「オルシヴァル」・「愛媛グルメ紀行」 609

今日は昨年12月21日にオープンした、南土居町にある”オルシヴァル”さんをご紹介します。


場所は、国号11号船から通称農免道路に入り、ずっと南下して”松山自動車道路”高架の手前、”ごはんや のうめん食堂”さんの東側にあります。このお店の道路を隔てた向かい側には、行列ができる超人気のパン屋さん”メリー”さんがあります。


このお店は、本来手作りケーキやイタリアンジェラート等甘いモノをメインとするお店です。お客さんの殆どが女性という、お洒落な作りのお店です。


このお店の事は、ブログ友:”ジンゴズンゴ”さんの以下の記事で知りました。(『オルシヴァル』でワンコインスイーツタイム♪


ジンゴズンゴさんは、”甘いモノ”に関しては県内随一の権威です。そのジンゴズンゴさんの、このお店の定義は”ケーキ特化型喫茶店”ということらしい。

玄関1
こちらがお店の全容です。まるで”お菓子の家”ではありませんか。


ワタシは”甘いモノ”苦手なので、本来お伺いするお店ではありません。


ところが、このお店の前を偶然通りかかった時に目にしたのが”特性ハンバーグ”の幟旗(のぼりばた)。それに吸い込まれるように、フラフラとお店に入ったというのが実態です。


ということで、今週の4日間は”ハンバーグ特集”と致します。このお店を含めて最初の2店は”喫茶店のハンバーグ”、残りは老舗の”ハンバーグ専門店”と”洋食屋のハンバーグ”をご紹介しましょう。

店内2
これが店内の、高い天井の様子。


席は全て高い背で仕切られた個室形式で、独りででも仲間とでも落ち着いて食事や甘いものを楽しめます。


玄関を入るとケーキのケースがあって、そのまま選んでテイクアウト出来ます。若い綺麗な女性の店員さんが出迎えてくれます。

メニュー3
甘いモノのメニューには目もくれず、期待の”特性ハンバーグ”を注文しました。お値段は980円です。

注文をとりにきた若い綺麗な女性に、お店の名前の意味と店名に採用した由来をお伺いしました。すると、「私は入ってまだ一週間なので、奥で聞いてきます」と。

その後の説明によると「”オルシヴァル”はフランスの田舎の町の名前を採りました。店主さんがフランスの写真集を見ていて、その町の景色に気に入って付けたそうです」と。

オルシヴァル”は、フランスはパリの南にある山間地で”オーヴェルニュ地方”と呼ばれている地域にあります。

ロマネスク様式”の教会が多い地方で、”オルシヴァル”の町のシンボルもロマネスク様式の教会”ノートルダム教会”です。

そう言えば、店内のBGMもクラシックの小曲が流れていました。その時は”タイスの瞑想曲”だったような?間違っていたらゴメンナサイですが。

特性ハンバーグ4
さて、”特性ハンバーグ”がお洒落に提供されました。


その”ハンバーグ”のボリュームに、いささかたじろぎましたが。


大量のタマネギのみじん切りが、ハンバーグに掛けられたデミグラスソースに混じっています。

特性ハンバーグ5
ご飯は極少なめと注文しましたが、巨大なハンバーグを何とか平らげますと、ご飯にまで手がつかず残してしまいました。


でもまあ何と、このお店の雰囲気にマッチした風景になっています。


それにハンバーグに掛かっているソースの甘酸っぱい香りが一斉に鼻孔に届きました。60過ぎのおっさんが一人で食べていては、全く””になりません。お店には申し訳なく思いました。

ハンバーグ6
どうでです?この堂々とした佇(たたず)まい。風格を感じます。


ただ、それにしてもソースの酸味の匂いが気になりました。ワタシは酸っぱさには極めて弱いからです。


ワタシが大好きな”愛 LOVE ハンバーグ”さんのハンバーグとは、大分(だいぶん)趣を事にします。(「再訪123 愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」 548

断面10
この”ハンバーグ”は、極めて柔らかいので”お箸”で食べることができます。


ただハンバーグの断面を撮りたかったので、半分に切り分けるときだけナイフとフォークを使いました。


何枚も画像を採りましたのでハンバーグを切り分けた時には、その断面からは期待の”肉汁”が滴り落ちるというシーンは撮れませんでした。


で、肝心のお味です。このハンバーグの香味料には何を使われていたのか分かりませんでした。多くの場合は”ナツメグ”を香辛料に使いますが、このハンバーグからはナツメグ特有の甘酸っぱい香りはしませんでした。

サラダ7
こちらは、ワンプレート上に配されたサラダです。


ハンバーグ”の味に関する続きです。恐らくこのハンバーグは大量に掛かっているソースで食べさせる趣向かも知れません。そして極めて柔らかいのも特徴の一つでしょう。


「・・・・・・」でもどう表現したらいいものか?今まで味わったことがないタイプには違いありません。

ポテトサラダ8
ポテトサラダは、よく冷やされていて美味しくいただきました。


でも肝心な”ハンバーグ”・・・・何処か?何か?インパクトに欠けるような・・・・


もちろん、普通に美味しいのです。でも感動で唸るほどではありませんでした。

海老9
こちらの”海老”は、湯掻かれてソースが掛かっていますが、いい湯がき加減でした。


ですから頭から尾まで、余すところなく全部美味しくいただけました。


全体には、よくまとまったお料理だと思いました。ただ、何度も何度も通いたいか?と言いますと、多分通うことにはならないでしょう。


勿論と言いますか、当然といいますか、この味にハマって何度も何度も足を運ぶお客様がいらっしゃっると思います。


特に、甘いモノがお好きな方にとっては貴重なお店になることでしょう。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード