FC2ブログ

「再訪 170 ちゃんぽん食堂 てっちゃん」・「愛媛グルメ紀行」 616

今日は道後一万町、勝山町の電車通りを北上して平和通と交差する交差点を、そのまま更に北上した県道松山北条線沿いにある”泰州ハイツ”1階に昨年7月にオープンした”ちゃんぽん食堂 てっちゃん”さんの四度目のご紹介です。


9月20日に”愛媛グルメ紀行600号記念”号としてアップした”愛 LOVE ハンバーグ”さんが、4度ご紹介したお店の6店目でした。


つまり4度同じお店をご紹介するのは、概ね100店舗に1店舗です。今日ご紹介するお店が4度ご紹介するお店の7店舗目です。


ただ初めてご紹介したのは、今年の4月17日のことですから、半年間で4回ご紹介するという、ちょっと異例のお店になりました。何故(なぜ)異例の扱いになったのか?は、おいおいお話しましょう。

玄関1
こちらが、上一万交差点から北上したところにあるお店の玄関です。

駐車場はありませんから、近くのコインパーキングに入れてお邪魔することになります。

初めてお訪ねしたのは、今年の4月17日のことです。(「ちゃんぽん食堂 てっちゃん」・「愛媛グルメ紀行」 511

そして2度目は7月26日です。(「再訪 138 ちゃんぽん食堂 てっちゃん」・「愛媛グルメ紀行」 566

更に3度めをお訪ねしたのは、8月20日っでした。(「再訪 149 ちゃんぽん食堂 てっちゃん」・「愛媛グルメ紀行」 580

店内2
こちらが、既にこのブログではお馴染みになった店内の様子です。


この日はお店のカウンター席の一番端で、可愛い女の子がゲームをして遊んでいました。ゲームと言っても”スマートホン”を使ってですよ!まだ小学校には入学していない子が・・・・・


このお店の店主さんご夫婦はまだ二人共お若いのですが、小学2年生のお兄ちゃんを筆頭に3人のお子さんがおられます。


「こんなに小さい子が、既にスマートホンを使いこなしている!」っと、ワタシが驚くと「そのスマホは私のですが・・」っと店主さん、笑顔がはじけました。

メニュー3
さて今までの3回で、看板メニューの”ちゃんぽん”を始めとして”皿うどん・やわ”と”冷やしつけめん”をいただきました。


今回は、気温も下がってきたことだし!っと思って”スタミナラーメン”を注文しました。お値段は630円です。


この”スタミナラーメン”は、”ちゃんぽん”をベースにして、更にそこに”豆板醤”を効かせてピリカラに仕上げられています。これからのシーズンによく合ったメニューです。

スタミナラーメン4
さあて、これが”スタミナラーメン”です。美味しそうに湯気が上がっています。


初めていただいた”ちゃんぽん”と同じ容器に入っています。深い皿です。


これは、「その器を使った理由は二点あります。その一つは、熱々の美味しいスープを冷ましたくないと言う思いからです」と、初めてお伺いした時説明していただきました。


更に「二つ目の理由は、ウチは女性お一人のお客さんもちゃんぽんを食べに来て頂いています。ところが、そういう女性のお客様にとって、口径の広い平皿は、”大食い”だと見られかねないから恥ずかしい、と仰います」と、ちゃんとこのお店に来ていただくお客さんを思いやられた上での選択でした。

スタミナラーメン5
初対面のワタシに、キチンと自分が目指している方向性をご説明なさった。そこが、このお店に魅入られた一点です。

自分が作ったお料理を説明される時の、店主さんのその目の輝きが素敵です!


と、もう一度”スタミナラーメン”をじっくり見ました。まあナント!”野菜のピラミッド”が形成されているではありませんか。


ちょっと箸で野菜群に分け入って、”麺”を掬い出して画像に収めようとしましたが、幾らお箸で深くまでかき混ぜても”麺”が顔を見せてくれません。

茹で卵6
「まあ、これは思いっきり野菜を入れましたね!」っと叫ぶように言いました。


すると店主さんと奥さん、同時に微笑まれた。”してやったり!”という得意の笑顔です。


そして店主さんが「そのお野菜、一度お湯に通しているんです!今度油で炒めた時に均等に炒められるようにするためと、野菜の嵩(かさ=野菜の分量、体積、容積のこと)をお湯に潜らせることで減しているんです」っと。


「ああなるほど!これだけの分量の野菜を生で入れたらとても容器に入りきらない。野菜を直接炒めただけでも、この容器に収まる程の嵩にはなってくれないんですね!」っとワタシ。

アップ7
「ええそうです!このお料理、お野菜をタップリ食べていただきたいんです」とお二人のこぼれんばかりの笑顔が揃う。


主な野菜は、キャベツ、ニラ、モヤシ、キクラゲ、人参などなど。それに具材は、海老、豚バラ、チクワ、カマボコ、イカゲソ等です。


そして、掘っても掘っても””に辿(たど)りつけない。大量の野菜を食べる以外に麺には到達できません。


器の概ね三分の二が野菜群と具材なんです。挑みました。食べました。唸りました。汗もかきました。


お父さん譲りの”豚骨スープ”の旨みと、豆板醤のピリカラにも大満足しました。堪能しました!

麺8
やっと””君が顔を見せてくれました。「おお麺君、君はソコに、底に隠れていたんだね!会いたかったよ!待ち遠しかったよ!」って、そっと声をかけました。

「ところで、神奈川県から旅人君が来なかった?」って、店主さんに声をかけました。

すると、二人が声を揃えて「来ました!来ましたよ!食べた最後の方に<アノーー、じゅんさんの・・・・>って言ってくれて、ア~~あのじゅんさんが話ししていた方・・・」って。

10月15日にご紹介したばかりの”内子町 片岡食堂”さんの記事にも書きましたように、ワタシと”ファットマン”さんのブログを神奈川で見て、それで6泊7日に日程で松山を訪れた青年がおられました。

彼が、お昼や夕食を何処でいただくか?のリストを作っておられましたが、その中にこのお店も入っていたのです。

その彼がこのお店を選んだ理由にも共通していると思うのですが、このお店に来ると”心休まる”のです。”安堵出来る”のです。

我が家に帰ったような錯覚を覚えるのです。半年で4回ご紹介するようになった所以(ゆえん=理由)でしょう。

「ご馳走様でした!」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちゃんぽん食堂てっちゃん、期待通りの美味しさでした。
見た目に配慮された器ですが、ボリュームたっぷりですよね!
僕が訪れたのは13時過ぎですが、サラリーマンと思わしき、
背広姿の1人客が3~4人いて、思い思いに漫画を読みながら、
ちゃんぽんを食べている姿が印象的でしたね。
“食堂”の名に相応しい、ほのぼのとした空間がよかったです!

あれからもう2ヶ月

miyatom様
ご一緒に廻った日から、もう2ヶ月過ぎましたね。
その間に、先日伊豆大島に多大な被害をもたらした台風が、四国には秋を連れてきてくれました。

季節の移ろいは早いものです。私は、相変わらず「縁」探しの旅を続けております。

このお店も、短期間でもう4回お訪ねしました。心地よい「街の食堂」という立場を提供していただいています。ありがたいことです。毎日違うお店をお訪ねしていますと、こういう行きつけのお店は、心やすまる空間となってくれて助かります。

お風邪を引かぬよう、日々の積み重ねを充実させて下さい。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード