、まだまだ知らないお店が山の様にあります。
お互いに、そういう意味でいい刺激になって視野が広がる!そうなりたいものですね。
高松のうどん偵察記事、毎日拝見していますよ。メモをしながら。ありがたいです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード