FC2ブログ

「再訪 189 味千拉麺」・「愛媛グルメ紀行」 645

今日は南環状線沿いの、ナショナルチェーン店、熊本ラーメンを代表する”味千拉麺”(あじせんらーめん)さんをご紹介しましょう。


熊本を代表すると書きましたが、今や”日本を代表する”ナショナルチェーンとなっておられて、世界中で店舗展開なさっています。


今日で3度目のご紹介となります。一度目は2011年10月4日でした。(「味千拉麺 朝生田店」 ・「愛媛グルメ紀行」 142


二度目は、今年の3月1日のことでした。(「再訪 87 味千拉麺」・「愛媛グルメ紀行」 486


全国展開しているフランチャイズ店で、3度もご紹介するのは珍しいことです。しかも、”豚骨ラーメン”系のお店ではちょっと考えられないことです。


ただ、ブログ友:”乱 駆郎”さんの以下の記事に(渡辺徹も絶賛!! 塩こうじラーメン)背中を押されました。

玄関1
こちらが、南環状線沿いの朝生田町交差点角にあるお店です。


このお店は、2011年7月にオープンされましたから、現在3年目に入っています。


周囲には会社の事務所も多く、すっかりお馴染みのお店として地域で溶け込んでおられます。

お茶2
このお店のお茶は、このような容器に入ったものが各テーブルに運ばれます。


このお茶は、香りが実にいいんです。


恐らく”ジャスミンティー”を使っておられるのではないかと推察しました。ラーメンを含めまして中華系のお料理にはピッタリのお茶です。

メニュー3
さすがにナショナルチェーン店だけあって、メニューのラインナップは揃っています。


しかも新メニュー開発は、ナショナルチェーンの持つ最大の強みでもあります。この点、個人でやられているお店にとっては脅威でしょう。


一方、全国どこへ行っても同じ味を安心して楽しめるというのが強みでもありますが、同時に、個性的なメニューや味で勝負する個人の専門店を選択する方も多く、弱みにつながる恐れもあるのではないでしょうか。

塩こうじラーメン4
さて、画像の”塩こうじラーメン”が、乱さんの採り上げられていたメニューです。


乱さんご推奨、というより、お店に大きく表示してあるのが”渡辺徹も絶賛!!”というキャッチコピー。


そりゃあタレントさんですから、オファーがあれば何でも絶賛されるとはおもいますが。

アップ6
ただ、ワタシ、このところ”塩ラーメン”の良さを発見し、ちょっと凝っています。


その意味で、純粋に「一体どういうお味なんだろう?しかもただの塩ラーメンではなく”塩こうじ”とされた!普通の塩ラーメンと、どこがどう違うんだろう?」と、興味津々でおうかがいしました。


なるほど、香りがいい。そこはかとなく、上品な雰囲気までしています。


スープのベースは、もちろん”豚骨スープ”。でも、豚骨独特の香りも、実に上品に調整されています。

チャーシュー7
このチャーシュー、脂身の割合が丁度いい。しかも炙ってあるから、その香りが香ばしい。


口の中に入れれば、ハラリと解けます。


洗練された仕上がりです。マニュアルが、よほどシッカリしているのでしょう。


全国展開のお店で、北海道系のラーメン店は、主だったところがことごとく松山から撤退しています。


ところが九州系のラーメン店は、すっかりこの松山に定着された。松山人の口に合ったということでしょう。

煮玉子8
この”煮玉子”・・・・・・フフフ・・・・フフフ・・・・マッタリと美味しい。


燻製にされているのか、やや塩加減がきついけど気になるほどではありません。


ワタシは半熟卵が好きではありませんが、スルリと収まった。


さてスープです。熟成されたこの”豚骨スープ”、どう表現したらいいのでしょう?

麺9
普通の”塩ラーメン”との明確な違いは分かりませんでしたが、スープの味がよりまろやかなように感じました。


如何にも上品に仕上がっていました。ただ・・・・・まあ渡辺徹さんほど絶賛はしませんが。


要は、普通に美味しい、当たり前に美味しい、不満なく美味しい、と言ったところでしょうか。


この細麺も、スルスルスルスルと口に吸い込まれていきます。カンスイを余り効かされていないので、麺に個性があるという訳ではありませんが。

完食10
かくして、かつては苦手であった”豚骨系ラーメン”も”完食”できるようになった。


これは”乱 駆郎”さんのお陰でもあります。ワタシの食の領域を広げて頂きました。ここに、改めて感謝の意を捧げます。(ただし、久留米ラーメンは今もって無理ですが)


珍しく仕事が忙しい時におじゃましました。ですから、周囲を舐め回すように観察する余力はありませんでした。


ただひたすら、空腹を満たすために、普通に美味しくいただきました。この品よく仕上げられたアッサリスープのように、今日のワタシの記事もアッサリ系でまとめました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

次は久留米へ!www

塩こうじ、試されたんですね。
概ね高評価で良かったです(^^)

このラーメンも腰を抜かすほど美味いわけではありませんが、書かれておられるとおり普通に・当たり前に・不満なく美味しいラーメンってのが実は一番愛されていくラーメンになるんじゃないでしょうか。

次は中央通りの松山分校にて、そう感じて欲しいものですwww


く・・・久留米

乱駆郎様
コメントありがとうございました。

訪問は早かったのですが、アップが今になりました。やはり、世界的チェーン店ともなると、味もサービスも絶えず高水準を維持していて、破綻がありませんね。

そうでなければ、全国展開、世界的展開など出来ませんものね。熊本ラーメンを全国区に押し上げた草分け的存在の「桂花」さんも、今やもうありません。

安心して頂ける点では貴重な存在だと思います。

それと、お薦めいただいた立花の「一興」さんも訪問しました。アップは来年1月10日です。このお店、嵌りそうになっています。早く再訪したいと思っています。うーーん、いやはや驚きました。

最後に「く・・・・・・久留米・・・・・ですかあーー」

うーーーーん、道のりは険しいです。山は高いです。海は深いです。川は荒れています。

No title

じゅん様

”味千拉麺”さんの豚骨系ラーメン”も克服されてよかったぁ~
私も豚骨系、ラーメン事態自分から進んでは口にしません。

なぜでしょうか、地元吉祥寺には数多くのラーメンを扱うお店がありますが
麺類の中で、『ラーメン』という麺類が苦手です。


勿論食べたことは今までに、数回程度、主人があそこに新しい店舗がOpenしたと言っては、行きたがるのでたまには、お付き合いで......

たぶん、考えられるのは、あまり美味しくないお店の味が、その後の味覚に影響しているのだと思います。

主人には、味に敏感だと言われますが、世の中の半分以上その辺の事情で食べずに、この年まで生きています(笑)

じゅん様には申し訳ございませんが、私の正直な、我儘な感想ですm(_ _)m

うーーーーん!

ぴんくモッチー様
このような、何でもない食べ物ブログにまでコメント頂いて恐縮です。

私は日曜日以外は毎日アップしていますので、何でもないときはスルーしてくださいね。

さて!えええええ、なーーーんと!「ラーメン」がお好きでない。もちろん、食については何時も書きます通り、百人百色の世界です。どなたにも、何がしか苦手、或いは好きでないという分野はありますね。

ぴんくモッチーさんにとっては、それが「ラーメン」だった!そうだったんですか。
麺類も様々ありますが、うどんにしろ素麺にしろ、蕎麦にしろ、そしてパスタ類にしても、かなり地方によって違いがありますね。ところが「ラーメン」は、ご当地ラーメンこそあれ、一種の国民食だと思っていました。

でも「ラーメン」が好きではないというのも、当然そういう方が多数いらっしゃるでしょう。なるほど!味の世界は広い!そして深いという感慨を新たにしました。

コメント、返す返すも恐縮です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード