「過去記事を振り返る」 23

今日のお話は、ワタシがまだ”若き時代””のお話です。


「東京→愛媛 1,000km(前編)」 (2010年4月12日掲載)



私がまだ”大学生の頃”のお話。


私が大学生時代、”東京の江戸川区小岩”から、”自転車”で東海道を下り、”小豆島”を経由して郷里の西予市(当時は”東宇和郡野村町”)に帰ったことがあります。

自転車
大まかな径路は、国道1号線→国道2号線→国道196号線→国道56号線と、瀬戸内海は船で渡って帰りつきました。

まだ、本州と四国に橋などかかっていなかった時代です。

日本地図
夏休み、7日間の”冒険旅”です。

今日と明日は、その古い思い出話。



1日目は湘南海岸の”茅ヶ崎”で野宿。

2日目は”箱根峠”を越えて、”沼津”のお寺に泊めてもらいました。


夕食もお風呂も頂き、お堂の真ん中に布団を敷いて寝かせてもらった時のことです。

1日に120km~150km位走ります。

体は疲れていますので直ぐに寝入って、夜中に足音で目が覚めました。


お堂の板間をすり足で”布団に近寄る人影”に気づいたのです。

深夜ですから、板間の「ミシッ!」という音だけが妙に大きく響きました。

人影は、手に”蝋燭”(ろうそく)を持って、私に近寄ってきました。

蝋燭
あ・あ・ア・ア・・」緊張で体が縛り付けられたように固まりました。


私に気づかれまいと、息音すら殺して近づいてきました。

恐怖感で汗が噴出していました。こちらも息が出来ません。


人影は私の枕元までくると、ピタッと立ち止まり、ソーッと手を伸ばしてきたのです。

後ろ向きに寝ていましたが、背中の気配で手が伸びたことを感じ取りました。


そ・し・て、次に、足音は 次第に 遠ざかっていったのです。

緊張感がどっと解れた(ほぐれた)その瞬間です。



枕元に「プーン」っと。

蚊取り線香”の香りが漂ってきたのは。

蚊取り線香







にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お早うございます♪

読んでて、ちょっと背筋が冷たくなりましたが
最後の二行で、心が温かくなりました(o^-^o)

今日も暑い一日となりそうです(汗)
でもこの炎天下に出かけたくなる私って・・・

バカ?

こんな日に

ベル様
今日は、今年の夏には珍しい真夏日になりそうですね〜!
でも、暑さも何のその!ですね。

とにかく、追っかける。カワセミはもちろん、草花などの自然相手に。
これって、体力と気力と好奇心の三拍子が揃わないと出来ません!
ほとほと敬服します!

とと、東京から自転車で!?

人は誰しも若い頃、自転車で旅に出るんですね…
まだ少女の頃に友達と、久万に住む恩師の家まで自転車で出く壮大な計画を思い付き、志し半ばにして砥部に自転車を乗り捨ててバスに乗ったことを昨日のことのように思い出しました。帰りは、恩師のお父さんのトラックの荷台に自転車を乗せて帰りましたっけ…

それにしても東京から愛媛まで自転車で。あの深夜バスで揺られただけで床ずれみたいになる距離をよくぞ…
天晴れでございます。

お坊さんと青年の、めくるめく禁断の一夜を期待した外道な私をどうかお許し下さいませ。

椅子から

読女様


ムムムム・・・・・・思わず、椅子から転げ落ちました。イテテテ・・・・腰をしたたかに打ってしまいました。

そちらの方に、想念がにじり寄りましたか。^^
ちょっと想定外だったので、椅子から落ちるという不覚を取ってしまいました。
そうならなかったのは、恐らく私が、Bi青年ではなく、Bu青年であったからでしょう。^^

ところで、私には「自転車帰巣本能」があったようで、自転車での冒険は、小学校4年生のの時が初めてでした。

夏休みに、当時の東宇和郡明浜町狩江というところから、おばあちゃんが住んでいた野村町まで、約30Km~35Kmを、子供用自転車で帰ったことから始まりました。両親の通報で、地元警察が各所に検問を設けていたのを、かいくぐって無事到着。途中で「野福峠」を、子供用自転車を押して、越えました。

2回目は、高校1年生の夏休み。私は親元を離れて松山に下宿していましたから、松山から、長浜町⇒八幡浜市⇒三瓶町⇒東宇和郡明浜町狩江まで、約90Kmを走り、その夜は狩江の同級生の家に泊めてもらいました。
翌日は、小学生の時に通った道を全く同じコースで野村町まで帰り着きました。合計130キロを2日間で帰った訳です。

そして3回目が、記事に書いた、東京⇒野村町だったのです。大学1年生の夏休みでした。

1年生の夏休みが危ないのです。^^

禁断というより、親からは「禁輪」宣告を受けていました。^^
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード