FC2ブログ

「再訪 205 川串」・「愛媛グルメ紀行」 677

今日は二度目のご紹介となる、畑寺2丁目にあって焼き鳥のお店で、ランチタイムにも営業されている”川串”さんです。


初めてのご紹介は昨年2013年9月24日でした。(「川串」・「愛媛グルメ紀行」 601


このお店は一回目の記事でも書きましたが、時折コメントを下さる” 四楓院”さんというハンドルネームの読者さんからの情報提供によって知りました。


そして、その時頂いた”ラーメン”が本気で美味しかったので再訪したという訳です。

玄関1
これがお店の玄関。


上に書きましたように、本業は”焼き鳥屋”さんですが、このお店で出される”ラーメン”は真っ当な本格派です。

ラーメン5
これが、前回いただいた”ラーメン”です。どーーーです!端正な姿でしょう。唸りに唸りました。


元々が”焼き鳥屋”さんで、そこから旨いラーメンを出すお店として有名になっていったお店に”おが多”さんがあります。(「おが多」・ 「愛媛グルメ紀行」 196


焼き鳥屋さんは鶏を丸ごと一羽仕入れて、様々な部位に切り分けそれを”焼き鳥”にされます。ところが、鶏を捌(さば)いた後に、鶏ガラが出ますね。焼き鳥屋さんがラーメンの名店になるカラクリはその辺りにヒントがあるのかなって思います。

店内2
店内は、焼き鳥の焼き台をコの字に囲むカウンター席と、小上がりの部屋が2つあります。当然に、営業のメインは夜ですが、ランチにも力が入ったお料理を出されます。


若い男性2人と一人の女性の3人体制でお昼は臨まれています。前回と同様でした。


経営者は別にいらっしゃって、”食育インストラクター”・”美味・安全野菜栽培士”・”野菜ソムリエ”の資格を持ち、自分で畑を持って、お店で出すお野菜の多くはその畑で作っておられるというお店なんです。


”に対する本気さの度合いが並ではありません。

メニュー3
こちらが”ランチメニュー”です。これも前回と同じもの。


そこで、”焼き鳥屋”さんが作る”メンチカツ”を味わってみたくて”メンチカツ定食”を注文しました。お値段は980円です。


前回お訪ねした時は、客はワタシ一人でしたが、今回は若い男性客1人がカウンター席で”ラーメン”と小ご飯を頼まれました。


またそれに続いて、若い女性の2人客が小上がりの部屋に入りました。賑(にぎ)わいを感じました。

メンチカツ定食4
この画像が”メンチカツ定食”です。内容は、ご飯とスープとサラダとメンチカツと漬物です。


先ず、普通のイメージから思う”メンチカツ”と比較して一回りも二回りも大きかった。


メンチカツが2切れに切り分けられているのは、その断面を撮りたいがためにお店にご無理を言って事前に切ってもらったからです。


快く応じて頂きました。ありがたいことです。

スープ5
この”スープ”が、とびっきりの優れものなんです。具材はワカメと刻みネギでシンプルですがスープの味の奥深さ!


鶏ガラを活かしきったスープに、スパイスがたっぷり入っていて個性的な味に仕上がっています。


このスープを一口啜れば、このお店の”ラーメン”が只者でないことがたちどころに分かると思います。


この中に麺を浮かべて・・・・・などと想像を巡らせるだけで楽しい。

サラダ6
なお、この”サラダ”はただただ豪快というだけのものでした。


但し、大根のスティックが3~4本添えられていますが、この”大根”がマア瑞々しいと言ったら。それだけで価値があります。


もちろん、トマトもキュウリもキャベツも新鮮そのものです。経営者思い入れのお野菜だと思います。

メンチカツ8
そしてメインの”メンチカツ”をご覧になって下さい。


半分に切り分けられているのは、私が我儘言ったため。甘辛い香りが漂ってきます。


この画像を見ただけで、ワタシの持論”お料理はお皿をキャンパスにして描いた絵画”という意味がご理解できると思います。明らかに、意識した色使いです。


茶褐色のメンチカツの上に、半熟の卵黄が乗せてあります。ニクイ演出ではありませんか。

断面9
こちらが”断面”です。鶏のミンチに、様々な野菜が混ぜられ、それに刺激的なスパイシが忍ばせてありました。


食べてみました。うーーーーん、さすが鶏の専門家だけのことはありますね。


とお~~ーーーってもジューシーで、スパイスが挑戦的です。鶏肉の旨さを封じ込める為のカツの揚げ加減も絶妙。

メンチカツ正常10
この画像が、このお店の”メンチカツ”の通常の姿です。何種類の食べ方が出来るか?


先ずメンチカツ単独を味わって、オリジナルの味を楽しむ。次にマスタードをちょいと浸けて、その刺激を楽しむ。


更に、半熟の卵黄に箸をいれ、トローーリと垂れる卵黄を浸けて、ねっとりした食感を楽しむ、ソースをたっぷり掬(すく)う、マヨネーズもちょい浸けて、味の変化をとことん楽しむ。


一つのメニューをトコトン味わい尽くせる優れものでした。再訪リストに再登録したのは言うまでもありません。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

今日のメンチカツの美味しそうなこと・・・
不覚にも、口の中に唾液が溢れて来ましたよ(笑)
ベルさんは肉が嚙み切れないので、お肉はメンチカツの方が好きなんです(笑)
このソースと、マヨネーズの絡みも堪りませんね(^^♪

今日は雪の予報が、雨になりましたね、ホッとしてます(^_-)-☆
関東圏の様になったら、困りますものね(*^_^*)

じゅんさんもお仕事が忙しいとか、山間部の車の運転にはくれぐれも、
お気を付けて下さいね。

お早うございます。

ベル様

雪でなくて良かったですね。最近私が仕事をしているものですから、会社の女性陣は「ああ、今日は都合があるからHさん仕事しないで!」って言われます。
どうやら、最近の天候の不安定さは、何時も暇にしている私が突如として忙しくし始めたからのようです。

焼き鳥屋さんだけあって、鶏肉が美味しいです。私もメンチカツは好物です。味が複雑で、これはどういう味なんだろう?ってワクワクします。


さあて、今日も妙に東奔西走です。スリップしないようにしなきゃ。

拉麺・・・凄んごく美味しそう♪

ん~っ♪
視覚的に・・・完璧であろーと思わざるを得ないSHOTですね!
食せる現実が、一重に~羨ましいっ!

愛媛・・・出張の際は・・・是非とも訪れてみたいものですが
一品のみで~終了させるのはもったいない視覚レベルですね~!
関東へ・・・出店される予定~ないのでしょうか?

・・・直感ですが、間違いなく成功すると思われます。

初めてのコメント

聖様
初めてのコメント、ありがとうございました。しかも、愛媛県外の方のようですね。

このお店「川串」さんのラーメンは、記事中でリンクを貼っていまして、画像のラーメンのことは、初回訪問記事で詳しく触れています。

見た目以上に、大変な優れものだと味わいました。このお店の経営者さん、食への取り組み姿勢は只者ではなく、それが味にも見事に反映されていると思います。

ただ直接な面識はございませんので、他県への進出の可能性などは分かりません。私がお訪ねするのは何時も昼間だけですので、そういう将来展望を話す機会がありません。

もし松山にお越しの節は、足をお伸ばし下さい。何でしたら、ご案内致します。

今日は、お目に留めていただいてありがとうございました。^^

楽しく拝見しております

初めまして松山市在住の快釣ともうします。

偶然見つけたじゅんさんのブログ、あれ以来毎日楽しく拝見させて頂き家内と色々なお店に出かけております。

今日のランチは川串さんで美味しいラーメンと地鶏のうま辛定食を頂き満足して帰りました。

次は何処に行こうかと超楽しみでワクワク、これからも色々なお店を紹介してください。

ありがとうございました。

初めての

快釣様

初めてのコメント、ありがとうございました。本当に嬉しいんです。

やや独断と偏見に満ちたブログだと自覚しております。そういうブログを見ていただくだけでありがたいことですが、見ていただいたことを実際の行動に移して頂く。

これ以上の喜びはありません。光栄に思います。
しかも、御夫婦で^^
喜びが倍加ではなく、数十倍加いたします。

私に特別な能力はありません。

ただ、「継続する」ということに関しましては、愚直なまでに、ただひたすら書き続けること、それが私の全てです。

これから先も、マンネリズムという誹りに臆することなく、コツコツと書き続けていくつもりです。

そのことが「 快釣」御夫婦様に取って、何かの一助になれば、これ以上幸いなことはありません。

初めてのコメント、心より御礼申し上げます。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード