スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 100

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2012年)の春頃にアップした298号から300号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2012年5月28日にアップした298番目のお店、東温市横河原で30年を越える洋食屋さんの老舗”マッケンジー”さんです。(「横河原 マッケンジー」・「愛媛グルメ紀行」 298

場所は旧の国道11号線沿いにあって、”水天宮”の目の前です。

玄関1
お店の前と、地下に駐車場があります。お店の席数は概ね40席程度、比較的大型の洋食屋さんです。

このお店の”ウリ”は、この”今日のランチ”と呼ばれるものでしょう。

シンプルというより、上に書いた”今日のランチ”以外のメニューは、このメニュー板に書いてある3種のみ。

ハンバーグ6
”今日のランチ”は、洋食屋さんの定番が3つ並んだ。

ハンバーグ”と”ヒレカツ”、更に”とりから”。一日限定15食とあった。お値段は800円。

近寄ってよく見ると”ハンバーグ”結構デカイ!

ヒレカツ”は、薄かったけど、”とりから”は7個も付いていた。

大盛りとか中盛りとか注文した人の”ライス”は、一瞬腰を引きたくなるほどの量だった。

「そうかこの店は、”デンプン系”で土台を作り、その上に普通のお店の1.5倍ほどのサイズの”たんぱく質系”でヤルお店なのかー」っと。

ハンバーグを食べてみた。それで上のことに更に納得がいった。味が濃いー、ご飯がどんどん食べられるように。

でも、このお店も再訪しません。メニュー数が少ないことと、量がとてつもなく多いからです。


次、二番目にご紹介するお店は、2012年5月29日にご紹介した299番目のお店、東雲町にある”毘沙門天ビル”の2階に入っている新しい麺を食べさせるお店”馳走革命 88”さんです。(「馳走革命 88」・「愛媛グルメ紀行」 299

場所は、歩行町の通りを日赤に向かって北上する道路と、ロープウェイ街の通りを北上した道路が交差するところから、やや南に下ったところにあります。

看板1
このお店が抱えている困難の一つに、ビルの2階にお店があって、そのお店はどんな種類のお店かが分かりにくい点があげられます。

この画像が”毘沙門天ビル”にテナントとして入っているお店の”看板・告知”です。

この看板・告知が、歩いている人にも分かりづらい。ましてや、走っている車からが先ず見えません。

アップ7
シェフお薦めの”濃厚トマトソース”の”まぜそば”なるものを注文した。

温製と冷製が選べるというので”冷製”を選んだ。お値段は680円(内税)です。

ナポリタン風のトマトソースに、蒸し鶏を少し炙ったもの、同じく炙ったレンコン、それに彩り鮮やかな野菜類、一際大きいオクラが目立っていた。

緑・白・赤の縦三色模様は、完全にイタリア国旗の”三色旗”(トリコローレ)のそれです。

「麺は、具材の下にあります。全体を掻き混ぜて食べてください。”まぜそば”ですから」と、シェフ。

非常に面白いアイデアで、味も個性的な美味しさがありました。

ところが、このお店再訪できません。ワタシがお訪ねしてから1ヶ月も経たない内に閉店されたからです。やはり、2階立地という壁は厚かったようです。残念です。期待していました。


今日最後にご紹介するのは、2012年5月30日にシリーズ300番目にご紹介したお店、喜多郡内子町にある老舗中の老舗”片岡食堂”さんです。(「内子町 片岡食堂」・「愛媛グルメ紀行」 300

ここまで、同じお店に複数回お邪魔してお昼を頂いても、アップするのは1回と決めてご紹介してきましたので、このお店が”300店舗目”となります。

しかし、全部違うお店をアップし続けるのは次第に限界に近づいていますので、これ以降は”再訪”したお店もアップして、初回のアップとはまた違った面をご紹介できればと考えています。

玄関1
さて、内子の”片岡食堂”さんです。

場所は、国道56号線内子町内に入ったら、内子の”町並み保存地区”から一本北に入ったところ、県立内子高校正門からは20mほど東にいったところにあります。

メニューは8つ。中華そば系が3つ、うどん系が4つ、後はいなりだけです。お店に入るなり「御そば?」っと、お店の方に声を掛けられます。

このお店に来られるお客さんのほとんどが”中華そば”を注文されますので、お店も心得たものです。

アップ5
これが”中華そば”、お値段は500円(内税)です。

この画像を見て、「アア・・・懐かしい!」っと思われる方は、それなりの年齢の方でしょう。

町の、街の”食堂”の”中華そば”です。奇をてらったところなど何一つない、真っ当な”中華そば”です。

いりこで丁寧にとった出汁に、製麺所から仕入れた普通の”中華麺”、具材は、かまぼこ、す巻き、モヤシ、ネギに海苔1枚です。

メンマもチャーシューもありません。透明なスープ、やや甘めですがスッキリと味わえます。

店主7
これが二代目の女将。ワタシを取り囲んで、過去の談義にふけった。

途中からは、二代目女将のご主人も、そして周りのお客さんもその談義に加わった。

300号”の記念号は、”ワタシらしい記事”の方向をつけて頂いた感がある。

当然にこのお店は再訪しました。しかも、横浜からの”旅人君”と一緒に。愛媛は初めてという”横浜の旅人君”の、たっての要望でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

片岡食堂

おはようございます。

片岡食堂 行きました。
前回の紹介の後でした。

「じゅんさんのブログを見て来ました」と言ったら、
あまり判ってはおられなかったようですけど、
朗らかな奥さんが「宣伝してもらって、うれしい」
と言っておられました。

そうでしたか

せい爺様

そうだったんですか。想像できるシーンですね^^

私が、”横浜の旅人君”のたっての要望で再訪した時も、私の顔は覚えておられませんでした。それはそうでしょう、たった1回行っただけの客の顔と、その時の状況を覚えられるはずもありませんものね。

でも、初回訪問した時にお話した内容を話しますと「ああ~~アノ時の・・・・」っという感じでした。

最近では、若い店主さんの場合、1回だけ行って、再訪が1年後という場合でも、たまに覚えておられる方があって、こちらが逆に驚かされることもあります。

このお店は、私などが宣伝しなくても、あの味と飾らないお人柄の店主さんの魅力で、多くのファンをお持ちになっていますね。^^
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。