FC2ブログ

「愛媛グルメ紀行を振り返る 」 65

今週の金曜日も”愛媛グルメ紀行”シリーズを振り返ってみましょう。

今日振り返るのは、一昨年の12月下旬のころアップした193号から195号までのお店です。



先ず最初に振り返るお店はは、一昨年12月20日にシリーズ193番目のお店としてご紹介した、一昨年の4月にオープンした新しいイタリアンレスランの”ツイてる パスタココ”さんです。(「ツイてる パスタココ」・「愛媛グルメ紀行」 193

旧の国道11号線、今の県道松山川内線沿い、今年の4月にオープンしました。

平井を過ぎ、小野川橋を渡って道路の南側の”花ビルディング”という建物の1階にります。

表から見ますと、小ぶりなお店に見えますが、中に入ると奥が広がっていて結構大きなお店です。

玄関1
こちらがお店の玄関で、隣はお花屋さんです。お洒落な店造りで、女性客に受けそうな空間を作っています。

事実、ワタシが行った日のお昼時は、男性客はワタシ一人、他は女性のグループ客で客席はほぼ満席に埋まっていました。

このお店の一番の”ウリ”は、1100円の”パスタランチ”でしょう。

その内容は、スープ+お好みのパスタ+おまかせオードブル+飲み物+デザートケーキです。ワタシは、飲み物ケーキなしの、850円のセットにしました。

スパ6
こちらが、選んだ”スモークサーモンと大根おろしの和風パスタ”です。

大ぶりに切られた”鮭の焼身”をあしらい、スパの上には”大根おろし”が乗せられています。

見た目は立派に”和風”です。でも・・・・・


パスタがガーリックテイストのオリーブオイルで炒められているので、味は”和風”とは言いがたい。

でも地域の客さんが自然な”笑顔”になるれ素敵な空間を提供していただいているのは確かな事実なのですから、それはそれで嬉しいお店の誕生ではありませんか。

でもこのお店は再訪できません。1年前後で閉店されてしまったからです。難しいものですね。



二番目に振り返るお店は、一昨年12月21日にシリーズ194番目のお店としてご紹介した、北井門2丁目の、松山インター入り口にある”タンタン麺 紅麺”(松山インター店)さんです。(「タンタン麺 紅麺」・「愛媛グルメ紀行」 194

このお店は、松山の中華のローカルチェーンでは最大の”助六食品工業株式会社”さんが運営するお店です。

玄関2
お店の前の駐車場スペースと、お店の奥にも広い駐車場が用意されていて、店内も広い大型店です。

もうここにお店を出されて、軽く17年は超えていると思いますが(正確な出店の年は聞き忘れました)、昼のランチタイムには多くの方が、お店の入り口付近で立って席が空くのを待っているほどの繁盛ぶりです。

このお店のウリは、店名のとおり、豚ミンチとザーサイと摺りゴマ、そしてラー油のたっぷり効いた刺激的な”タンタン麺”でしょう。

ラーメン上5
この画像が”ラーメンサービスランチ・餃子つき”です。これで590円はうれしいじゃありませんか。

シンプルですが、オーソドックスな組み合わせで、量もワタシにはちょうどいい。

具材は極めてシンプル、メンマ(シナチク)とチャーシューと刻みねぎだけです。

それで、スープは醤油ラーメンでトリガラベースの味ですが、いわゆる”東京ラーメン”風の澄み切った透明スープではなく、半透明のスープでした。

ラーメン専門店のスープと言うより、中華料理店のスープの香りがしました。深い味わいのスープです。

でもこのお店は再訪しません。特別な理由はないのですが、メニューが若者仕様のように感じたからかも知れません。



最後に振り返るのは、一昨年12月22日にシリーズ195番目のお店としてご紹介した、辻町の”グレース辻町ビル”の1階にあるラーメン店の”かめ福”さんです。(「かめ福」・ 「愛媛グルメ紀行」 195

”フジグラン松山”の西側にある”デオデオ松山店”の交差点を西に向かい、JRの線路を越えてしばらく行った道路沿いの南側にあります。

玄関1
こちらがお店の”玄関”風景です。

ビルは駐車場の奥に建っていますから、知っている方がお客さんの大部分を占めるタイプのお店でしょう。

お店の構えはちょっと”中華料理店”風ですが、メニューを見ますと、”ラーメン”をメインに”餃子”などが並ぶ、普通の”ラーメン店”です。

ラーメン5
ワタシは、このお店が”第4回愛媛ラーメン博”に出品したという”香りとコクラーメン”を注文しました。お値段は710円(内税です)。

先ず、”香り”は何か?と、スープをすすってみると、香りの主な正体は”焦がしニンニクスライス”でした。

確かに、香ばしい香りの”焦がしニンニク”片が、スープの中で漂っていました。

その他に、画像の真中付近にある”赤い髭状”のものが何か?が分かりませんでした。(後で分ったのですが、これは”糸唐辛子”でした)

それと、もう一つのウリの”コク”ですが、これも・・・・・

コク”の意味は”濃く”からきていますので、スープの味が実にしっかりしています。

ですが、個人的には少し濃すぎるように感じました。でも若い方など、この位の濃くを好むのだろうなと思いました。

そしてこのお店は既に再訪しました。昨年8月1日に”再訪シリーズ”11番目、通算344番目のお店として出汁氷が入った”冷しラーメン”をご紹介しました。

このお店は、今後も何度も訪問すると思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

 


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード