「春夏秋冬 創食 飯台」・「愛媛グルメ紀行」 694

今日は来住町、通称農免道路沿いのサークルKサンクスから西に入った田んぼの中に建っている”春夏秋冬 創食 飯台”さんをお訪ねしました。


この目立たない立地で既に10年だそうで、町中の”スカイホテル”にもお店を出されているそうです。


広い駐車場を用意されていて、送迎用のマイクロバスまで控えているお店です。

玄関1
ここにお店があったのは知っていましたが、このお店がどういうお店なのかは知りませんでした。


道路から玄関までが遠いので、敷地に入って中を覗き込むこともできません。


午前11時からお店を開けられていて、私は午前11時15分にお店に入りました。その日の第一号客のようでした。

店内2
店内に入ると、驚きました。おっそろしく大きなお店でした。


ワタシの後に、1階の和室に30名近い若いお母さんのグループが一斉に入店されました。そのほとんどが、まだちっちゃな子供連れ。


2階にも広い席かあって、正午前後には2階にも予約客が埋まりました。何と、70人~80名は収容できるでしょう。

メニュー3
ランチメニューは全部で5種類です。


一番良く出るという”季節の膳”を注文しました。お値段、何と!”1,260円”ですよ。


5種のメニューの内、4種が1,260円。残りの1種は1,575円ですから、逃げようがない。このお店のメニューの組み立ては、飲み物とデザートが予め組み込まれていて、それを頼みたくない”客には優しくありません”。


しかも、”季節の膳”メニューを含めて、そのお料理内容はきちんと印刷されている。つまり、明日来ても同じメニューということでしょう。(或いは毎日、当日のメニュー”として印刷され、お店に表示されているのかも知れませんが、それを再確認する意欲がわきませんでした)


このお店は、毎日お客さんに通ってほしいという考えはないようで、たまにグループで会食するとき、思いついてくれる客を中心にメニュー構成ができているのでしょうか。


このお店お直ぐ近くにある”ダイニングキッチン たゔぇるね”さんなら、このお店のお料理より明らかに質は上で、そしてスープとサラダとメインディッシュで”780円”ですよ!


比較する意味はありません。元々お店が目指している方向がまるで違います。

前菜盛り合わせ4
こちらが”前菜盛り合わせ”と呼ばれているもの。


なお結果的に言えば、どのお料理も美味しくいただいた。但し、お値段が高いのですから、美味しいのは全く当たり前。旨くなければ”金返せ!”の世界でしょ。


それを前提にお料理を考えないと、バランスが取れません。

生ハムロール5
こちらが”生ハムロール”と呼ばれている前菜です。


野菜(ピクルスか?)とチーズを生ハムで巻いたお料理。


こういうメニューは、「まあ、それなりに美味しい」としか評しようがありません。お値段なりです。

海老とブロッコリーのマヨネーズ和え6
こちらも3種の前菜の一つ、”海老とブロッコリーのマヨネーズ和え”と呼ばれているもの。


確かに、間違いなく”海老”は新鮮で、プリプリしていました。


マヨネーズとの相性は、既に中華の世界では常識の範囲です。ブロッコリーについては、特に記述する内容はありません。

魚介のユッケ風7
こちらも前菜3種の内の一つ、”魚介のユッケ風”と呼ばれています。


何かの生魚を、生卵と和えて出されたもの。ユッケ風と言っても、刻み海苔で和風に演出したかったのか?


それともワインビネガーを利かして”カルパッチョ風”にしたかったのか?その意図は、素人のワタシには分かりませんでした。

鰆の香草パン粉焼きガーリックバターソース8
こちらがメインディッシュの”鰆の香草パン粉焼きガーリックバターソース”というもの。


もちろん”鰆(さわら)”は、旬の魚ではありますが、瀬戸内海では多く見かける魚。


身が柔らかいので、一般には”焼き魚”として調理されます。


それをこのお店では”パン粉”をまぶして、フライにされました。アイデアでしょう。大勢のお客さんに対応するには適した調理かも知れません。もちろん、素人考えではありますが。


個人的な好みでは、味付けに物足りなさは残りましたが、それは好き好きの範囲でしょう。

紅茶9
後の飲み物とデザートは、ワタシのように何時もは頼まない者にとっては”夾雑物”(きょうざつぶつ)でしかありません。


言わば、余計な物です。


それを予めメニューに組み込んで、客に選択の機会を与えず値段を稼ぐ。あざといと言えなくもない。

カラメルプリン10
こちらも同じこと。


飲み物とデザートは客の選択に任せて、それで値段を取るのが真っ当な道ではないか!


それ以外に選択肢がないメニューの組み方に、お店の””を垣間見させて頂きました。


その意味では、勉強・経験させて頂きました。


もっとも、この種の経験は”一度で結構だ!”と思いました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はははww
手厳しい♥

ついつい

リンジー様

ついつい、本音がポロッともれます。

もっと上手に書けばいいのでしょうけどね。

その「上手」が書けません。

なるほど

匿名様

匿名でのコメント頂きました。なる程、そういう見方もあるのですね。

一つのご意見として、承りました。

ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード