FC2ブログ

「再訪173 でんぷん」・「愛媛グルメ紀行」 619

今日の”再訪シリーズ”173店目は、2012年11月13日に2回目のご紹介をした、県道317号線沿いの”列車型レストラン”の”でんぷん”さんの3度目のご紹介です。(「再訪63 でんぷん」・「愛媛グルメ紀行」 416) ・ (「でんぷん」 「真っ当なB級グルメ店」 35


松山市内から石手川ダムを経て、今治に至る県道沿いにありますし、目立つ外観をしていますので目にされている方が多いと思います。店の西側には石手川が流れています。

店舗1
以前は市駅近くにお店があって、その当時から女性客には人気店でした。


高野町の”列車”に移ってから5年~6年。市駅近くのお店から通算するとほぼ30年になります。

店内2
店内は、列車の原型を出来るだけ生かした内装になっています。


この列車は、元々”郵便車両”だったそうです。


オーナーシェフを含めてお店の方が”列車マニア”というわけではありません。


むしろ静かに、自慢の”洋食料理”に舌鼓を打って欲しいとの思いのほうが強いのです。ご夫婦お二人でやっておられます。


お客さんの9割以上が女性のグループ客で、ワタシのような初老の男性一人客はまずいないでしょう。

メニュー3
さて、こちらがランチメニューです。ほとんどのお客さんが”日替わり・ランチ”を注文されていました。


3度目のワタシは、初めてこのお店の店名を冠した”でんぷん・ランチ”を注文しました。お値段は1050円です。


メニューを見ますと、ライスやサラダや飲み物も付いて全部で9品と書いてあります。これは到底食べきれないと思って、ライスは半分で!と注文しました。

スープ4
さて、これは最初に出される”サラダ”と”スープ”の内の”スープ”の画像です。


コーンクリームスープ”でした。暖かくて、味が深くて美味しくいただきました。


サラダ”も可愛い器で供せられましたが、アッという間に食べてしまいました。ここまでは、特筆する程のものではありませんでした。

でんぷんランチ5
さてこの画像が、”全9品”とメニューに書かれた中の、サラダとスープと選べる飲み物を除く6品の概要です。


全9品と書かれてあったので、これは一体どうなるのか?っと、心密かに心配していました。


ところがそれぞれのお料理が、少しずつコンパクトに纏められて2つのお皿に盛り込まれています。


「美味しいものを、少しずつ、多種のメニューで頂きたい!」という、”女の子仕様”でした。なお、ワタシと同年代、もしくはそれよりやや上の女性群も、こういうお店では皆さん”女の子”なんです!

ビーフシチュー6
さて、こちらは独立したお皿で出された”ビーフ・シチュー”の温野菜添えです。


ビーフは、お箸で食べることが出来る位にトロトロに煮込んであります。味付けは意外に濃いんです。


温野菜は、人参とブロッコリーとポテトフライ。1050円のランチに、一体どのくらいの食材をつぎ込まれたか!

コロッケ7
さてこの画像が”カニとサーモン入りクリームコロッケ”です。アスパラガスの湯掻かれたものがソース付きで添えられています。


クリームコロッケは、オーソドックスな”俵型”で、中身はトロトロで実にクリーミーです。


これを頬張っただけで、自然に笑みがこぼれます。丁寧に仕事をされた逸品です。

豚肉ロール8
こちらの画像が”豚フィレ肉ロールのころも揚げ”と名付けられたもの。


豚フィレ肉”を薄く叩いて伸ばして、巻いてあります。ところが、そのロールの中に”大葉”が一緒に巻き込まれているのです。


衣をつけて揚げられていますが、巻き込んである大葉がいい仕事してるんです。「お、おおお、これは!」っていう感じに思われること必定です。バランスがいい!

エビフリッター9
次にこの画像が”エビのスタッフド・ピカタ”と名付けられたお料理です。


スタッフド”というのは、詰め物というお料理法で、”ピカタ”とはこの場合、エビのむき身を叩いて潰したものに食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、パルメザンチーズを混ぜた溶き卵をたっぷりとからませてソテーしたものでしょう。


それに茄子(ナス)をソテーしたものが一片添えられています。どのお料理も、添えられているソースが全く違ったものを使っておられます。


この”エビのスタッフド・ピカタ”、これはもうエビのすり身のふわふわオムレツといった風です。まあ一品一品に手間暇掛けられています。

ササミ唐揚げ10
さてこの画像が”ササミのカラアゲ・マスタードソース”です。鶏肉でも一番アッサリしたササミなので、逆にしっかり味付けがなされています。


それを唐揚げにされて、その上にマスタードソースが掛かっています。先ほども書きましたが、どれ一つとっても同じソースは使われていません。


どのお料理も、味付けが濃い目なのでご飯が進みます。それを女性陣は、ワタシの倍以上の時間を掛けて、おしゃべりを楽しみながらランチタイムを堪能されていました。


このお店、郵便列車をそのまま利用されていますから、4人掛けのボックス席が並んでいますので、隣の席を気にせずおしゃべりが楽しめる構造になっています。


それぞれのお料理は、車内販売用のワゴンに乗せられて運ばれてくるという趣向です。そりゃあ、”女の子”さんたちが群がるはずです。平均年齢、やや高目ではありますが。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

でんぷんのマスターの、調理中のひとりごとが思い出されますねぇ(笑)
繊細な指先から、作り出されるメニューを横で見てると、料理なんて簡単って、錯覚を起こしそうでしたよ(笑)
一週間だけの助手でしたが、勉強になりましたよ(*^^)v

その一週間のまかない飯が最高でした。
それとて手を抜いたりしませんから、本当の料理人ですね。
スペイン料理が得意で、特にパエリアは得意中のいちばんでしょう。
知り合い(でんぷんの従業員)はパエリアを、お持ち帰りしてましたよ。
お誕生日パーテイとかに使う時ね(^O^)

ああ、パエリア

ベル様
そう言えば、以前にもこのお店でコメントいただきましたね。覚えています。

そして「まかない飯」、確かに楽しみにされていたのはよく理解できます。すごく丁寧にお料理されていることが分かりますもんね。

それから「パエリア」、店内に貼りだされてありましたねー。複数の人数でどうぞ、っというような言葉を添えられていたような。考えただけで、その美味しさ、分かりますよ。
でも何時も一人で行っていますから、持ち帰り以外は無理ですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード