スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 127 讃岐手打ちうどん 鶴鶴」・「愛媛グルメ紀行」 553

今日は”再訪シリーズ”128番目のお店、清水町3丁目、県道六軒屋石手線(通称護国神社通り)沿いにある”讃岐手打ちうどん 鶴鶴 清水町店”さんを再度ご紹介しましょう。


このお店は、一昨年9月13日に”愛媛グルメ紀行”シリーズ129番目のお店としてご紹介しました。(「讃岐手打ちうどん 鶴鶴 清水町店」・「愛媛グルメ紀行」 129


お店の道路をはさんだ、南側は”勝山中学校”です。

玄関1
こちらがお店の玄関です。ちょうどお昼時でしたので、お店の前の駐車場はワタシが車を入れたら満車になりました。


このお店のお昼時は、お客さんが多いのでお店の玄関前だけでなくて、直ぐ近くにも駐車場を確保されています。


本店は山越にあって、今年で開業32周年を迎える老舗のおうどん屋さんです。


今日ご紹介する”清水町店”は、本店の息子さんがやっておられて、この地で9年目となります。

店内2
お店は、こじんまりした規模ですが、活気があって小気味いい雰囲気のお店です。


道路に面して、麺を打つ台が置いてあって、ちょっと時間が空けば、若い大将は麺打ちに余念がありません。

メニュー3
こちらがレギュラーメニューです。


愛媛のうどん屋さんでは、常連のメニューが並んでいます。

五目皿うどん4
前回お伺いした時は、上の画像の夏季限定メニュー”五目皿うどん”を注文しました。


この時は、以下の様に食後感を書いています。


「”麺”の色と艶(つや)をマア見て下さい。艶(なまめ)かしい肌をしているではありませんか。噛み締め、味わい尽くして完食しました。食べ終わった後の清涼感は格別でした。」っと。


つまり満足したということです。ですから再訪もしました。

おでん4
前回いただかなかった”おでん”もいただきました。お値段は1本110円です。


特に唸って言うほどではありませんが、普通に美味しくいただきました。

天ざるうどん5
そして、今回注文したのが画像の”天ざるうどん”(並)、お値段700円です。


愛媛のうどんは何故か”讃岐”を冠したがりますが、お値段だけは決して讃岐のそれではありません。全くの別人です。


ここが何時も思う、”愛媛のうどん屋”さん事情です。もちろん、名前は”讃岐”を名乗りませんがお値段はしっかり”讃岐”価格と言うお店もあります。

ざるうどん6
さて、このお店の”ざるうどん”です。


残念ながら、ワタシの好みの””とは対極にある”麺”でした。


この””は、ワタシが言うところの”官能的”な麺とは縁遠いところにあります。


しかしこのお店の繁盛振りからしますと、このお店ではワタシの好みの方が圧倒的”マイノリティー”(少数派)なのでしょう。

天婦羅7
”並”とされた”天婦羅”のネタは、カボチャ、ピーマン、ナス、エビでした。


こちらは可もなく不可もなく、普通にいただきました。

麺8
問題はこの””です。前回いただいた時に書きましたように、色と艶(つや)はいいのです。


ですから、前回いただいた”五目皿うどん”は美味しくいただきました。


でも、その時は、”錦糸卵”と”キュウリ”、”ワカメ”に”煮含めたシイタケ”、それに”カニカマボコ”の五目に、酢味が効いた出汁とのバランスが良かったので美味しくいただけました。


ところが、今回は”ざるうどん”。””そのものの味わいが勝負です。


大変、大変残念ですが、ワタシにはただただ”硬い麺”としか・・・・・・麺好きのワタシが、麺を残してしまいました。


食べ物とは、本当に奥が深いと思わざるを得ません。同じ麺をいただいて、具材と酢味の効いた出汁の時は美味しくいただけて、ただ”麺”勝負のざるうどんでは残念ながら、少しの麺を最後まで食べ切れない。


でも、このお店は繁盛を続けています。多くの方の支持がなければ10年近くは続きません。このお店の”麺”がこの上もなく好きだと言う方が圧倒的に多いことは事実です。


飲食店のいいところは、このように個人的好みには大きな差があって、それだからこそ様々な味のタイプのお店が共存できるというところでしょう。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

うどんを語るのは難しいですね~
もしかしたら麺全体が難しいのかも・・・

お店の特長+食べる人の好みがプラスされますから、同じ麺でも
好きな人とそうでない人がいて、それは当然なんでしょうね(^^ゞ
私なんか貧乏舌なので、出汁が美味しけれ麺は何でもOKって感じ(笑)

今日から暑さが戻って来るって、冷たい麺が最高でしょうねぇ~
朝からもうエアコンモードですよ、鳥見は今日は行けないな(笑)

難しいです

ベル様
朝から蒸し暑いですね。
たがが うどん ですが、個人によって好みが
まるで違いますからね〜
味の好みは個人史にも関わる事だけに、断定的な書き方は出来ませんね

愛媛にも優れたうどんがあることを訪ねる旅を続けたいと考えています。

No title

かつて、ココは瓢華があったところですね。
車を駐車するのに、お店の方に誘導して頂いたのを思い出します。

さて、うどんはお店によってなんであんなに違うものなのでしょうね?
材料がそんなに違う訳ではないと思うのですが、麦の特性や配分、打ち方も含めて、数値化できないようなものがあるのでしょうね。
最近松山のうどんを食べていません。じゅんさんのブログを見ながら、どこを攻めようか逡巡する日々が続いております。

嬉しいですねー。

じゅん様

こんばんわ(*^∇゜)v☆

127番目にもなる『讃岐手打ちうどん 鶴鶴 清水町店さん』ですが~
高松にあってもいいような、本格的手打ちうどん店さんなので、驚きました。
四国でも、手打ちうどんは讃岐しか出来ないと固定概念で思っていました。
私たち讃岐っ子は、麺そのもののお味が楽しめる『ざるうどん』『かけうどん』のようなシンプルの麺を好みます。
ですから、鶴鶴さんの麺を拝見させていただいて、讃岐うどんとして十分満足できるうどん屋さんと言えるのではないでしょうか?
ごめんなさい、生意気なことを申しまして。

瓢華さん

大洲のひで様
ここに、かつて「瓢華」さんがあっただなんて、古いことを良くご存知ですねー!その通りです。
元々「瓢華」さんは、このお店から北に入って御幸寺山裾を流れる川沿いのところでお店を始められまして、次ぎにこの場所に移転されました。
そして湊町に移転された後「鶴鶴」さんが入られました。

愛媛のうどんは、大きく分けて三種類に分かれるかも知れませんね。最悪のお店は、麺は腰と誤解し、腰=固いと錯覚されたお店。讃岐うどんの上辺だけを真似られたお店です。このお店などがその典型でしょう。
そして、従来から「松山うどん」と呼ばれてきた、かつて道後にあって今はもうない「としだ」を打表する柔らかい麺を出すうどん屋さん。
後は「その他」です。この「その他」の中に、驚くほど「艶」のある麺を出すうどん屋さんがあります。私が言うところの「官能的」な麺です。

今はその「官能的」麺を求めてさ迷っている最中です。こればかりは、実際にお店に入って食べてみなければ分かりません。かくして、最近の私は「うどん腹」になってきたという訳です。

急に蒸し暑い日々が

ぴんくモッチー様
おはようございます。コメントありがとうございます。

愛媛のうどん事情は、前の方のコメントに書きました。重複を恐れずもう一度ご説明させていただきます。

愛媛のうどんは、大きく分けて三類型に分かれると考えています。

第一類型は、イワユル「讃岐うどん模倣型」のうどん屋さんです。この手のお店は大方が単なる「模倣」に終わっています。その典型例・最悪のお店は、麺は腰と誤解し、腰=固いと錯覚されたお店。讃岐うどんの上辺だけを真似られたお店です。このお店などがその典型でしょう。

そして、従来から「松山うどん」と呼ばれてきた、かつて道後にあって今はもうない「としだ」を打表する柔らかい麺を出すうどん屋さん。これを「愛媛の腰抜けうどん」もしくは「愛媛の腰なしうどん」と揶揄される方もいますが、これはこれで立派な伝統的愛媛うどん文化だと考えています。

後は「その他」です。この「その他」の中に、驚くほど「艶」のある麺を出すうどん屋さんがあります。私が言うところの「官能的」な麺です。艶と照りがあって、喉をくすぐるように官能的に通過する麺です。

このところ、私はこの「愛媛艶うどん」を追い求める旅を続けているところです。その中には「正にこれこそ!」というのや「期待に反したもの」など様々です。

お褒めを頂きながら恐縮ですが、この店の麺は、上に揚げました類型で申しますと、典型的な第一類型のお店だと思います。見た目だけは讃岐うどん。でもその実は「単に硬くて弾力がない」麺だと。

たかが「うどん」かも知れませんが、極めようとしますとどんどん奥が深くなって参ります。

蒸し暑さにやられませぬよう、ご自愛下さい。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。