FC2ブログ

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 76

今週の土曜日も”愛媛グルメ紀行”シリーズを振り返ってみましょう。

今日振り返るのは、昨年の年初めにアップした226号から228号までのお店です。”

先ず最初に振り返るお店は、昨年2月15日にシリーズ226番目のお店としてご紹介した、当社から歩いていける小坂4丁目、国道11号線が南環状線と交差する高架橋の測道沿いにある”ラーメン EBISU(えびす)”さんです。(「ラーメン EBISU(えびす)」・「愛媛グルメ紀行」 226

結論から先に書いておきます。このお店の寿命は、ほぼ1年と言う短命に終わりました。現在”テナント募集!”の看板が掛かっております。

当時の様子を振り返ります。場所は、国道11号線と南環状線が交差する北東角にある”太陽石油GS”の北隣です。昨年2月6日にオープンしたばかりの新しいお店でした。

玄関1
この店は、以前は”すし放題小坂店”という”回転寿司”のお店でした。

そして、その”すし放題小坂店”の前は、やはり同じ回転寿司の”廻る寿し舟”というお店でした。

いずれのお店も短命に終わっています。やはり、国道11号線沿いのお店から、高架橋が付いて即道に変わったという立地環境が激変したのも、長く保たなかった要因の一つでしょう。

ラーメン6
でも、環境の変化は小さな要因に過ぎないように思います。

探しても探してもたどりけないような山奥にあるお店だって、立派にお客さんを引きつけているのです。

外部要因に、撤退せざるを得なくなった理由をあげられたとしたらそれは間違い。

この商品・メニューにお客差を引き付けるだけの力がなかったのが最大要因でしょう。

従ってこのお店は再訪出来ません。既にお店が無くなっていますから。


二番目に振り返るお店は、昨年2月16日にシリーズ227番目のお店としてご紹介した、花園町アーケード街の西側にある”酒処 大黒屋”さんです。(「酒処 大黒屋」・「愛媛グルメ紀行」 227

場所は、市駅から北に伸びる花園町アーケード街、それを城山に向かって北上し、南堀端交差点の一本手前の交差点の西側の”大黒屋ビル2階”にあります。

玄関1
こちらが、お店の1階部分の玄関。この玄関から階段を上がって、お店は2階の奥にあります。

このお店をご紹介するには、戦後間もない焼け跡時代に開業した食べ物屋さんを同時に思い出さざるを得ません。

松山とその周辺には、戦前から終戦直後にお店を開いた老舗が何軒か残っていますが、この”酒処 大黒屋”さんも戦後60年以上過ぎている老舗中の老舗です。

中華そば5
このお店の二大カンバンメニューが、”鍋焼きうどん”と”中華そば”。それぞれ500円と400円です。

ワタシは画像の”中華そば”を頼みました。スープは丁寧に丁寧に採った”鶏がらスープ”。透明に澄み切っています。

スープの味は、冒頭で挙げた老舗に特有の甘めスープです。これは、敗戦直後の物資不足に中で、「美味しい=甘い」が当たり前であったころに食べ物屋さんを始めたお店の共通項です。

でも、この甘さが邪魔にならない、馴染んだお味なのです。それと、このお店の中華そばの特徴は””にあります。実にプリプリの活きのいい弾力をしているのです。

更に、具材の一つ一つがキチンと自分の役割を果たしていて、全く過不足ないところが、60年をはるかに超して積み重ねられた年輪のようでした。

従ってこのお店は既に再訪しました。懐かしくて懐かしくて、吸い寄せられるように再訪しました。


最後に振り返るのは、昨年2月17日にシリーズ228番目のお店としてご紹介した、本町7丁目の山越交差点東南角にあります”松屋”さんです。(「松屋」・「愛媛グルメ紀行」 228

このお店、”創業明治38年”です。

そうです、今から何と”108年前”なんです。

玄関2
この”松屋”さんの明治の創業当時は”米屋”としてスタートし、途中から”旅館”に業種を変えました。

戦時中も営業を続け、旅館と食堂の併営が出来ない決まりが出来た後は”食堂”を残し今日に至っています。

鍋焼きうどん6
このお店の三大看板メニューは”鍋焼きうどん”、”中華そば”、そして”巻き寿司”です。

画像はその中の”鍋焼きうどん”、お値段500円です。

カツオで丁寧に出汁をとってあるのでアッサリした出汁ですが、何と言っても”甘旨い”のです。

その作り方は、カツオ出汁にタマネギとゴボウを混ぜて炊いた、旨み十分の牛肉をたっぷりと鍋焼きうどんの上に乗せます。

大鍋で大量に炊く牛肉は、最初に少量の砂糖で甘く味付けし、アルミ鍋に移した後にもほんのちょっとだけ”砂糖”を加えれば、明治大正時代から続く”秘伝甘口出汁”の出来上がり。

甘旨い”出汁は、松山を代表する他の老舗に中の他の4軒の”鍋焼きうどん”と比較しても一番濃厚です。

従って当然に再訪しました。40年近く経って訪れたにも関わらず「あああ、久しぶりヤッタナーー、アンタ!元気ヤッタンー?」っと声を掛けていただきました。そういうお店なんです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そういや松屋行けてないなぁー(´・ω・`)

じゅんさん、おはようございます。
夜勤中なのでチョー手短かに要件のみで(^-^;)
まず日程を決めたいと思うので、
掲示板ご覧になって下さいませ。
よろしくお願いしますm(_ _)m

松屋

ジンゴズンゴ様

松屋、私も最近行っていないですねー。松屋の、独特に甘い「巻きずし」も懐かしいです。

日程の件、了解です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード