fc2ブログ

「再訪 187 焼き肉 井ノ口」・「愛媛グルメ紀行」 641

今日は、伊予市下吾川にある”焼肉 井ノ口”さんの二度目のご紹介です。


最初の記事は、2012年12月3日でした。(「焼肉 井ノ口」・「愛媛グルメ紀行」 429


その時いただいたのは、”チャンポン焼きそば”でした。その時の印象をこう書いています。<”チャンポン焼きそば”は、実にシッカリ味付けがなされています。人によっては”辛い”と感じるかも知れません。辛さの元は、塩味と胡椒。>


<でも、ワタシは好きな味の一つでした。第一、チャンポンのスープで炒められているのですが、そのスープの味が美味しかった。汁沢(つゆだく)の、ちょっと他所では味わえない個性的な味です。>(前回記事より引用)



そこで、次に来る時は”チャンポン”にしようと決めていました。

玄関1
こちらがお店の玄関です。注文しようとメニューを見ていると、店主さんがお水を運んでこられました。


そこで「アノー、国道56号線沿いにある”みかさ”さんとはご親戚ということですが、あのお店の”中華そば”にはモツがいっぱい入っていて個性的な味でしたが、あれと比べるとこのお店の”チャンポン”はどうなんでしょう?」っと、お尋ねしてみました。


すると「ええ、ウチのチャンポンにもモツが入っていますが、あのお店ほど大量ではないし、第一ウチの方が薄いというかアッサリしているというか・・・・」っと店主さん。

メニュー2
「じゃあ、このお店の”チャンポン”お願いします。実は前回来た時にいただいた”チャンポン焼きそば”が随分美味しくて、次に来た時は”チャンポン”って決めていたんです」っとワタシ。


すると店主さん、笑顔で「以前も来ていただいた。それはどうもありがとうございます。じゃあ今日は、”ウチのチャンポン”試してみますか?」っと答えられた。


そして、注文を厨房に通した後持ってこられたのが下の画像のもの。

伊予市料飲組合パンフ3
「お客さんのように、色々食べ歩かれている方にぜひご覧になっていただきたいものがあります」と言って、手渡されたのが上の画像。


「これは、伊予市の飲食店全部ということではなく、”料飲組合”に入っているお店を紹介したマップなんです」っと店主さん。


マップの裏表紙に画像入りで紹介されているお店が18店、伊予市のマップの上に配されて記されているお店が50店掲載されているものでした。


「これはありがたいですね!ここに掲載されている”川崎屋”さんや”味芳”さん、更には”ラーメン館 麺人”さんなど行きました。」っとワタシ。


そこで店主さんと、ひとしきり伊予市の飲食店業界の話で盛り上がりました。

チャンポン4
そこに”チャンポン”が運ばれてきました。他のお客さんも入ってこられたので、店主さんとのおしゃべりを終えて、”チャンポン”にとりかかることにしました。お値段は、何と550円です。


一昨日の”四川の泰”さんのそれが880円、昨日の大洲の”博多之風 大郷”さんのそれが750円でした。それらとは比較にならぬ位に安い。


終戦からしばらくした後で開店されたこのお店や、ご親戚の”みかさ”さん、「安い値段で、栄養のあるものを食べて欲しかった」っと、ラーメンに安い”鶏のモツ”を入れられた。


今は、逆に豚肉よりモツの方が仕入れが高くなってしまったけれど、その当時の意思というか伝統を崩すことなく今でも”鶏のモツ”を使っておられる。

そば5
上の画像が、ご親戚の”みかさ”さんで出しておられる”中華そば”(「中華そば専門店 みかさ」・「愛媛グルメ紀行」 198


みかさ”さんは、これを単に”そば”と掲示してあってほとんどのお客さんがこれを注文されています。お値段は650円でした。


確かに外見はよく似ていました。ただこの画像の”中華そば”、強烈な個性を放っていました。ちょっとワタシは苦手でした。

チャンポン5
それに比べると、このお店の”チャンポン”は、随分優しい味でした。全く抵抗なく、スルスルいけました。


スープがまろやかで美味しんです。具材のメインは、あくまでも大量の野菜です。


野菜の甘さが、スープに出ていて、スープと麺と具材のバランスが極めていい。皆、仲良しなんです。

アップ7
深い器に入っていますから、見た目より量はたっぷりです。


でも、驚くほどスルスル入っていく。”チャンポン”ばかり3店続けましたが、個人的な嗜好で言いますと、このお店の”チャンポン”が一番馴染みました。


しかも、圧倒的にこちらのほうがお安い。飲食店の値段の付け方は、素人では理解できません。

モツ8
この画像が、”鶏のモツ”です。”みかさ”さんほど強烈に自己主張されていません。


オレ様が主役なんだ!”っとばかりに、他を圧倒することなく、皆と仲良く手をつないでニコニコしている風でした。


やはり、食品はバランスなんだな!って納得させられる”チャンポン”の出来でした。

麺9
”は、しっかし腰があって、いい”麺”を使っておられることがうかがえます。


もう夢中でいただきました。量的にはかなりありましたが、アッという間に全部胃に収まりました。


満足しました。ニコニコ食べているワタシの様子を、店主さんが厨房から覗いて笑顔で見ておられました。

完食10
そりゃあ、アッという間に”完食”ですよ。


この3日連続で”チャンポン”を続けました。


気が付かれた方がいらっしゃるかも知れませんが、その3軒の中で、空っぽになった丼を画像でご紹介したのはこのお店だけです。


つまり、他の2店は完食できなかったということです。量的には、このお店が一番多かったのですが、気が付かぬ内に”完食”していました。


”って、正直ですね!




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

このお店はファミリーでやっておられるみたいなアットホームな雰囲気でいいですね。みかさと比べると豚肉が入っているのとあの大量もやしが少なくなっている分とっつきやすい気がします。
本業?の焼肉丼もレタスがしいてあってベニショーガが鮮やかでとっても少欲をそそるのです。

ああ、そうですね

ファットマン様

ああ、そうなんですね!   このお店は、本来、焼肉屋さんなんですね。

昼間しかお伺いできませんので、本来業務の内容を知りません。

でも、昼間のこのチャンポン一つ取ってみても、本来業務の焼肉屋さんの美味しさが想像出来ますね。

ファットマンさんは地元ですから、そううことは先刻ご承知でですね。私がチャンポンを食べている傍で、焼肉のランチを大いに食べている若者を見ました。さて、本来業務の焼肉に挑戦できることがありますでしょうか。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード