スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和尊和楽 ふうふう村」・「愛媛グルメ紀行」 536

今日は森松町、”松山南第二中学校”の南にある”いなり寿司”専門店の”和尊和楽 ふうふう村”さんをご紹介しましょう。

このお店は、ブログ友:”乱 駆郎”さんの5月13日記事(いなり寿司専門店 「和尊和楽ふうふう村」)で知りました。

お訪ねしたのは、その翌日14日でしたがアップは1ヶ月近く 後の今日となりました。何時も書くことですが、ワタシの場合、常に1ヶ月先のアップ予定原稿はサイト上で予約しておりますので、通常日の毎朝7時の定時に自動的にアップされます。

場所は土地勘がなければ分かりにくいかも知れませんが、東西に通る市道の北向かい側には”松山南第二中学校”の校門があります。

玄関1
こちらは、市内でも珍しい”いなり専門店”の玄関風景です。

駐車場がお店の前にありますから、北側の市道を車で通っていたらつい見過ごしてしまいそうです。

でもこの地にご夫婦で開業なさってもう5年になります。地域以外からのお客さんも増えたそうで、自然のものに拘った”いなり”などの商品が受け入れられていることをうかがわせます。

パンフ2
お店の場所は、店頭に用意されている画像の”パンフ”を見ていただいたほうが分かり安いと思います。

ワタシが「写真撮ってもいいですか?」っとお断りを言いますと、厨房の中から店主さんが出てこられて「どうぞどうぞ!」と笑顔で認めていただきました。

「このお店は初めてですか?」と店主さん。「はい、ブログ友達が、昨日このお店を採り上げられていて、大変褒めておられたので、その日に来ようと思ったのですが、昨日はこちらはお休みだったんですね」とワタシ。

「ええ週に一度の休み(月曜日)は、田舎に帰って野菜などを作っているんすよ」

「ほーー、田舎ってどちらですか?」  「はい”城川”です!」

「エッ!ワタシはそのお隣の野村ですよ!」っとワタシが言いますと、奥様が「エッ!私も野村です。野村のどちらですか?」っと、一気に話が進んだ。

三つ葉紅葉3
それからは、打ち溶け合って様々な話題に花が開きました。

「私、この”いなり”素人なんですよ。そのお友達の方はどう言っておられました?」っと店主さん。

「はい、スゴク真面目に”いなり”一点に絞って営業されていて<1個1個が大きいし包んでいるお揚げが美味いし、中のごはん&具との相性も申し分ない>と書いておられましたよ」っとワタシ。

「それは嬉しいですねー^^」と笑顔を一層崩された。「素人って、じゃあその前は何を?」

「ええ、その前は美容院をやっていました。5年前にやっていた美容院2つを他の方にお譲りし、この仕事一(いち)からスタートしたんです」

茗荷4
「そこに見えるのは、ウチの畑にあった”茗荷”(みょうが)です。ウチは城川でも”田穂”(たお)なんです。そこで畑を4反作っていて、そこにある”大葉いなり”の大葉や、椎茸などを作ってこのお店で使ってるんです」っと店主さん。

「椎茸作りも、ドングリの実を拾ってそれを植え、それからホダ木を作ってそこに菌を植え付けて・・・・・」

「えーーー4反って、それってもう立派に農業じゃありませんか。それを休みの日には日帰りで畑作り!大変でしょう?ワタシも実家がまだ野村にあって、たかだか400坪の敷地の雑草取りに悪戦苦闘ですよ。それを4反も・・・・・・」っと後の言葉が出ません。

「体は大変ですけど、田舎に帰って一日畑仕事していますとね、体にいいんですよ。どこか調子が悪いところがあっても、自然の治癒力というんでしょうか、夕方には不思議と治ってるんですよ」

手作り5
店内には、手作りの自然食品類が並べてあります。ところが、ほとんどの棚は既にカラッポ。

「ええ、売り切れてしまうんです。2人でやっていますからおっつかなくて」

「それから、お店のホームページも作っています。またご覧になって下さい、と紹介されたのが以下のサイト。(和尊和楽 ふうふう村

「夏にはスイカを作っています。農業はいいですよ!このお店も、あと2年くらいやれば、どなたかにお譲りしてもいいと思っているんです。夢は農業を専業でやることなんですよ」っと、もう少年の目。

傍らで奥様がニコニコと微笑んでおられました。

厨房7
ふうふう村弁当や肉巻き、きんぴら巻きなども作っておられますが、メインは”いなり”です。

いなりの種類ですが、”ゆず酢”を使った”ゆず風味”のものは、”栗入り”、”えび入り”、そして”素ゆず”の3種。それ以外は、普通の酢をつかった上に書いた3種の合計6種類あります。それ以外にも”大葉”が入っている”いなり”もありました。

やや大きめの”いなり”で、ふっくらと柔らかくお揚げさんが煮られていて、具材もタップリ入っています。胃が縮んだワタシでも3個、ペロリといけました。

3種を各3個づつ、合計9個を家に持ち帰りましたが、家族の反応も上々でした。お値段は、栗とかえびが入っているものが1個140円、”素いなり”とか”素ゆず”という、特別の具材が入っていないものが1個130円です。

いなり8
こちらが”ゆず風味”の”栗入り”です。中に入っている””が甘くて上品で美味しいんです。

全部城川産。自分で作られたりお仲間の農家が作っている素材がふんだんに使われ、優しいお味です。

1個の中に御飯と主菜と副菜が全部入っていて、それが一度にいただけます。

いなり9
こちらは”ゆず風味”の”えび入り”です。えびは、生に近いほどサッと湯通しされていてプリプリなんです。

そりゃあ自然に笑みがこぼれようと言うもんでしょう。お揚げさんの煮加減が素晴らしいのです。

ワタシより6歳ほど年下の店主さんですが、驚くほどバイタリティーがあって、その上繊細です。

いなり10
こちらが”素ゆず”と呼ばれる”ゆず風味”のもの。シンプルでアッサリしていて何個でもいけそうに思えます。

しかも”ゆず風味”と呼ばれるものは、間違いなくゆずの風味が生きています。田舎の山の斜面に植えられている”ゆず”。その素朴な香りをお料理に生かされます。

その山村の山の斜面に立っているかのような、爽やかな一陣の風が舞ったように感じました。

”さん、またまた素敵なお店をご紹介いただきましたね。感謝感謝!です。「ありがとうございました」



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

おいなりさん良いですねぇ~
さぬき人なので、うどんにはいなりもしくはばら寿司と、
大好きな組み合わせメニューです(^^♪
今度森松方面へ行ったら一度お伺いしてみたいわo(^o^)o ワクワク

今日は家でのんびりしてます、それにしても雨が降らないですね。
早く田圃に水が入ればなぁ~なんて思っています。
水を張った田圃にも、鳥は来るんですよ(^^)

繋がりますねぇ(^^)

じゅんさん、おはようございます。

いやぁ、テイクアウトのお店でここまで話を膨らませることが出来るなんて!
流石じゅんさん!日本一♪ってところですね~(^^)

そしてこうして、同じ南予でお隣さんでしかも奥さんは同郷ってことで繋がるんですから、じゅんさんのレポート力のスゴさを改めて垣間見る次第です。

読ませていただいて、また食べたくなってきましたので、今度の日曜日にでも買いに行こうかなと思っているところです(^^)


中々のものでした

ベル様
そうですね、そういわれてみれば、うどんとイナリ、あるいはバラ寿司はセットですよね。もう、今ではそのセットも無理ですが。ですから単品ばかりとなります。

昨日から石手川ダムの農業用水の放流が始まりました。早速今日、田の畦作りの作業を見ました。いよいよ、田にも水が行き渡りますね。

すると、タニシなどを狙う鳥たちの出番ですね。鳥たちが水田で餌をあさる風景の風物詩の一つですね。^^

どこかで誰かと

乱駆郎様
そうなんですよねーー。不思議に何処かで誰かと繋がる。
確かに、人間誰とも縁がない人はいませんから、気長にコンタクトを続けていれば、こういう出会いってありえますよね。

でも、ブログを始めて、職業や性別や地位を離れて、様々な人との出会いが深まりました。ありがたいと思います。

心を開きあっての会話や仕草が、人と人をつないでくれるような気がしています。ブログ様様です。
いいお店をご紹介いただき、ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。