FC2ブログ

「再訪 175 ぐリーンカフェM2」・「愛媛グルメ紀行」 623

今日は今月初め、10月1日に再訪記事をアップしたばかりの、古川西2丁目で昨年5月にリニューアルオープンした”ぐリーンカフェM2”さんの三度目のご紹介をしましょう。


初めてご紹介した時は、以下の記事でした。(「ぐリーンカフェM2」・「愛媛グルメ紀行」 459


そして今月初めに二度目のご紹介をしたのが、以下の記事です。(「再訪 162 ぐリーンカフェM2」・「愛媛グルメ紀行」 605


立て続けに3回ご紹介したのには訳があります。それは後ほど。

多肉植物園1
今日のスタートは、玄関横のビニールハウス探検から。


このビニールハウスで、”ぐリーンカフェM2”さんが使っておられる新鮮お野菜が育てられています。また、同時に野菜を栽培されているご友人が、画像の”多肉植物”も栽培なさっています。


但し、前回の記事で<お店で使う野菜類のほとんどは自家栽培され、その日の朝収穫したものです。つまりぐリーン=自家栽培野菜を意味しているのです。>っと書きました。それに対して、店主の奥様(シェフ)が、記述に間違いがあるとコメント頂きました。

ドラゴンボール2
以下にその間違いを書いておきます。<ほとんどの野菜と書いていただきましたが、今年の夏はやられました(>_<)ハウスで自然栽培、農薬なしで難しいようでした!!>っと。


そしてこのハウスで穫れない野菜は<近くの農家さんにお願いしていますが、水処理に一番気を使って時間を使っています>とありました。再訪を急いだ理由の一つです。つまり、前回の記事で間違って書いた部分を早く訂正したかったのです。


なお上の画像は、ハウスで水耕栽培なさって、このお店に新鮮な野菜をご提供されているご友人が育てている”多肉植物”の一種である”ドラゴンボール”と名付けられたもの。


ワタシは、このお店とスパゲッティの名店”フォンターナ”さんにお伺いするまでは”多肉植物”なるものの存在すら知りませんでした。

メニュー3
さて、再訪を急いだもう一つの理由がメニューに関することでした。


前回の記事で<このお店では画像の700円のランチと、それに3品が加わった”贅沢ランチ”(1000円)と呼ばれている2種類のランチしかメニューにはありません>と書きましたが、これもワタシの勘違いであることをシェフさんから指摘して頂きました。


そのメニュー以外にも、”マルゲリータ”などピザメニューが2種、”ナポリタン”などのスパゲッティメニューが3種、それに”オムライス”などのご飯メニュー4種に2種のデザートメニューを用意されています。この点も訂正してお詫びいたします。


但し、ほとんどのお客さんが3日毎に変わる、冒頭の2種のメニューを頼まれています。ワタシは量的には自信がないので、シンプルな”Aランチ”を注文しました。お値段は700円です。


なお前回にも書きましたが、3日毎に変わるメニューは奥様ご自身が書かれてるブログでその内容を確認することが出来ます。(ぐリーンカフェM2

サラダ34
さて、この画像がご自慢の”ぐリーンカフェサラダ”です。


マア、何て豪華でカラフルなんでしょう!一体何種類のお野菜がこの中に入っているのか?


そこをお尋ねしますと、概ね6~7種のお野菜が入っているそうです。そこに優しい味のドレッシングが掛かっています。


シェフご自身が「安心安全な食べ物、孫たちに食べさせたいものにこだわり、生で食べる野菜は特に!!農薬まみれの野菜は・・・で」とご説明なさいました。十分に納得ですし、賛意と敬意を表したい気持ちです。

Aランチ5
さあて、これが”30日~2日ランチ”です。ワタシがお伺いしたのはその最終日、10月2日でした。つまり、前回記事をアップしたのが10月1日でしたから、その翌日には三度目の再訪をしたことになります。


内容は上のサラダ以外に、”豚ロースの野菜巻きフライ”、”3種類たれのっけ冷奴”、”栗ご飯と漬物”、それに”お澄まし”という構成です。


”は友人からもらったものを直ぐにメニューに取り込まれました。デザートの一部にも使われています。


見事な構成ではありませんか。彩りも鮮やかですし「今を食べて頂きたい」というシェフの意図を感じ取れるメニューです。

豚ロースの野菜巻きフライ6
この画像は、”豚ロースの野菜巻きフライ”と名付けられたもの。2種類のソースでいただきます。


豚ロースに巻かれている野菜には、玉ねぎとパブリカが使われています。(ぐリーンカフェM2さんのブログより引用)


そして豚ロースに薄く小麦粉をつけてパン粉をまぶして、カラッと揚げられています。野菜類はあくまでジューシーで、豚ロースは脂分が少ないののでアッサリ味。


でもパン粉がパリパリに揚がっていますから、3種類の食感が楽しめます。手間をかけた分だけ、味が多彩に仕上がっています。

3種のたれのっけ冷奴7
この画像は”3種類たれのっけ冷奴”と名づけられたもの。


冷奴”の上に掛かっているソース、一体どういうものなのか?想像できますか?


