県外特別編・京都と奈良「かき氷 宇治金時」・「愛媛グルメ紀行」 593

今日も”県外特別編”として、京都の”平安神宮”の中の庭園にある”澄心亭”さんでいただいた”かき氷”と、奈良の”東大寺・二月堂”前の”絵馬堂茶屋”さんでいただいた”かき氷”をご紹介しましょう。

8月3日に、京都で行われた弟の長男(ワタシにとっては、甥)の結婚式に参列し、翌4日から7日に松山に帰るまでに間、弟の車に妹と乗って、京都と奈良を旅して来ました。

その間は、連日の猛暑・酷暑をついての旅になりましたので、まあ暑いこと暑いこと。ですから、どうしても冷たいものが欲しくなります。

平安神宮澄心亭1
京都に”平安京”を築いたのは”桓武天皇”で、延暦12年(西暦793年)同国葛野・愛宕両郡を選び都の造営を始められました。そして翌年13年10に造営なった京都に移られ、ここを”平安京”と名付けられました。


またここ”平安神宮”は、平安遷都1100年を記念して、明治28年に”桓武天皇”をご祭神として創建されました。”平安神宮”に関する記事は、後日まとめて”日本の歴史・夜明け編”としてアップする予定です。


そしてこの”澄心亭”は広大な平安神宮の庭園の中で、西の位置にあって”南神苑”(平安の苑)の一角にあります。

澄心亭屋根裏2
真夏の太陽が容赦なく降り注ぐ中、ワタシは息も絶え絶えになってここにたどり着きました。


澄心亭”の中に入りますと、広い庭園の木陰から涼しい風が吹き抜けて生き返った気持ちになりました。


小さく簡素な庵(いおり)ですが、庭園の散策者にとってはありがたい”オアシス”です。

澄心亭から外を3
”澄心亭”の中から庭園を望みますと、目の前には”白虎池”が広がり、蓮の花が今は盛りとばかりに可憐に咲いております。


ここで”命の洗濯”をすることにしました。

宇治金時4
ワタシは迷うことなく”宇治金時”を注文しました。弟も同じ。妹はアイスコーヒーを。


ワタシは例によって、”宇治金時”を横からた上から斜めから写真を写しています。


二人が呆れた顔で「あ、あああ、あ~あ、それじゃあ氷が溶けてしまうじゃん!」っと。

宇治金時5
そんな二人の声を他所に、写真を撮り終えた後は一気呵成に”宇治金時”に挑戦です。


「ソリャアー、京都に来たからには”宇治金時”よなー!」などど言いながら、アッという間に平らけてしまいました。


それを見ていた二人、またあきれ果てた顔で「氷を食べにかかったのは一番後なのに、真っ先に食べ終わった!エーーー???氷食べて、頭がキーンと痛くならんのー??」っと。


もうこうなりますと、還暦過ぎの兄弟の会話ではありません、子供時代の会話です。「ニーチャンはなー、頭痛うならんのよーー!」っと。

東大寺二月堂絵馬堂茶屋6
こちらは奈良県の奈良公園近くの”東大寺”境内にある”二月堂”前の”絵馬堂茶屋”の玄関です。


東大寺”は、天平年間(てんぴょうねんかん)(西暦700年代中盤)に”聖武天皇”の命によって創建されました。このことも”日本の歴史・夜明け編”で詳しく触れる予定です。


その”東大寺”の境内に”二月堂”があります。旧暦2月に”お水取り”(修二会)が行われることからこの名がつきました。

絵馬堂茶屋から二月堂7
”二月堂”前の”絵馬堂茶屋”の窓から外を見ますと、”二月堂”と”法華堂”の建物が見えます。


画像の左手の高い建物が”二月堂”です。


奈良と京都に共通しているのは、海外からの観光客が多いこと。ところによれば、同じ境内にいる観光客の中で、明らかに海外客と分かる人の割合いが6~7割ということもあります。


特にこの”二月堂”や”法華堂”など、日本人観光客は余り足を伸ばさない施設は圧倒的に海外客のほうが多いですね。

宇治金時8
さてここ奈良でも注文したのは”宇治金時”。ここは宇治ではないけど、ここで氷イチゴはないでしょう。


弟も妹も、今度は同じ物を注文しました。


ワタシが氷を食べるスピードが早いことを知ってる二人は、ワタシが撮影しているのを尻目にさっさと取り掛かった。

宇治金時9
平安神宮の”宇治金時”の氷は、肌理(きめ)が細かった。だから、氷を口に入れると瞬時に溶けてしまった。


ところが、二月堂の”宇治金時”の氷の肌理の粗さと言ったら!

宇治金時アップ10
氷を口に入れると、「ガリガリ・・・・ガリガリ」と音がする。


二人は実に食べにくそうに挑んでいたけど、ワタシは家庭の冷凍庫で作ったブロック氷くらいは、平気でバリバリガリガリと噛み砕いて食べてしまう。


職場でも、ブロック氷をガリバリ噛み砕いて食べる。すると職場の同僚が「ああ、今年も夏がやって来たか!」っと言う。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初の宇治金時すごいおいしそうっ!!男性二人が甘いもので女性がアイスコーヒーなんですねw 
いやー、3年前に行った京都、暑すぎてもう恐怖で夏はもう行かないね・・・って話ししてます。京都は有名どころでは半数以上が外国の観光客でしたね。なぜか私も何度も外国人に間違われましたw 多分色がすごく黒いからなんですけどw 
ご兄弟での旅、楽しそう。私も姉と久々にしてみたいなぁ。

今年の夏は

Kaori様
今年の夏の日本列島は異常気象で揺さぶられっぱなしでした。

所によっては集中豪雨(しかも歴史的レベルの)や、摂氏40度を超える日が何日も続いたり。
その中での京都と奈良でしたから、そりゃあ暑かったですよー。その中での「宇治金時」でしたから、とてつもなく美味しかったです。

その中でどこのお寺や観光地でも、外国の旅行者のまあ多いことと言ったら、驚きました。しかも、普通の日本人観光客なら足を伸ばさないようなレアなところなどは、外国人比率が8割を超えていました。勉強されていらっしゃっていることを痛感しました。

いやーー、兄弟旅は良かったです!楽しかった。また考えたいと思いましたね。

こんにちは

じゅん様

意外なところでじゅんさんとの共通点を見つけました。冷凍庫のブロック氷ガリガリです。
私は夏とは言わず真冬でもたまにやっていますが、不思議なことにかき氷には余り触手が動きません。そういえば今年もまだ一度も食べていない…。内子のNanzeさんの写真にはか・な・り惹かれましたけど(笑)

ちなみに氷ガリガリには「氷食症」という病気?の可能性があるそうで、鉄分不足になると口の中が熱く感じて氷を欲するそうです。そんなことは気にせず毎日ガリガリしてますけど(苦笑)

ご兄妹弟の旅の記事、料理よりご兄妹弟の会話の方が気になってしまいます。楽しい旅だったようでほのぼのしますね♪
「日本の歴史 夜明け編」も楽しみです。歴史の中では天平時代の雰囲気が一番好きなので(^-^)

追伸:ツイッター始められました?スゴイです!(尊敬)

病気!

百蔵様
え・えええ・え、氷ガリガリは病気かも知れない?いやーー、知りませんでしたねー。
鉄分不足デ・・・・ガリガリですか!驚きました。ただ、今まで人間ドックとかの経験では「鉄分不足」って言われたことはないので、先ずは大丈夫かな?

兄弟は、性格がそれぞれに全く違いますし、古い世代ですから「長幼の序」(年上を大切にする)という世界で育っています。それもあってか仲はいいですねー。弟や妹は私をタテてくれるし、私も無茶は言わないから。(と、本人が思っているだけかも)

「日本の歴史 夜明け編」は、お正月の予定で猛勉強中です。時代は、飛鳥・白鳳・天平時代が中心となります。本を読めば読むほど、様々な説があって頭が混乱します。一度、本から離れて考える時間が必要なようです。

ツイッターは、本格的にやろうという訳ではなく、試しにアカウントを作った程度です。まあジンゴズンゴさんへの連絡ツールという位置づけでしょう。勿論携帯電話の番号も知っているので、何時でも連絡はできるのですが、私達はWebの世界で知り合ったので、それでそのツールを確保したということが主要な動機です。(笑)
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード