fc2ブログ

「再訪 199 ラーメンバル lavrar(ラウ゛ラール)」・「愛媛グルメ紀行」 670

今日は、昨年12月20日にご紹介したばかりの”ラーメンバル lavrar(ラウ゛ラール)”さんの二度目のご紹介です。(「ラーメンバル lavrar(ラウ゛ラール)」・「愛媛グルメ紀行」 650


前回書きましたが、このお店の店主さんのお父さんとの交流を、一気に思い出させて頂いた”衝撃の出会い”の興奮冷めやらぬ中の再訪です。


ワタシが、如何にこのお店の様々を気になっているのかの証のような再訪でした。

玄関1
このお店を今回、実際にお訪ねしたのは1月9日の午前11時35分でした。


このお店を場初めてお訪ねした際には、ワタシは店主さんのお父さんと縁浅からぬ仲でしたので、名刺交換をしておりました。


すると年賀状を頂きましたので、そのお返しの意味も兼ねて年明け早々の訪問となりました。その日は、昼間にも市内で雪がチラつく寒い日でした。

店内2
店内に入りますと、その日のお客第一号のようでした。店主さん御夫婦から笑顔で迎えられました。年賀状にもブログのお礼を書いておられましたから、ワタシのことは覚えておられることは知っていました。


でも僅か30分から40分間顔を合わせただけですし、平凡な顔でもありますから、顔は忘れておられるかな?って正直思っていました。


すると、お二人、カウンターの内側に並ばれて、ぼぼ同時に全く同じ言葉を。「いやーーー、あれって、まるで小説のようでした・・・・・」っと。笑顔こぼれんばかりでした。覚えて頂いていました。


そして創業者”K氏”の長男でもある店主さん「あのブログには、私が知らないことまで書いてあって、驚きましたし嬉しかったです」と。


そこで「年賀状をご丁寧にありがとうございました。年始の挨拶に参りました」っとお伝えしました。

当日のメニュー3
お父さんが始められた”瓢太”さんへは、もう30年以上も前から通っています。


そして、30年間決まって頂いていたのは、あの個性溢れる”中華そば”と”おでん”でした。いつもいつも同じメニューを食べ続けてきました。


しかし、このお店の店主さん(お顔はお父さんに瓜二つと言っていいほど似てこられた)は、敢えてお父さんが創りだした世界とは違った海に漕ぎ出そうとされています。


そこで、30年間で初めて”中華そば”以外のメニューを注文しました。それが画像の”ワンプレートランチ”、お値段700円です。食べてみて分かったのですが、この価格、大変割安に設定されています。


店主さんが”耕そう”としている新しい土壌の味を確かめたかったのです。前回書きましたように、店名の”lavrar(ラウ゛ラール)”は”耕す”という意味のポルトガル語です。

厨房4
この画像は、”ハーブチキン メンチカツ”を丁寧に丁寧に揚げられている店主さんの手元です。


その右側二つの大きな”寸胴鍋”です。先ず胴回りの大きいほうに、麺を湯がくお湯が入っています。


その右手の胴回りが小さく背が高い方には、”ロシナンテのオヤジさん瓢太創業者の”K氏そしてその”長男さん”と、三代に渡って伝わった”秘伝のスープ”が入っています。


瓢太創業者の”K氏”には、口を酸っぱくして「人生どんなことが起こるか分からないのだから、”秘伝のスープ”の味だけは息子さんたちに早く伝えて!」っと言い続けてきたことが、目の前で活きたと思うと、感無量のものがあります。

ワンプレートランチ5
これが、瓢太を経由して生まれたニューウェーブのお料理の一端です。


内容は、”ハーブチキン メンチカツ”が3枚と、”サラダ”と”大根とコンブの煮もの”がワンプレートに収まっています。


それと、”トーフスープ”と、型抜きされた”ご飯”です。


ハーブチキン メンチカツ”を揚げられている時の、店主さんの動作を注意深く見ていました。すると、適温にまで上昇した油の中を、目の詰んだ金属製の網で丁寧に油鍋の中をすくい取っておられました。


夾雑物(きょうざつぶつ=前の揚げカスなど)が残っていますと、油が濁って、綺麗な揚げ上がりの”カツ”が出来ません。

ハーブチキンメンチカツ6
さてこの画像が、メインディッシュの”ハーブチキン メンチカツ”です。丁寧に揚げられていますので、焦げ一つありません。


チキンをミンチ状にして、そこに”ハーブ”類を加え練り込んで、小麦粉を軽くまぶし新鮮なパン粉で包んで軽く揚げられています。


淡白なチキンの味に、自分の個性を込められました。微かなハーブの香りが、上品ながら存在感を主張していました。


下準備を十分になさっていますから、調理し始めてから供せられるまで、心地いいリズム感を感じさせられます。

ご飯とミラネーサ7
なおここで、恐らくこのブログも読んでいただけると思う店主さんに、ワタシからの細やかな”プレゼント”です。


今日頂いた”ハーブチキン メンチカツ”と非常によく似た”アルゼンチン料理”を最近いただいたばかりなのでご紹介しましょう。(「ESCOBAR(エスコバール)」・「愛媛グルメ紀行」 658


これは、1月15日にご紹介した”ESCOBAR(エスコバール)”というお店のアルゼンチン料理”この”ミラネーサ”を日本流に言いますと”鶏メンチカツ”です。パリっと、カリッと揚がっています。


鶏肉を広げて、その両面に塩を振り、更にニンニクとパセリのみじん切りしたものを満遍なく伸ばした鶏肉に摺りこんでいきます。そこが味のポイントです。


そしてパン粉を薄くまぶして、カラリと上げます。アルゼンチンは、元スペイン領でした。アルゼンチンの、代表的”家庭料理”です。


店主さんが漕ぎだした大海で、少しバリエーションを変えればまた違ったお料理として応用できるのではないか?っと思ってご紹介しました。素人のでしゃばりで、失礼ではありますが。ワタシの意をご理解して頂ければ幸いです。


なお、このお料理をいただいた”ESCOBAR(エスコバール)”さん、お断りもなくお教えいただいたレシピを公開してゴメンナサイ。


でも、逆にこのお店の”ハーブチキンメンチカツ”も、エスコバールさんの参考にして頂ければ、望外の幸せです。ワタシの”縁めぐり旅”が、そういう形でつながって頂ければ、本望とするところです。(ワタシの独り善がりの感想ですが)

トーフスープ7
こちらは味噌汁ではなく、チキンブイヨン仕立ての”スープ”です。恐らく”ハーブチキン メンチカツ”との相性を考えてのことだと思いました。


中の豆腐は”絹ごし”を使ってあり、敢えて形を少し崩し”おぼろ豆腐”的に使ってありました。いや、これがまたいい味なんです。


目を細めて、喉を唸らせながらいただいていました。すると、店主さんがこうおっしゃいました。「Hさんに食べて頂くと思うと、ついい緊張してしまいます」っと。(Hはワタシの姓でですが、個人的には”じゅん”さんと呼んで頂いたほうが嬉しいです)

サラダ8
「何をソンナ・・・ただの食いしん坊のオッチャンですよ!でも、瓢太さんに通い始めて初めていただいた中華そば以外のメニューですが、ウーーン、実に美味しい!」っと、顔をしわくちゃにさせながら言いました。


その時の御夫婦の笑顔が印象的です。店主さん、目尻を下げて微笑むお顔は、お父さんソックリ。


そして、その頃になるとお客さんが次々にやってこられて、みるみる内に席は埋まっていきました。平日の、外は雪が舞う寒い日でした。


席がどんどん埋まっていく様子を見ていると、何だか体が暑くなってきました。嬉しくって!

大根とコンブの煮もの9
こちらの”大根とコンブの煮もの”です。いいお出汁が染みていて、薄味なんですが、ウットリする味に仕上げてあります。


元々、お父さんの始められた瓢太さんは、”おでん”の美味しさでも有名で、その中でも”大根”はウリの一つでした。


しっかりDNAを引き継がれていることを、この”大根とコンブの煮もの”に見た思いがしました。

ご飯10
椅子席は全部お客さんで埋まりました。ワタシがカウンター席で長居するとご迷惑になると思って、早々に席を立って勘定を済ませました。


賑(にぎわい)を見せるお客さんの姿を目の当たりにして、玄関から階段を降りるとき、何故か涙が流れ出てなりませんでした。


次から次へと訪れて頂けるお客さんを見て、”安堵の胸をなでおろした”のです。


”Kさん”、貴方の息子さんたちは立派にやっておられますよ!」っと、大きな声を出したかった。


また一軒、素敵なお店との出会い(ご縁)が出来ました。ありがたいと思いました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

何だかベルさんまで、目頭が熱くなって来ましたよ(^_^;)
年を取ると、涙腺が緩くなりますね(笑)

今日は寒さは厳しいけど、素晴らしいお天気になりましたね。
じゅんさんにとって、今日も良い出会いが有りますように・・・(-人-)

そうなんですよ

ベル様
そうなんですよ!私は元々涙もろい人間で、テレビの高校野球中継を見てても、どっちが勝った、負けたかでも涙腺が緩む方です。

特に、様々な経緯に関わっていると余計にホロッとしてしまいます。

人と人の繋がりを大切にしたい私としては、ありがたい出会いでした。

今日は寒さも緩んで、絶好の撮影日和ですね。傑作を期待してお待ちしています。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード