FC2ブログ

「再訪 110 中国料理 龍(ロン)」・「愛媛グルメ紀行」 528

今日は”再訪シリーズ”の110番目のお店として、中国料理の名店”龍(ロン)”さんをご紹介しましょう、3度目のご紹介です。


一番最初に採り上げたには、一昨年5月26日にシリーズの52番目のお店として、二度目は昨年8月14日に、”再訪シリーズ”15番目のお店、通算353番目のお店としてご紹介しました。(「中国料理 龍(ロン)」 真っ当な「B級グルメ店」 51)・(「再訪15 龍(ロン)」・「愛媛グルメ紀行」 353


場所はこれまでのおさらいで、「県道松山伊予線」の小野川に架かる”吉木橋”を南に進みますと、椿参道に”赤い大鳥居”が見えてきますが、その信号の南西角にあります。


このお店は、ブロブ友”ファットマン”さんや、ブログ友の”乱 駆郎”さんもご推薦のお店です。

玄関1
こちらがお店の玄関です。このお店、記事として採り上げるのは3回目ですが既に何度もお訪ねしています。


個人的感想ですが、城南地区では有数の”名店”だと思っています。開業して10年のお店です。

店内2
店内画像ではお客さんを写していませんが、正午を過ぎればどっとお客さんの数が増えます。


交差点の角で目に入りやすいということもあるのでしょうが、ほとんどのお客さんがこのお店の料理の確かな味を求めていらっしゃっているのだと思います。

鶏糸湯麺5
一番最初、このお店をご紹介した時に選んだのが上の画像の”鶏絲湯麺”です。多分、”チースータンメン”と読むのではないかと思います。お値段は735円でした。

これ以降様々なメニューを楽しみましたが、画像の”鶏絲湯麺”が、このお店ではトップメニューだと思います。事実、お店ご自身も”おすすめメニュー!”と赤い文字で書いておられます。

このメニューの最大のポイントは、スープの”上湯”(しゃんたん)だと思います。それは、鶏、豚や牛の肉、それに中国ハムなどを贅沢に煮込んだスープで、”透明で上品”な味が特徴です。

坦々麺5
2回目にご紹介した時に選んだメニューが、この”坦々麺”のランチです。

メインの”坦々麺”にご飯と小鉢と”杏仁豆腐”が付いてお値段は750円(内税)です。”坦々麺”を単品で頼むと735円(内税)です。随分お徳になっていますから、ほとんどの方が”ランチ”を頼んでおられました。

このお店の得意料理は”四川料理”でもありますから、さすが!というお味でした。

麺メニュー4
こちらが、”麺・飯類”メニューです。でも、今まで麺メニューしか頼んだことはありません。

また現時点では”ランチメニュー”がお徳だとは分かっていても、胃袋的に無理なので単品メニューを選びました。

今回選んだのは”什景湯麺”(スーチータンメン)の単品、お値段735円(内税です)

五目汁そば5
こちらが頼んだ”什景湯麺”(スーチータンメン)、お店では”五目入り汁そば”と呼んでいます。


一般的には”五目そば”と呼ばれているメニューです。


麺はストレート細麺、スープは片栗粉でトロミが付いています。中国香料独特の香りが真っ先に鼻腔を刺激してくれます。

五目汁そば6
具材は実に豊かです。白菜、緑色の中国野菜(名前は分かりませんでした)、ヤングコーン、マッシュルーム、タケノコ、長芋、ニンジン、キクラゲ、豚肉、イカ、海老と、確認できただけでも10種ありました。


”五目”ならぬ”十目”でしょうか。スープにトロミが付いていますので、麺にスープや具材が絡んで、同時に口に入ってきます。

スープ8
スープには何やら刻まれた香り高き食材が使われており、それが何かは分かりませんでしたが味の決め手になっています。

更に、全体は”五香粉”(ウーシャンフン)の香りでしょうか?ちょっと正確には表現し切れない香りに包まれた”什景湯麺”、見事だとしか言いようがありません。

アップ7
このお店の場合、何時来て何を選んでも”外れ”がありません。調理人さんの熟達した料理技術とセンスに、何時も唸らされます。(私は素人ですから、具体的なことは分かりませんが)

店内も、何時も整理が行き届いていて清潔です。

ここのお料理の水準はちょっと飛びぬけていると思いますが、お客さんはそれを気軽に談笑しながら愉しんでおられます。

これからも、何度も足を運ぶお店です。今度こそ、飯料理に挑戦したいと思いながらお店を後にしました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

今度、母を見舞うために義弟が来たら、龍へ行きましょう(^^)v
何時も近場の長城ばかりでしたから(笑)

香川から母の見舞いに来て、2時間の滞在で帰って行きます。
見舞ってお昼ごはんを食べるだけ、それでも親に会いたいのでしょう(^O^)
男はみんな、多かれ少なかれマザコンですからね(^_-)-☆

No title

個人的には、ボリュームで五目そば、スープの味で鶏そば、総合力で坦々麺という感じかなと思ってるのですが。いずれも735円で甲乙付けがたいですよね。
たしかに私もいつもラーメンにしてしまい、なかなか飯物に到達できないですね。チャーハンはふわふわと玉子をまとってとても美味しいのです。パラパラのもう一段階上のレベルって感じがします!

ふふふ

ベル様
マザコンですかー・・・・。うーーん、私もそうだったのかなー。

最後まで気丈な母でしたから、子供の頃から母に甘えた記憶はありません。でも偉大な人だったと尊敬していましたから、その意味ではマザコンの一種だったのかも。

龍さんはお薦めですよ。なにしろ「外れ」がありません。安定した美味しさです。駐車場も多数用意してあって、出入りもし易いですからね。

ファットマンさんも

ファットマン様
そうですか!ファットマンさんも何時も麺類でしたか。^^

「ボリュームで五目そば、スープの味で鶏そば、総合力で坦々麺という感じ」とは、いかにもファットマンさんらしい、本質をズバリ突いた名言ですね。成るほど、言われてみれば正にそのとおりですね!

それと、チャーハンへの評価「パラパラのもう一段階上のレベル」。この言葉で、次に行った時頼むメニュー決定です。その決定を忠実に実行して、後日またアップさせていただきます。
ヒントをありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード