FC2ブログ

「再訪 164 喫茶 ドン ルーカス」・「愛媛グルメ紀行」 610

今日は、2011年4月6日以来2年半振りにお訪ねした、紅葉町の石手川に沿って東西に走っている土手の道にある”喫茶 ドン ルーカス”さんをご紹介しましょう。「キッサ どん・るーかす」 真っ当な「B級グルメ店」・28


今回再訪してご紹介する気持ちになったのは、昨日ご紹介した”オルシヴァル”さんでいただいた”ハンバーグ”の影響です。


何故かと言いますと、”喫茶店のハンバーグ”ってどうなんだろう?という気持ちにさせられたからです。

玄関1
こちらがお店の玄関です。石手川に沿って、東西に走る土手の道路から撮影しました。


このお店は”愛媛グルメ紀行”でも28番目にご紹介したお店です。つまり、このシリーズを書き始める前から知っていたお店です。


子供が小さかった頃の、約4年余りこの近くに住んでいましたから、日曜日など妻とモーニングを食べに行ったりしていたお店です。

店内2
これが、店内の2階席から玄関を見たところ。


2年半前に来た時もお店の方にお聞きして分からなかったのが、開店された年。「ソウヨナー・・・・・・40年はもう経っとると思うけど、詳しいことは忘れた!」というお答えでした。


今回は店名の由来をお聞きしてみました。すると「・・・・・・・ウーーーーン、それ聞かれるよ弱いンヨナー!初めは単に”ドン”というお店やったんよ!」


「で・・・・・お店を改装した時から”ドン ルーカス”になったんやけど・・・・余り意味は無いんよ!時々お客さんに聞かれるんやけど・・・・・」っと。

石手川公園3
これが、お店から”石手川”及び”石手川公園”を臨んだ風景です。


これが、季節が春になりますと、先ずは石手川の土手全体に”菜の花”が咲き始め、菜の花が終わることには一斉に””(ソメイヨシノ)が咲き誇ります。


このお店は、居ながらにして”花見”ができるという絶好のポジションに立地しています。石手川公園内は、ジョギングする人、犬の散歩をさせる人、スケッチを始める人、鳥達を撮影する人など様々な光景を見ることが出来ます。

メニュー4
こちらがお店の”メニュー”です。このお店は、昔から”手作りハンバーグ”を”ウリ”にしてきたお店で、”喫茶店でハンバーグ”というパターンでは老舗のお店です。


でもこのところ、ずっと一番注文が多いのが”日替わりランチ”です。概ね9割以上の方が注文なさっています。日替わりランチのお値段は735円です。これは2年半前と変わっていません。


客層は、勝手知ったる常連のお客さんが殆どです。若いお客さんは、郊外の洒落た喫茶店に流れているようです。

サラダ5
さて、ワタシは今日の目的である”喫茶店でハンバーグ”を再確認したいと、”きのこハンバーグ”を注文しました。お値段は、1260円です。かなり強気のお値段設定。


サラダは標準装備、その他”ご飯と味噌汁”、或いは”スープにパン”の何方かを選べます。ワタシは当然に”ご飯と味噌汁”をチョイスしました。


サラダは何処と行って代わり映えはしませんが、素材が新鮮なのでパリパリ感を味わえます。

きのこハンバーグ6
さあて、これが注文した”きのこハンバーグ”です。昨日いただいた”オルシヴァル”のハンバーグに比べると、大きさが一回りか二回り小さい。


でも今の私にとっては、この程度のサイズのほうが「残してはいけない!」という強迫観念に襲われずに済むのでありがたい。


”きのこハンバーグ”の”きのこ”とは、エノキとシメジでした。それに手作りのデミグラスソースがタップリ掛かっています。

ハンバーグ7
調理を担当しているのは、厨房の中で奮戦されている”ドン”こと店主さん。もう超ベテラン。


町内のお祭りなどには、捻り鉢巻で地域のお世話を長年に渡って担っておられます。言わば、この地域の””です。


その他は店主さんの奥さんと娘さんの3人でお店を切り盛り。三人が騒然となる程には、お客さんが集中するお店ではありませんので、実にユッタリ・のんびりランチタイムを過ごすことが出来ます。

ハンバーグ8
肝心の”喫茶店でハンバーグ”のお味です。これが・・・・・濃ーーーーーーーい!んです。


超濃厚なデミグラスソースの味に、思わずむせ返りそうになりました。これなら、ご飯がすすむと思います。


最近出来たお店では、”塩分摂り過ぎ”と言われるのを避けて、もっと穏やかな味付けにすると思います。


”オルシヴァル”さんでも感じたことですが、”喫茶店でハンバーグ”という場合、ハンバーグのお肉の味を堪能するというよりも、ソースを含めて全体で味を整えるという傾向に・・・・。いやいやたった2店舗を食べてみて、そんなこと断定は出来ないことは百も承知です。


ただハンバーグ専門店で、お肉屋さんが運営されている”愛 LOVE ハンバーグ”さんの出される”ハンバーグ”にはソース類は一切掛かっていない。ソースを付けなくてもお肉の旨みだけで美味しい。(「再訪 93 愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」 497


その時のハンバーグの画像は以下の通りです。

黒丸7
まあ、お値段が違うではないか!っと言われればそれまでですが。


ソースは別皿に用意はされていますが、最初から最後までソースに頼ることはありません。

温野菜9
さて、こちらは温野菜ですね。


インゲン、人参、大根、そして豆腐です。この豆腐は、まるで”豆腐ステーキ”のように下部が焦げていました。でも、不思議、焦げていても美味しかった。


熱く熱した鉄板にハンバーグを乗せて提供することの問題点は、プレートの熱でハンバーグが過度に焼けて肉の旨味が詰まった肉汁が直ぐに蒸発してしまうこと。


ですから、専門店ではハンバーグと鉄板の間に太めのモヤシなどを敷いて、それを防止する工夫がなされています。東石井にある”北斗七星”さんでも、同じ工夫がされていました。

完食10
でも、このお店はワタシにとっては若い頃の思い出のお店。


ソースが濃厚過ぎて、肉汁も乾いていましたが、綺麗サッパリ”完食”しました。


お料理は、単に””だけで判断して食べているものではないことの証のようなお店であり味でした。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

家ではハンバーグをよく作りますが、お店のように焼いてから、
オーブンになんて事はしません(o^-^o)
ベル家では最初からオーブンなんです。
何故ならフライパンで焼く段階で、黒く焦がしてしまうので、
炭食わすなよ~って言われた事が何回もあったから(゚m゚*)プッ

ソースの掛かった美味しいハンバーグは、お店で食べてねって、
家では、あっさりおろしだれハンバーグのみです(*^^)v

台風の被害がなくて良かった~\(^o^)/

やはりオーブンですか

ベル様
ベル家はオーブン派ですか。なるほど、油は飛び散らないし、均等に焼けるので合理的ですよね。焼き加減だって加減できますもんね。

うちは、相変わらずフライパン派です。フライパンの上に、重いガラス製の蓋をすっぽりと被せて、目見当で焼きます。焼き加減は竹串をハンバーグに突き刺して、赤い肉汁が出なくなれば焼き上がり。

でも一般にレストランなどでいただくものに比べて、焼き過ぎになってしまいますね、どうしても。

さて、愛媛は台風が避けて通ってくれるようで、助かりますね。これからは冬の渡り鳥の季節ですか?

行ってきました

こんばんは

本日、ドンルーカスに行って来ました。
自分は、日替わりのセットを食べて見ました。

うーん、やさしい味でしたが、これはうまいと言う事は無かったです。
でも、お味噌汁はとても美味しかったです。

食後のコーヒーと小豆プリンは美味しくいただきました。

愛 LOVE ハンバーグは、近くに出来たんですね。

そうでしょうね

ふなこ様

そうでしょうね。ドンルーカスは、基本的には喫茶店ですから、お料理の味で唸らせるというお店ではありません。

ただ何を頂いても水準以上だと思っております。

このドンルーカスさんの近くに、10日、愛 LOVE ハンバーグさんが移転オープンされます。開店日にはお祝いに駆けつけるつもりです。ふなこさんも、是非お店をお訪ね下さい。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード