スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南予史探訪」・「内子・大洲・宇和・吉田」を書くに当って

今日は、明日5月12日(日曜日)から5月18日(土曜日)にかけての7日間、「南予史探訪」・「内子・大洲・宇和・吉田」と題した、”南予中世期外史”シリーズについて、その予告を兼ねましてご紹介します。

なお”外史”(がいし)というのは、歴史家ではなく個人が書いた歴史のことです。つまり、私は歴史学者でもありませんし、郷土史を古文書などで読み解いて研究している”郷土史家”でもありません。

単に歴史が好きなというだけという”素人”のワタシ、が趣味で書いた”南予中世期”の歴史です。

今までに、”愛媛の歴史”に関しては何度か”ミニシリーズ”で書いてきました。


例えば2012年4月28日からの3日間、「吉田町の風景と歴史」と言う題名で吉田町史(”吉田藩史”に残る)”武左衛門一揆”のことを中心に書きました。(「吉田町の風景と歴史」 1

今回も17日と18日の最後の2日間、再度踏み込んで書きます。”愛媛の歴史”というテーマの、ワタシとしての”集大成”の気持ちで書きたいと考えています。

法華津湾1
(上の画像は、吉田町の法華津湾)

また2012年5月3日から4日間のシリーズで「しまなみ海道と村上水軍の歴史」という題名で、伊予国中世期”瀬戸内海”で”覇権を唱えた”村上水軍”のことを中心に書きました。(しまなみ海道と村上水軍の歴史

来島海峡と船1
(上の画像は、来島海峡の朝)

更に2012年9月15日からの3日間、「伊予の豪族河野氏の歴史と善応寺」という題名で、伊予国において中世期”守護大名”として名を馳せた”河野氏”の歴史を書きました。(伊予の豪族河野氏の歴史と善応寺

石碑2
(上の画像は、北条河野にある善応寺の”河野氏発祥の地”を示す石碑)

それ以外にも2012年11月23日から5回に分けて「村上水軍と河野氏・「家紋」を巡って」と言う題名で、”家紋”というキーワードで伊予国中世期に活躍した”村上水軍”と、伊予国守護大名であった”河野氏”との関係と歴史を書きました。(村上水軍と河野氏・「家紋」を巡って

なおその際にお隣の”土佐国”で、日本国の戦国時代を代表する戦国大名に上りつめた”長宗我部元親”(ちょうそがべ もとちか)と伊予国の関係につきましても触れました。

大山祗神社折敷に縮三文字5
(上の画像は、大山祗神社の”神紋”であり、河野氏の”家紋”である”折敷に縮三文字”(おしきにちじみさんもじ)です。なお恐縮ながら我が家の家紋も”折敷に縮三文字”であることが、このシリーズを書いて分かりました)

そして、今回”南予の中世期”の歴史を明日から書いていきますが、その前触れ的な記事を2012年12月22日に『「伊予国中世期・余話」 宇和海の日暮れを背景に』と題して1回だけ書きました。(「伊予国中世期・余話」 宇和海の日暮れを背景に

雲間光5
(上の画像は、三瓶湾での雲間から漏れる太陽の光)

さて、それで明日からの7日間は連続して「南予史探訪」・「内子・大洲・宇和・吉田」と題したシリーズを書いてまいります。その間、他のシリーズはお休みします。

主なテーマは、伊予国中世期に”大洲藩”で起こった”内ノ子一揆”と、その43年後に”吉田藩”で起こった”武左衛門一揆”をそれぞれに採り上げ、またその関連性をご紹介したいと思います。

また今は”大洲城”と言っていて、その前は”比志城”更に”地蔵ヶ嶽城”と呼ばれていた”大洲地蔵ヶ嶽城”を巡る戦国時代の凄まじい攻防の歴史をご紹介します。

更には、江戸時代”大洲藩”の城主として大洲地域を治めた”加藤家”の歴史や、中世期宇和郡を治めていた”西園寺氏”の歴史にも触れたいと思っております。

今まで書いてきた”歴史シーリーズ”でも最長のシリーズになりますが、ワタシの出身地である”南予の歴史”をどうしてもまとめておきたいと思い、筆を取りました。

当然”南予の歴史”に触れますと、今まで上にあげました様々なテーマで”東予と中予の歴史”を書いてきておりますので、それぞれに重なり合ったりクロスする部分も出てきます。

それは”歴史”というものを、時の経過に従って”縦軸”として眺める見方に加えて、横への相互の関連を”横軸”で立体的に見るという、ワタシの”歴史観”をご紹介したいと考えたからです。

それと”愛媛”の地から歴史を眺めると、中学・高校時代に習った中央の歴史がどう見えるか?これが、ワタシが歴史を見る上での視点です。

興味がない方にとっては退屈なだけの、今日を含めて8日間になります。一本一本の記事自体が、ワタシが書いている通常のブログの3倍くらいの量です。しかも、それが延々と続きます。

以下にその日程と内容を記しておきます。

① 5月12日(日曜日) 「南予史探訪」・「内ノ子一揆・(小田・内子・大洲蔵川)」
② 5月13日(月曜日) 「南予史探訪」・「大洲地蔵ヶ嶽城を巡って」 1
③ 5月14日(火曜日) 「南予史探訪」・「大洲地蔵ヶ嶽城を巡って」 2
④ 5月15日(水曜日) 「南予史探訪」・「大洲城 加藤氏の治世」
⑤ 5月16日(木曜日) 「南予史探訪」・「宇和郡 西園寺氏の始まりと終わり」
⑥ 5月17日(金曜日) 「南予史探訪」・「吉田 武左衛門一揆」 1
⑦ 5月18日(土曜日) 「南予史探訪」・「吉田 武左衛門一揆」 2

申し訳なく思います。ただ、これだけはどうしても書いておきたかったものですから。これで、ワタシが自分のブログで書いておきたいと思う”歴史”に関するテーマは、今書き進めている「松山の地名・町名の由来」だけになります。

このシリーズは週に1回のペースで年内続きます。それを書き終えたら、ワタシの歴史シリーズはほぼ終わりです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私、正直ちょっと歴史は苦手で、地元の歴史も何となく避けてきたかもしれません。
今回のじゅんさんの記事により勉強させていただき、自分自身が食文化の歴史などにリンクできればと思っております。
外史ならではの視点からの記事、とても楽しみです。

早速のコメント

大洲のひで様
朝一番でのコメント、ありがとうございます。
確かに馴染みにくい分野ですよね。ただ皆さんが歴史が苦手だと仰るのは、日本の学校教育での歴史の教え方が悪いのだと思っています。
歴史を暗記モノとして教えるから苦痛になるのだと。

でも目の前に見える山や川、お城にはどういうドラマが繰り広げられたのか?ある特定の地域にだけ多い姓は、一体どういう理由でそうなったのか?など、身近なところから興味を持てば、歴史って面白く見えると思っています。
教科書で習う歴史ではなく、お隣の、いやこの町の、この地域は昔どうだったんだろう?そういう思いで書きました。長くて、専門用語が一杯出てきます。それらにはフリガナを付けて、意味も(  )で書いて、分かり安いように工夫したつもりです。
読んで頂けるだけで幸せです。コメントありがとうございました。

おはようございます♪

じゅんさんの得意分野が始まりましたね(^_^)
このシリーズを書くにあたって、沢山の調べ物と、現地へのリポートをなされた事でしょう。
こう言うシリーズには、得てしてコメントは残し辛いものですが、自分の暮らす地域ともなれば、興味は湧いてきますね(^_^)
何時の場合もですが、朝の習慣ですから、コメントは残さずとも読んでいます。

じゅんワールドの集大成との事、自分が一番楽しみながら書いて下さいね∩(*・∀・*)∩ファイト♪

ありがとうございます

ベル様
コメントありがとうございました。

確かに、かなりの文献を読み込みました。何度も何度も。そしてそれらが、自分の頭の中で渾然一体となるまで。すると、頭の中で、自分のストーリーがおぼろげながらまとまってきます。
次は現地取材です。2回南予を駆け巡りました。その距離300キロ。
現場を見ると、今まで頭の中で固まっていたイメージがより鮮明になりますし、イメージの修正もできます。
後は、パソコンの前に座りますと、ひとりでに指が動いてくれます。何も考えなくても自然に、指が勝手にキーボードを走っているのです。

指が書いていて、それが文章になってディスプレイに示されますと、今度は頭がそれを読んでいて「ホホーー、そうだったのかー。知らなかった!」などと観客の一人として見ています。
ベルさんが書いていただいたように、楽しんで書きました。書いたのは指で、読んだのが私。

構想を練りだして、原稿が仕上がるまで半年以上かかりました。もうこれで、歴史の分野で書き残したことはないと思っています。

確かにコメントは書き辛い面があると思います。読んでいただくだけでありがたいことです。

愛媛の歴史、ですね(^^)

じゅんさん、こんにちは(^^)
愛媛の歴史、南予編なんですね。
ずっと松山生まれで松山育ちなのに松山の事すら知らないのですが(^^;;
また南予はあまり馴染みがない土地でもありますので、
じゅんさんのブログを拝見しつつ勉強しようと思っております(^^)
先程、お昼過ぎにリンジーズにお邪魔していたのですが、
ちょうど入れ違いでお帰りになられた後のようでした…
残念でした…
いつかお会いできる日を楽しみにしております(^^)
ブログもしっかり拝読させて戴きます(^^)
今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

や!や!

みゆ 様
あれれ、あの「気まま日記♪」さんですか?

そうですかー、昨日お邪魔した「リンジーズ」さんのお客様・・・・。うーーん、すれ違いでしたか。
昨日、予てからのブログ友:ファットマンさんから「気まま日記♪」というブログを教えて頂いたばかりでした。

何時の日か、リンジーズさんで遭遇もあり得ると思っていましたが、早々と今日コメントを頂きありがとうございました。早速「気まま日記♪」をお気に入り登録させて頂きました。

ブログを開設されたのは、2003年。大先輩ですよ。私など、まだ開設してまだ3年半の「新人です」(爆笑)いえ、オジンです。

明日から、南予史を7日連続で書いてまいります。決して面白かったり、親しみ安い内容ではないかも知れませんが、ワタシが生まれ育った町や村の過去はどうだったのか?なぜ、現在があるのか?
好奇心の塊である私が、感じたこと考えたこと知ったことなどを書きます。読んで頂けるだけで幸せです。

これからも、いい交流をお願い致します。初めてのコメント、ありがとうございました。リンジーズさんで遭遇することを夢見ながら!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。