醤油麹・味噌・みょうがと梅・シソ・醤油・鰹節と炒りごま・味噌・マヨネーズ等、もろもろを”3種類の味”に組み合わされています。ただ単に生姜醤油でいただくなどというものではありません。(ぐリーンカフェM2さんのブログより引用)


「・・・・・・・・これは手間暇掛かっていますねーーー!」っと、思わず声がもれました。


すると奥様が「はい、確かに面倒な手数掛けています。でも手を抜き始めたら私達の仕事は終わりですから!」ときっぱりとおっしゃいます。そこが小気味いいではありませんか。


豆腐を3通りの味で楽しむ。確かに料亭の板前さんや、洋食屋で修練を積んだ職人技ではないかもしれませんが、それでもスキルアップに、著名な方の門をくぐるなどの努力を怠りません。

お澄まし8
この、コノ”お澄まし”が涙をさそうくらいの美味しいんです。丁寧にお出汁をとって、中にはそうめんと酢橘(すだち)が入っているんです。


・・・・・・うーーーーーん・・・この”酢橘”が生きている活きている効いているです、見事に!


お澄まし”の深みを一気に増してくれた。奥深さを見事に出された”お澄まし”。ちょっとこれだけのものには中々出会えません。


もちろん椿参道の”土佐長寿司”さんや伊予市の”味芳”さんのような、板前さんが出される”お吸い物”、これは一口啜っただけで手練の板前業を感じることができます。でも、それらに引けをとっていません。

栗ご飯9
こちらは”栗ご飯”。お友達から栗をもらったと言っても、栗の皮を1個1個丁寧に剥かなければ料理素材にはなりません。


おまけに栗には厚い渋皮があります。これも丁寧に剥かなければなりません。灰汁が出るので、手の指先など真っ黒になります。


でも「今を食べて頂きたい」の一心で、細かい手仕事をなさいます。前の夜と、当日の午前9時からの仕込みです。そりゃあ美味しいわけです。美味しいものにはそれなりの理由があるということです。

和風豆乳デザート10
そして、上の画像はご主人に薦められた”デザート”です。これは”和風豆乳デザート”と名付けられています。


その日はもらった栗も添えられています。ランチを頼んだ方は、これを100円でいただけます。


アンコまで手作りなんです。つい、市販品に走りがちですが、自分で作れるものは自分の手で作る。このお店の真髄のようなデザートを美味しくいただきました。心がこもった逸品でした。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

今年は異常気象のため一部の野菜を外部で買っておられるというのはジンゴズンゴさんのツイートで知ってましたよ。

ランチタイムは日替定食限定かと思いました。店内にメニュー、表示などがなくて、おそらくランパスのお客さんをこなさないといけないので忙しく、事情を知っている常連さん等がリクエストすればほかのメニューを提供する感じなのかもしれませんね。

私がお邪魔したときは小さめのチキンカツと焼きナスで少し物足りなく思いましたが、今日のメニューは三元豚、栗ご飯等おいしそうですねえ。ブログでメニューをチェックしてから行くのが正解かもしれませんね。

事前チェック

ファットマン様
ジンゴズンゴさんのツイートにそういう記事があったのですか、それは知りませんでした。時々ツイートはチェックするのですが、ジンゴズンゴさんの記事はまるでマシンガンのような連射なので、モタモタしていてついていき切れない部分がありますので。(笑)

食べ物はやはり好みがありますから、事前に奥様のブログでチェックして行くのが無難かも知れませんね。画像つきでアップされていますので。

以前も仰っていたとおり、どこかの料理店で修練を積んだ、バリバリのプロの調理人というより、こだわっている食材を手に入れて、それに合わせて色々メニューを考えておられるうような感じがします。
でも、その一生懸命加減に心打たれるものを感じます。

お料理に多少のばらつきはあるかも知れませんが、時々訪れたいお店の一つになりました。^^

Re: 感謝(^_^;)

ちーばば様
熱のこもったコメントありがとうございます。

この熱いコメントのお返しは、そちら様のコメント欄にさせていただきますね。

コメント、ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード