「再訪 221 松屋」・「愛媛グルメ紀行」 698

今日は本町7丁目にある老舗食堂の”松屋”さんをご紹介しましょう。3回目のご紹介です。


初めてご紹介したのは、2012年2月17日でした。(「松屋」・「愛媛グルメ紀行」 228


二回目は2013年5月24日です。(「再訪 111 松屋」・「愛媛グルメ紀行」 529


またこの日にこのお店を訪問した動機は、ブログ友:”ファットマン”さんの以下の記事でした。(松屋でオムライス(まさかの大盛リベンジ)

玄関1
こちらがお店の玄関です。


ワタシは前前職の仕事の関係上、20代の頃と40代の頃、通算10年間この地域を担当していました。


従って、このお店に出入りしたのは20代半ば。今から40年ほど前です。女将は先代でした。懐かしいお店の一つです。

オムライス6
ですからこのお店に一歩足を踏み入れると、瞬時に時間が遡ってしまいます。


今日の目的は”オムライス”でしたが、出された途端にそれは”セピア色”に霞んで見えました。


何しろこのお店の創業は、”創業明治38年”です。来年は創業”110周年”の節目を迎えるお店なんです。

店内2
さて、時間軸を現在に戻しましょう。


これが現在の店内の様子です。女将と女将のお姉さん、お姉さんのご主人の3人でお店を守られています。


お姉さんのご主人は元々寿司職人、また女将のお姉さんが調理師です。 

ショーケース3
お店の玄関を入ると、画像の”稲荷”と”巻き寿司”ケースが置いてあります。これが売り切れて残りません。


ワタシがお店に入って、このショーケースをiPhone5で撮っていると「アレアレ、まあ懐かしい。前回来たんは、昨年じゃったかなー。元気やった?」っと女将。


そして写真を撮っているワタシを見て「そういえば、最近急に店に入ると写真撮る人が増えてね!あれって”ツイッター”とかに出すんやろ!」っと。


「ウンウン、ツイッターの人とか、ワタシみたいにブログの人とか色々おるんよ!」っとワタシが言うと「そう言えば、お陰で最近お客さんが増えたんよ”!」っと女将。

巻き寿司4
これがこのお店の隠れたる名物、但しこのお店をよく知っている人にとってはよく知られた名物の”巻き寿司”です。


寿司職人である、お姉さんのご主人が巻いて切り分けておられます。売り切れている時は、注文すれば巻いていただけます。


ワタシのような世代には”巻き寿司”は”ハレ”(めでたい日)の食べ物で、子供の頃は、お祭りと春の遠足、そして秋の運動会にしか食べることが出来なかった。もちろん母の手作り。


だから、松山で社会人になった時”巻き寿司”は買って食べることができる事に気が付いて、それ以降松山の名だたる”巻き寿司”を買い漁って食べました。(寿司屋の巻き寿司を除く)

巻き寿司5
先ず、個人的に”松山一美味しい!”っと思うのが、堀江港にある”みなと食堂”さんのそれです。喉掘って言います。


また、”松山一甘い!”っと思うのが、ここ”松屋”の画像の巻き寿司。これは半本分で、お値段350円。


具材に、かんぴょう、三つ葉、椎茸、でんぶ(海老のそぼろ)、海老のすり身入り卵焼き(?)です。食べてみる価値十分だと思います。

オムライス7
さあて、目的の”オムライス”です。今までこのお店では”オムライス”を注文したことがありませんでした。


ファットマンさんの記事に接しなければ、恐らく生涯食べることはなかったと思います。ワタシは気に入ったメニューが出来ると、同じメニューを何十年でも続けて食べるタイプなものですから。


ファットマンさんは、普通サイズを食べてみて”大盛り”の量に興味がわき、リベンジするための後日”大盛り”に挑戦されたと。大盛りは150円増し。なお”中盛”は100円増しだと記事にありました。


ワタシは、普通盛りでも自信がないので、「ご飯少なめでお願いします!」っと注文して出てきたのが画像のもの。「クス」っと笑ったのは、このお値段、普通650円のところを100円引いてくれて550円でした。


「大盛りはなー!150円増しやけど、ご飯は二倍の量が入っとるケン、お得なんよ。それでな、と言っても、ご飯半分やないで!ちょこっと減らしとるだけヤケン!」っと女将。

オムライス8
確かにレストランで食べるオムライスではない。間違いなく、街の食堂でいただく”オムライス”でした。


「上に掛けてある”ケチャップ”あるやろー!これなー、トマトだけで作っとる特別製なんよ!えーーーっと、長野県やったかなーー・・??何処やったかは忘れたけど、トマトが出来る時期だけに作っとって、それを取り寄せて使っとるんよ!ジャケン、酸っぱくなかろー?」っと女将。


なるほど、そう言われればワタシの苦手な酸っぱさが弱いような・・・。チキンライスを包んでいる卵のガワが香ばしい。

断面9
オムライスの中身は、”愚直”な程の”チキンライス”でした。こちらは、普通の市販のケチャップを使われている。


でも、コレだって懐かしくって。レストランでナイフとフォークを使って上品に食べる、アレとは別種の食べ物ですね。


香ばしく焼かれた卵のガワと一緒に口に運ぶと、ケチャップの酸味が和らげられてちょうどいいバランスになっています。

チキンライス10
しかもチキンライスの中身です、鶏肉がまあコレでもか!っと言うほどゴロゴロ入っています。


原価率を落として儲けようなどとは、恐らく一度も考えたことがないに違いない。これが、街を支えてきた”食堂”なんです。手を抜いていたりすれば、100年以上も継続できるはずがありません。


勘定を払うとき「最近、仕事忙しいン?」っと女将。「そうよねー、この年になって仕事の注文が急に増えてね。でもね、声が掛かりよる時が””よ!っとオモーーテね」っとワタシ。


「そうよそうよ!私ら3人の平均年齢、70を越したけどなー、3人の体が動く間はこのお店続けたいおも~てな、頑張りよるんよ!」っと。


お互い、頑張れる間は頑張ろな!」と言葉を掛け合って、お店を出ました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

微笑ましい会話に、笑みが溢れる朝でした(^_-)-☆
今日は雨で、気持ちも身体もゆったり・・・
こんな日は、普段やれない事をするんです(^^♪
今から主婦パテシェとなります。

主人に頼まれ、元会社の若い子におやつの差し入れをするので、
りんごのケーキを焼いて欲しいと言って、スポーツ・ジムへ行ってしまいました。

若い子からのリクエストです、焼くしか無いわね(笑)
主人現役中は、月末によく焼いて持って行ったものです。

先週その若い子達が集まって、キャンプをした時主人は招待され、
そのお礼です、もう会社を辞めて4年経ちましたが、未だにイベントには、
声を掛けてくれます、嬉しい事ですね(^^♪

そりゃあ嬉しいでしょう!

ベル様

おはようございます。生暖い日で、しかも雨。これじゃ「鳥撮り」の出鼻挫かれるでしょうね。

そうですか!若い方に「りんごのケーキ」を焼いて差し入れ!凄いですね。そうか!主婦歴も伊達じゃありませんね。

しかもご主人、現役引退後も若い方に呼ばれるなんて、羨ましいし、素敵ですね。そりゃあ、嬉しいですよね。若さを保つ秘訣は、ジムだけではなさそうですね。

No title

ブログに紹介されたおかげで新規のお客さんが増えてくれたら、ブロガーさんにとってもうれしいことですよね。「マチボン」でも紹介されましたし、ますます人気が高まるんじゃないでしょうか。いつまでもお元気で頑張っていただきたいです。

ここのオムライスで小にしてくれという人はあまりいないと思われ、奥さんはとっさに思いついて100円引きにしてくれたのかもしれませんね。
そういうマニュアル通りじゃない人情味がこのお店の魅力だと思いますね。

松山一甘い巻き寿司はいまだ未食です。今度行ったら持ち帰りにして家でみんなに食べさせようかと思います。

一世紀

ファットマン様

お陰様で、このお店で初めてオムライスを食べることができました。ご紹介頂かなければ、オムライスを注文することはなかったでしょう。

このお店自体が、一世紀に渡って営業されている貴重な老舗ですので、ブログというより、この時の重みが見直されているのだと思います。

それと、もう一点お礼を言っておきたいことがあります。
この28日で700号を越えますが、それを機に、今まで4回しかアップしないと決めていた自分の枠を取っ払い、お気に入りのお店にも協力いただこうと思うに至りました。

その第一号店に選んだのが、昨日ツイートした堀江の「みなと食堂」です。実はそこでも、老舗のオムライスを食べて新しい発見をしました。
その2番手に、と考えていたのが「麦わら」さんでした。また来週辺りにお訪ねして蕎麦を楽しんでみたいと考えている所です。

それもこれも、ファットマンさんの情報が元になっています。感謝の極みです。ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード