fc2ブログ

「Cafe MOE MOE」・「愛媛グルメ紀行」 543

今日は、伊予鉄梅津寺公園がかつてあった近くの、松山では珍しい”ハワイアンレスト喫茶”である”Cafe MOE MOE”さんをご紹介します。

県道松山港線を梅津寺方向に向かうと、県道沿いの左手、梅津寺公園の手前にあります。

偶然、その道を通りかかってiphone5にメモし、後日時間を見つけてお店に入りました。営業は正午から。

看板1
県道を走っていると、この看板類が目に入ります。

一体どういうお店なんだろう?この好奇心一点でお店に入りました。

お店に入った瞬間、もうそこは”ハワイ”でした。

玄関2
こちらがお店の玄関、自宅の一部をお店として使っておられます。

このお店のシーズンは、やはり夏なんでしょう。

私がお伺いしたのは、5月中旬です。開店一番でお店に入ったのは私一人。ユックリとランチタイムを楽しむことができました。

店内3
さて、こちらが店内の様子です。店内は広いのですが、ワタシよりやや年下とお見受けしたアロハシャツをお洒落に着こなしたおじさんが一人でやっておられます。

「このお店は以前からやっておられたのですか?」っとワタシ。

「何年前からお店を・・・うーーん、開店は5年前ですね。9月に開店しましたから、もう5年と半分が過ぎましたね」っと店主さん。

「この店を始める前の職歴ですか?イエー、実は私、”脱サラ”なんですよー。一番初めはラーメン屋がしたかったので、ラーメン屋で2年。ところが、その当時松山にあったのは”サッポロラーメン”と”豚太郎”しかなかったんですよ。美味しいラーメン屋なんてなかった・・・・」

「そこで、それ以降””(りつ)のいい仕事(時給が高い)は、ソリャー・・・・ナンでもやりましたよー。佐川急便なんて22年もいた。」

メニュー4
ランチメニューは、この画像の通り”自家製ハワイアンカレー”と”チキンのココナツ煮”の2種類しかない。

そこで、前々から興味があったココナツ味に挑戦してみようと”チキンのココナツ煮”を注文。お値段980円。

開店の10分位前にお店に入ったので、お料理が出てくるまで店主さんとジックリお話が出来た。

「店名は”モエ モエ”と発音します。ハワイ語は同じ言葉を重ねて発音することが多いらしいんですよ、それで”ゆっくり”、とか”落ち着いて”という意味らしいんです」

「でも、私が初めてハワイに行ったとき、現地の人が私の顔を見て、”MOE MOE”な顔だって言ったんですよ。そこで、その意味を通訳の方に聞くと”眠たそうな”って言う意味だって言うんす。これは面白いって思って店名にしたんです」

「イエネー、最初はハワイヤンコーヒーと、カレーのお店を開こうと思っていたんですヨー!」

「なぜハワイアン?・・・、ですか。ウーーン、女房との新婚旅行がハワイだったんですよー。しかも初めての外国。イッペンで好きになっちゃいましてねー」

窓の外5
お店の中から海を見ると、瀬戸内海が目に飛び込む。

お店の海側は、サンデッキになっていて、外でも食事やお茶を楽しむことができる。

しかもお店を出ると、そこはもう砂浜で歩いて1分もかからず海に入れる。

お料理を厨房で作られながら、外のサンデッキを散策していたワタシに声が届く。

「イヨテツさんがネー、海水浴場やめちゃったでしょうー。だから、夏でも淋しくなっちゃって」

「でもネーー、ここから眺める夕日と日没は、ソリャーモーーー最高なんですよー。一度日の入り時刻にお越しになって下さい。ハワイアンピザをワンピースサービスいたします!」

ランチ6
「はい、お待ちどう様!これが”チキンのココナツ煮”のランチです。これに食後の飲み物が付きます。コーヒーかオレンジジュース、もしくはパイナップルジュース、どれになさいます?」

「そりゃーー、”パイナップルジュース”しかないでしょう!」っと、二人の会話が弾む。

「ハワイアン料理をどこで習われたのですかって?それは、相撲の力士で”小錦”さんていらっしゃったでしょう。その”小錦”さんですよ」

「え、え、え???あの”小錦”さんですかー?確かにハワイ御出身ですね!ヘーーーコニシキさんに」

「えええ、確かにあの”小錦”さんですよ。デモネー、直接”小錦”さんに学んだ訳ではありませんよ。”料理本”ですよ。あの”小錦”さん、たくさんハワイの料理本出版なさっているんです。そのレシピを一生懸命に再現。で、自分で食べてみて・・・足したり引いたりの連続です」と、実に屈託がない。

チキン9
「こちらの”チキン”召し上がってみて下さい。ココナツミルクで煮込んでいます。青く見える柑橘は”ライム”です」

「以前からココナツっていう食材には興味があったんですよ。実は食べ物屋さん巡りをランチタイムにしていましてね、このお店は確か543番目のお店です。その中で”ハワイアン”は初めてです」

「うーーん、このココナツミルクのスープ、初めていただきました。マイルドなお味なのに結構スパイシーですね!でも美味しいです、初めて出会った味ですが」

「ありがとうございます。基本はレシピ本に忠実に。でも微調整しています」

「このチキン、よく煮られていてホロホロですねー。でも決してパサパサにはなっていない、ジューシーです。お箸でハラリと解(ほど)けますね。」

「はい、一時間、コトコト・・・・コトコト、煮続けました。仰るようにお箸で骨から身が全て外せます」

「この軟骨、ふーー美味しいですよねー。このコリコリ感とゼラチンの食感、いいですねー!」

「ええ、そりゃあ、もう”コラーゲン”タップリですから!」

アヒポキ7
「この料理は”アヒポキ”と言いましてね、”アヒ”はハワイ語で”マグロ”なんですよ。マグロの赤身に海草、うちはワカメを。それにタマネギスライス。それを醤油味のソースで!」

「いえねー、ハワイ料理には醤油がよく使われていますしね。第一お料理によく合うんです」

「このお料理のソースは随分ピリピリしていますね。酸味も程よい。先ほど食べた”サラダのソースは甘かった。それとのバランスを考えたら、このピリピリ感が生きた!醤油味のソース、いいですねー」

「そのピリピリ感は”七味”なんですよ!お客さん、お料理に詳しそうだから調べればわかると思うんですが、どのレシピ本にも七味が登場します」

「このマグロの赤身ぶつ切りと、タマネギスライスのちょっと”エグさ”を残された組み合わせもいいですねー」

「アレ?エグさ、残っていました?晒しが浅かったかな?」

「イエイエ、ワタシは”サラダ”の甘いソースを意識されて、敢えてこのエグさを残されたのかと!却ってこちらのバランスの方が個人的には好きですね!」

サダラ10
こちらの”サラダ”にかかっているソースには”パイナップル”の甘さがタップリ効かせてあります。

アボガド”は、皆さんご存知の通り”森のバターフルーツ”の別名を持っています。ネットリした食感は正に濃厚なバター。それがシッカリ冷されて供せられますので、絶品のサラダになっています。

パイナップルも何年か振りに口にしました。アマーーイ!

デザート11
こちらが”ココナツミルク”を固めて、中にパイナップルとマンゴーが入っています。

余り甘いものは食べませんが、自然に顔が緩みます。南国のフルーツが持つ、自然な、しかも強力な甘味と、ココナツミルクのネットリ感を両方味わえました。初めての経験です。

「お客さん、食べ物に詳しいから、さっきのタマネギのアドバイス嬉しかったです。ワタシは料理を専門に習った訳ではないので、正直”アヒポキ”と、”パイナップルサラダ”のソースとのバランスなど考えて使ったわけではありません。でもなるほどと思いました」

「それでね、お客さん三津にある”タイ料理”のお店知っていますか?じつは、あのお店の店主さんと親しくさせていただいているんですよ」

「ワタシがこのお店を開いたときは、ハワイアンコーヒーと美味しいキーマ風カレーがウリの喫茶店にするつもりだったんです。でもあの店主さんとの交流を深めていくうちに、”ハワイアン”をもっと深化させたらどうか。本腰を入れて”ハワイアン”に取り組むべき!ってアドバイス受けたんです」

「そこで私の道が変わったんです。あの方に出会わなかったら今のこのお店はありません」

「それに三津の住吉神社の隣り、イタリアンの”フロアー”って言うお店ご存知ですか?」

「タイ料理のお店があることは知っていますが、お伺いしたことはありません。”フロアー”さんは好きなお店なので何度かお伺いしています」

パイナップルジュース12
「それらの店主さんお二人には随分お世話になりました。このお店の一周年の時は、タイ料理の店主さんが出張でこのお店の庭でタイ料理をお客さんに振舞っていただきました。その時に”フロアー”さんの店主さんは、この厨房に入っていただき、イタリアン料理でお客様を。ソリャー、ありがたかったし、嬉しかったですよ!」

「タイ料理のお店がまだなら、是非お訪ねになって下さい。それは感激を頂けると思いますよ。お人柄だって素晴らしい方なんです」

「はい、ぜひお訪ねした見たいと思います。今日は初めてのお料理の数々、本当に美味しくいただきました。ご馳走様でした」

「今度、夕日が海に落ちるころ、お茶だけでいいので、ぜひいらっしゃって下さい。歓迎いたします」

あっという間の1時間でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

今日はハワイアンですね(^_-)-☆
ハワイへ行くと色んな食べ物を試しますが、ロコモコやオアフ島ノースショアのガーリックシュリンプ等、B級グルメが人気ですが、今回フリフリチキンを食べに行って来ましたよ(^O^)
メッチャ美味しかったです(^^)v

アヒはよく食べました、ドン・キホーテ(アラモアナ店)に行くと調理されたものが、何種類も有って、ワサビ醤油が一番人気とか・・・
勿論お刺身の盛り合わせも、豊富に有りましたよ(^O^)
でもハワイのワイキキで、食材の調達は大変でした(*^_^*)
行く時はバス、帰る時はタクシーですから(^_^;)
バスに沢山の荷物を持って乗り込む事は、禁じられてますので(笑)

ハワイには、高級レストランでなくとも、美味しい料理は沢山あります。
お肉が安いので、お肉三昧でしたね(^_-)-☆

ハワイ

ベル様

ハワイなんて、テレビや映画でしか見たことがありません。でも、日本人はハワイ大好きですよね。
それは、お料理に醤油を使ったり、新鮮なお魚料理が楽しめたり、もちろんお肉だって豪快にいただける。

しかも風景は異国、海は近い、空は晴れている。

想像するだけで楽しくなっちゃいますものね。そこへ行かれて、経験された!!羨ましいです!命の洗濯でしたね。^^

松山にHawaii

じゅん様

アロハシャツをお洒落に着こなしたおじさんだけあって見事ににHawaiiを再現されていますねー。
じゅん様との会話も楽しそうで、何より、さすがに『小錦さん』直伝かのようなmenuも素敵に演出されていましたねー。言うまでもなく満足度のPercentageも良い点数をつけられたのでは?
じゅん様のリポートに新たなジャンルが加わっておめでとうございます\(*´▽`*)/
久々のHawaiiの風を感じさせていただきました。ありがとうございます。

会話・対話

ぴんくモッチー様
ハワイアン料理は初体験でした。そしてこのお店にお伺いしたことで、今日アップします「タイ料理」のお店も初めて経験しました。

単独のお店を紹介するのではなく、人と人は繋がっているという観点に立てば、その横つながりの中から普通に食事をしただけでは分かりきれない何かが浮かび上がらないものか?と考えました。

今回の一連の記事が、その目論見に成功するかどうかは別にして、訪れるお店に対する新しいアプローチの仕方があるということに気がつきました。

ですから、今回の記事は出来るだけ店主さんとの「生の会話・対話」を記事の柱にしてみようと意識しました。新しい分野のお料理に出合えたことと共に、店主さんの会話を前面に出すという記事のスタイルを探求する切欠となったお店になりました。
コメントありがとうございます。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード