FC2ブログ

「再訪 157 手打ちうどんそば 水車」・「愛媛グルメ紀行」 590

今日は”再訪シリーズ”157番目のお店、石手1丁目、石手川に架かる「岩堰橋」のたもとにあって、セブンスター石手店の真向い、道端に水車がありので分りやすい”手打ちうどん・そば 水車”さんを三度目のご紹介です。

初めてご紹介したのは、2011年1月29日のこと。まだ”真っ当な「B級グルメ店」”といっていたころで、シリーズ6番目

2回目は、2012年8月31日のこと。”愛媛グルメ紀行”366番目のお店としてでした。

水車鴨うどん1縮小
初めてご紹介したときは、上の画像の”鴨うどん”。(「水車」 真っ当な「B級グルメ店」⑥

これは絶品でした。今でもそれは変わりません。何度も何度も食べました、それ以降も。何時も唸らされます。

冷麺うどん7
2回目のとき注文したのは、画像の”中華風 冷麺うどん”。(「再訪26 水車」・「愛媛グルメ紀行」 366

これは完璧に外れだった。余りの酸っぱさに、右往左往して努力したが大量に残した。

強い酸っぱさには、幾らお水を足しても何の役にも立たず、ずっと酸っぱいままだということを学んだ。

玄関1
こちらが玄関。

石手川ダムから今治を目指す方は、見慣れた風景でしょう。

メニュー2
メニューも、何時も見慣れたもの。

レギュラーメニューとは別に、お店の壁に”かきあげおろし”の文字が飛び込んできた。

フロアー係りの女性が注文を取りにきたので、それがどういうものか尋ねてみた。

「はい、先ずうどんか蕎麦か?そしてアツアツかヒヤヒヤかを選んで下さい」と言うので「うどんで、ヒヤヒヤをお願いします」と注文した。

ただし、そのメニューを書いた紙には値段が書いていない。「時価・・・・・っということだろうか?」と、疑問は残った。

かきあげおろしうどん5
この画像が”かきあげおろしうどん”のひやひや、です。

勘定を払うときに値段が分った。710円でした。普通の”かきあげうどん”が610円なので、大根おろしが付くと100円高くなるようです。

このお店は、”石手寺”を参拝された観光客もやってくる。だから、堂々の”愛媛うどん価格”になっている。

うどん6
さて、こちらが冷たい(かきあげだけは、やや温かい)うどんの姿。

うどんの上に、野菜かき揚げがドンと乗っかっていた。

遠い昔学生時代に東京に住んでいた時、うどん屋で”かき揚げ”を頼むと、高いお店は”海老や小柱(貝柱)のかき揚げ”だった。

駅の立ち食いうどん屋のそれは”野菜かき揚げ”だった。私の頭の中には、幼児体験のように”安い”=”野菜かき揚げ”(しかも、タマネギが主役の)が摺り込まれている。

かきあげアップ7
その”野菜かき揚げ”をシゲシゲと見てみた。・・・・・・・タマネギが堂々の主役を張っているではありませんか。・・・・・・

おまけに、揚げた油が高温過ぎたのか?タマネギが焦げている。悪い予感が・・・・・・

この段階で私の頭の中に、東京のJR(当時はまだ国鉄と言っていた)駅構内の”立ち食いそば屋”のシーンが髣髴(ほうふつ=アリアリと)と蘇(よみがえ)ってきた。・・・・・・

特に駅構内の立ち食いそば屋の”かき揚げ”は、揚げ置き(業界用語で”バク”という)だったので、冷たく、タマネギの角か鋭く尖っていて、よく口内を切った思い出・・・・・。

混ぜた8
エイヤーー!」っと、”悪夢”を振り払うようにかき混ぜにかき混ぜた。

うどんも大根おろしも、かき揚げもグッチャグッチャになるかと思いきや、かき揚げが意外と崩れない。・・・・

あれ?崩れない、解(ほど)けない・・・・どうなっているんだろう??っと怪訝(けげん=不思議な)な表情で全体を見回したが、わからない。

ただしうどんの”麺”は、艶やかに、たおやかに佇んでいる。上品な表情に顔が緩む。

こういう””を、ワタシは”官能的”な麺だと呼んでいる。端的に言えば、麺を食べることそのものが快感につながる、そういう””を言う。

アップ9
どうです?この””の照り、輝きと艶。

ウフフ、美味しい麺には独特の”表情”があると思っています。

この麺を”官能的”と言わずして何と言う?という感じなんんです。

麺10
そもそも、このお店の”知恵の輪”のように絡んだ””は好きなのです。”愛媛グルメ紀行”シリーズを書き始めて6番目、その中で”うどん屋”の2番目にアップしたお店なのです。

その当時、このシリーズがこんなにロングランのシリーズになるなんて、予想だにしていませんでした。

だから、好きなお店から順にアップしていって6番目のお店なんです。

一番最初にご紹介した”鴨うどん”、その後記事にはしませんでしたが何度食べに来たことか。何時も笑顔でお店を出ます。

でも・・・・・・・・・  で     も    ・・・・・・

残った11
無残にも残りました。

何故(なぜ)残ったか?

何が残ったか?

ハイ、タマネギ主役の”野菜かき揚げ”だけが残りました。

これは、ここのお店の”かき揚げ”がどうだ、という以前の、バイトに急ぐので、駅の構内で立ったまま慌てながら”かき揚げそば”をかっ込み、口内を血だらけにした記憶が故のもの。

ただし、このお店はこれ以降も足繁く通うと思いますが、頼むのはもうこれ以降は一切”鴨うどん”に限定しようと決めました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

久しく、岩堰へ行ってませんね(^_^;)
一時ココへ鳥撮りに通ったものです。

何人もの鳥撮りさんが来てましたが、お昼はココで食べる方が
結構多くて、昼食の間カメラの番を頼まれる事が有りました。
私達は主婦なので、お弁当持参でした(^O^)

ここは松山うどんと言う事、やっぱり金額がお見事(笑)

岩堰

ベル様
岩堰という言葉が懐かしいですね。確か、今あるスーパーセブンスターのある所に、「岩堰ヒル」という遊園地だか公園があったような記憶が微かにあります。

そうですか、この岩堰も鳥撮りのメッカだったんですね。綺麗な水流ですから、餌となる小魚も豊富なんでしょう。

このお店の「鴨うどん」はまっこと美味しいですよ!誠に高いけど!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード