fc2ブログ

「再訪 154 麺屋 夢創」・「愛媛グルメ紀行」 585

今日の”再訪シリーズ”154番目のお店は、昨年7月に国道56号線沿いの藤原町に、砥部町拾町にある”リバーサイドS・C”から移転された”麺屋 夢創”さんを二度目のご紹介です。


移転開店して1年が過ぎました。最初にご紹介したのは、今年の3月7日のことででした。(「麺屋 夢創」 ・「愛媛グルメ紀行」 490


時々お互いにコメントを交換する:”おーちゃん”(NEW! とっても気まぐれおーちゃん。)さんのお薦めで訪問しました。


そして今度も同じ事情で、お薦めのメニューをいただきに来ました。

玄関1
こちらが、国道56号線に面した玄関です。このお店は、お店の駐車場への出入りがやや困難です。


国道の左車線に止めて、そのままバックでお店の駐車場へ入れるには勇気とタイミングが必要です。


でも既に常連のお客さんもいるようで、店内は7部の入りでした。

店内2
店内はこの長いカウンター席と、後は主に4人掛けの椅子席です。


厨房に店主さん、その他フロアー係りの男性の2人体制でやっておられました。(前回は女性でした)


店主さんは前回にご紹介した通り、ラーメンの名店として名高い”らーめん工房 りょう花”さんで修行された方。

メニュー3
今回の”おーちゃん”さんのお薦めメニューは、”梅塩らーめん”でした。


ところが店内に入る前から、お店の外に”つけ麺”や”冷麺”の幟旗がはためいています。

しかも店内のメニューにも、”夏季限定メニュー”として”冷麺”や”冷し担々麺”など4種のメニューが並んでいました。


正直迷いましたが、ここは初心貫徹!”梅塩らーめん”を注文しました。お値段は650円。

ラーメン5
この画像は、前回いただいた”ゆず塩らーめん”です。この画像の下の下に、今回頼んだ”梅塩らーめん”の画像がありますが、外観は全く同じです。


チャーシューや他の具材も同じなら、その配置やレンゲのセットの仕方まで同じです。


スープのベースとなるものも、魚介系の塩ダレ味です。後は、梅の香りがスープにどう出ているか?でしょう。

冷やし鶏塩らーめん5
因みに、上の画像は今月13日にアップしたばかりの”らーめん工房 りょう花”さんの”冷やし 鶏塩 らーめん”です。


スープのベースは、このお店と似ていて魚介系の塩ダレ味。しかもウリは”すだちジュレ”です。この”すだちジュレ”が衝撃的に美味しかった。「”冷たいらーめん”ここに極まれり!!」っという感じでした。


更に、”りょう花”さんは””をスープの上に、形を崩さずに置いた。これは、””を解(ほぐ)しながら、梅の香がスープに広がっていく過程も楽しませようという趣旨に思えた。

梅塩ラーメン4
さてこの画像が、今回注文した”梅塩らーめん”です。


予感というか、梅の取り扱いに”りょう花”さんのイメージが染み付いていたので、この”梅塩らーめん”に”梅”が見当たらなかったことに戸惑った。


「ア、アア、アレ???梅はどうしたんだろう?」っと。

梅塩ラーメン5
それで、スープを啜ってみた。”旨い!!!”間違いなく美味しい。


しかも、このスープは塩ダレでないと合わない!っと思わせる出来でした。微かに”魚粉”の匂いがしたけど全く気にならない。魚粉には干しエビが入っているので、味に深みがある。


そして微かに”梅の香”がした。「ン???、これは”梅の酸味”に違いない!」と思った。でも””の姿は見えない。


「梅くん、君は何処に行っちゃったの?それとも、これは隠れんぼゴッコなの・・??」っと呟いた。

梅7
すると、「アハハハ、ここだよ、ココ!」っと、やっと梅くんが姿を表せてくれた。

そうなんです、””は予(あらかじ)め解(ほぐ)されてスープの底に沈んでいた。

「梅は予め、ちゃんと解してあったんですね!」っと店主さんに確認した。

「ええそうなんです。梅を丸まま入れると、スープに浸透しにくい、そう思ったんです。それで最初から解して、ウチのスープに馴染ませようと」っと店主さん。

これはこれで考え方だと思いました。店主さんには”梅塩らーめん”の完成形の味が頭にあって、それを最初から完成形で客に出された。

一方、”りょう花”さんは、梅を解していく過程で、梅の香のスープへの浸透の変化形をお客さんに楽しんで貰いたいと思った。(これは、あくまで素人的想像です)


かくして、結果として良店とも”梅の香”香る、夏に相応しいらーめんを作り上げられた。

麺8
”は細麺の縮れ麺を使われています。


これがスープによく絡んでいい具合に啜れるんです。らーめんを味わう醍醐味は、スープごと、ズルズルチュルチュルと下品に通じるかも知れないけど、豪快に啜りに啜ることだと思います。


チャーシューだって、口腔内でハラリと解けて、いい脂加減なんです。優れたメニューに仕上げられたと思いました。

完食9
そりゃあ、当然に”完食”ですよ。一滴だって、美味しいスープを器に残したくないじゃありませんか。


残すなんて勿体なさ過ぎます。これは、このメニューを薦めていただいた”おーちゃん”さんに感謝の意を表したいと思います。


また、迷いに迷った”冷麺”系は、後のお楽しみに取っておけばいい。楽しみを後に残してお店を後にしました。


何時もの様に、店主さんに玄関まで見送って頂きました。「ご馳走様でした!




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ラーメンにも、梅干しが使われるようになったんですねぇ~(^O^)
夏に口の中をさっぱりさせる為には、最適のアイテムかも・・・

昔のように、紫蘇で染め上げた真っ赤な梅干しは合いませんから、
紀州南高梅のような、塩分を控えたものが麺にはよく合いますね(*^_^*)

梅干しは中国産が多いので、買う時選ぶのが大変です。
ちょっと高い国内産、表示が正直だと思って、信じて購入しています(笑)
産地偽装があまりも多いので(^_^;)

産地

ベル様
今年の初め、和歌山県を旅しました。すると、まあ何と、どの山も梅林が延々と続いていました。

さすが梅の本場だけのことはある、と感心しました。最近は塩分の取りすぎが問題になっていますので、南高梅は人気ですね。

ところが、同じ品種が台湾でも大量に栽培されているそうで、よほど注意しないと間違えますね。種の大きさが違うそうですが。

この暑さのお陰ですっかり梅のファンになりました。

No title

まいろです~~~!
どうも丁寧にご紹介ありがとうございます!
自分も近いうち食べに行ってみます。。^^

また宿題が

おーちゃん様
お薦めされるだけの味でした。満足してお店を出ましたが、また「冷麺」などの冷たい麺という宿題が残りました。

今年のシーズンにもう一度訪問できるかどうかは分かりませんが、今度は冷たい麺を試してみようと思っています。

ご紹介どうもありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード