「再訪 202 らーめん 一直」・「愛媛グルメ紀行」 674

今日は柳井町商店街(湊町3丁目)の中にある”らーめん 一直”さんの二度目のご紹介です。


このお店は、2012年6月1日に一度ご紹介しています。(「らーめん 一直」・「愛媛グルメ紀行」 302


ずっと以前から、再訪リストに入れていたお店ですが、何故か?再訪までに時間がかかりました。

松山劇場2
この画像が、ワタシが高校生時代には”妖しい映画館”の跡で、ビルを建てなおされ”松山劇場”をメインとするビルに生まれ変わったもの。


このビルは6階建てで、”松山劇場”はその6階にあります。


但しこの6階以外は、現時点では全て空きのテナントになっていて、寂しい雰囲気が漂っていました。

玄関3
柳井町商店街”自体も、どこか、時代に取り残された商店街と化していて、人通りもまばらです。


このお店はそういう中にあって、開業12年という年月を重ねられ、柳井町商店街の一種の””的存在になっています。


お客さんの層はマチマチですが皆さん常連のようで、このお店に来ればひと通りのモノは揃っていますので、頼りになるお店として健在ぶりを発揮されたいました。

一直メニュー
2年ぶりにお店をお訪ねして、先ず気がついたことは”メニュー”が増えているということ。


前回お訪ねした時は”豚骨らーめん”ほぼ一色で、僅かに味噌らーめんがラインナップに名を連ねていました。


ところが今回は、”豚骨らーめん”に加えて”醤油らーめん”と”塩らーめん”群がラインナップの層を厚くしていました。おまけに、サイドメニューにも力を入れられて、夜、一杯ひかっけながらつまみを、という客層にも対応しておられます。


このお店の進化を見た思いがしました。

しおらーめん4
そこで注文したのが画像の”しおらーめん”です。


このところ、スープが純粋な”塩ラーメン”にすっかりハマっています。スープにどれだけ力を入れておられるか?がすぐ分かります。


ちゃんと”自前の丼”を構えられ、お店のプライドをさり気なく示す。いいじゃないですか!その心意気や良しです。

しおらーめん6
さあて、これが黄金色に輝くスープの”しおらーめん”の姿です。上品で気品すら感じます。


下に、前回いただいた”豚骨スープ”の”一直らーめん”の画像を再掲しましたが、見た目も全く違います。


豚骨らーめんに乗せられる紅生姜に千切りは、”白髪ネギ”に変わっています。ワカメも加わります。


後はチャーシュー2枚と、湯掻いたモヤシとシナチク、刻みネギという具材です。下の”一直らーめん”の盛り付けと比較しますと、随分洗練されました。

ラーメン5
これが前回いただいた”一直らーめん”です。このお店のメインである”豚骨スープ”です。


こちらは乳白色に輝いています。


この時の食後感を、前回はこう書いています。<純粋な”博多ラーメン”ともちょっと違う、独特の雰囲気があります。スープを啜ると、あれマア・・・上品と言うか洗練されているというか。>


そしてこうも書いています。<ストレートの細麺との相性もピッタリ。具材も、それぞれが自己主張しすぎることなく、全員でこの味を支えている、そういう感じの出来具合です。>


もちろんスープも全て飲み干して完食しました。

スープ7
でも、この”塩スープ”の黄金色がかった透明感を見て下さい。思わず見惚れてしまいました。


で、スープ、飲んでみました、啜ってみました。想像以上の上品さ。


豚骨スープ”がパワフルお兄さんとすれば、”塩スープ”は上品なお嬢様でしょう。


魚介の出汁を活かしきったスープでした。

チャーシュー8
チャーシュー”は、脂身が適度に交差し、口に入れればとろけました。


何時も書くことですが、”ラーメン”は、フルコース料理です。スープにサラダに麺、そしてメインディッシュがチャーシューです。


それを丼で一時に味わえるのですから、豪勢ではありませんか。

白髪ネギ9
この”白髪ネギ”が、色合いに輝きを与えているだけではなく、味のバランスに大きな役割を果たしています。


つまり”清涼感”という役割です。和食の世界では”箸休め”というメニューがあります。


”箸休め”の役割は、食事の途中で気分転換や口の中をさっぱりさせるために供されるもので、この”しおらーめん”の”白髪ネギ”がその役割を果たしているという訳です。

麺10
”も、当然に”豚骨らーめん”のそれとは変えてあります。店主さんにそのことは確認しました。


中太縮れ麺で、カンスイが効いていてプリプリです。細かい気遣いが随所にうかがえます。


ややリーゼント髪の店主さん、そのセンスは繊細です。


とことん満足して完食したことは言うまでもありません。豚骨と醤油と塩と、3種の性質の全く違ったスープを用意されて、ほぼオールラウンドにこなされている。


お見事です!


なお、このお店の”白髪ネギ”であるお店を思い出しました。明日は、”白髪ネギ”を見事に使いこなしたお店のご紹介です。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ココは自転車でお買い物に出た時、よく通る道でした(^^ゞ
ちょっと恥ずかしい映画館が有ったので、早く通り過ぎたかったです(笑)
今は家が変わり、町へ出る道が変わったため、もう20年以上通ってません(^^ゞ
角の八百屋さんによく立ち寄ったものです(*^^)v
そう言えば、この道筋にかめやうどんが有ったような・・・
大昔の事なので、もう今は無いかも知れませんが(笑)

今日は素晴らしいお天気になりました。
昨日の桜三里は、北国のようでしたのに(^_^;)

妖しい場所

ベル様

この界隈には、昔どぎつい看板があって、当時高校生の私は「横目でしっかり覗き見」ながら、でもなおかつ足早に通り過ぎた場所です。
(笑)

角にある八百屋さんも古くからありましたね。昔ながらの対面販売を、現在も続けておられます。貴重な街角の風景ですよね。

今日は、絶好の鳥撮り日和ですね。整理するのに悲鳴が上がる位に画像ストックが増えそうですね。でも、吹く風はまだ冷たいです。

No title

こんばんは

ここのラーメンも美味しそうですね!
今度、行ってみます。

いつも、色々なところに行ってらっしゃるんですね!
写真とコメントを見ていると行って見たいところが
どんどん増えてきます。

日課

ふなこ様

このブログは、毎週「判で押したように」、火曜日から金曜日迄の4日間「愛媛グルメ紀行」という記事をアップしています。

週に4日間ということは、日曜日は外出しませんので、残り6日間で記事にするお店を4軒お訪ねしていることになります。

普通のサラリーマンでは、到底出来ないことだと思います。仕事が、ほぼ自分の自由になるという環境だからこそ可能なことでしょう。

定年後の生き方としては、恵まれていると思います。ただ、ワタシの場合、単なる食事ではなく「取材」を目的とした食事です。

これ、中々エネルギーが必要です。継続できるかぎり、頑張りたいと思っております。何時もコメントありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード