スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「過去記事を振り返る」 19

今日のお話も、ワタシが不動産業界に入ってまだ駆け出しの頃のお話です。この時代のお話は、暫くつづきます。


「<サービス>の質」 (2010年3月10日掲載)



あるビジネスホテルに何度か泊まったことがあります。


初めて宿泊したとき、朝刊サービスの希望を聞かれたので「○○新聞」と答えておいた。

当然、翌朝のドアの隙間から指定した朝刊が入っていました。

驚いたのは二度目に泊まったときです。

今度は朝刊サービスの希望は尋ねられませんでした。

ところが、翌朝のドアの隙間には「○○新聞」がちゃんと差し入れてあった。


前回宿泊して1年以上経過していました。

それからも、1年1回程度宿泊する機会がありましたが、同じ朝刊サービスが続きました。


後で調べると、そのホテルの顧客データベース活用は、ホテル業界でも草分けとして有名とあった。

朝刊サービスのデータベース化だけではなく、全ての苦情もデータベース化されていて、”サービスの質”の向上に余念がない。

しかし、これは競争が厳しいホテル業界としては当たり前のことでしょう。


ところで、自家製麺で有名な、松山では数少ない東京ラーメンの名店は「闘牛」というラーメン屋さん。

このお店がまだ花園町にあったころ、評判を聞きつけて初めて食べに行きました。

私好みの“アッサリ系醤油ラーメン”です。

出されたラーメン、評判に違わぬ(たがわぬ)美味しさに舌鼓を打ちました。

闘牛ラーメン縮小
ただ、スープは全部飲み干しましたが、具材の中の”カイワレ”だけは残しました。

あまり好きではないからです。


その後3度目に食べに行ったときのことです。

出されたラーメンに”カイワレ”が入っていませんでした。同行した友人のラーメンには入っています。

闘牛卵ラーメン縮小
そうです、そのお店は”3度目のワタシの顔と好みをもう覚えていた”のです。

名店とはこういうものだと、唸らされました。


さて、このお店の東京ラーメンの味を堪能させたくて、同僚の女性職員3人を誘って食べに行きました。

途中の会話は、ワ・タ・シ・イチオシ東京ラーメンの“アッサリ系醤油味”の話題で盛り上がったのは言うまでもありません。

ワタシは黙って座っても”醤油ラーメン”が出てきます。

店員さんが3人に「何になさいますか?」と尋ねた。

すると、女性社員3人は、一斉に言った。


「味噌ラーメン!」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
これは、いろんな意味で面白い話ですねー。
いわゆる食通のグルメ話なんて、その時々で食べたい物の前では無力だなーとも思いますし。
やっぱり女の人は強いなーとも思います。男の人ならとりあえず顔を立てて、食べたくもない醤油ラーメンを食べるような気がしますよね(笑)。
朝からニヤっとしてしまいましたよ。

女性は

ファットマン様
本稿のテーマは「サービスの質」と言うことで書き始めて、そのサービスの質とは相手に対する気配りだ!と書こうとしたんですよ。

丁度そういうタイミングで、当時の女性の部下3人から「お昼に美味しいラーメンを食べたい」と ねだられたんです!

こっちは張り切って本格東京醤油ラーメンの講釈をして、全員で盛り上がって駆け付けたんです!

するとこうだったんです。余りに激しいショックを受けて放心状態。さっき迄の話しは一体何だったんだ!と


女性を御することは不可能と言うお話です!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。