fc2ブログ

「過去記事を振り返る」 27

今日も、仕事を初めて間もない頃のお話です。


「<白髪>って」 (2010年5月12日掲載)

男性用白髪染めで最近注目されているのは、花王の「サクセス ステップカラー」だそう。

男性用白髪染めはホーユーの「メンズビゲン」が80%の市場を独占しているが、花王はそこに大きな風穴を開けた。
開発までに9年かかったそう。

ポイントは自然成分の「メラニン」を生成する技術を、酒造メーカー月桂冠と共同開発したこと。
ところが、天然成分である「メラニン」は従来の商品の様に、一度では染まらない。

ここで研究担当者は、3年間、白髪の男性に街頭で片ッ端からインタビューし、白髪男性の心理の奥底に迫った。

「白髪男性がなぜ白髪染めを使わないか?」

すると「ある日突然黒々と染まった髪では、一発で白髪染めを使ったことがばれる。余りミエミエは嫌だ」という。
しかし、若々しく見られたい気持ちは根強くある。ここにヒントがあった。

真っ黒に染めたくない男性へ」という商品コンセプトが固まった。

一回では染まらないという「新技術」の弱点を逆に利用した。

2週間で5回の使用で白髪が目立たなくなる。
決して黒々とはならない。

ということで、実はトホホのワタシも4ヶ月ほど前に使ってみた。

2週間で5回使用の用法をきっちり守って。

自分で観察したところでは、確かに髪は黒くなってきていたンです。

ところが、トコロガ、なんです・・・。

事務所でも家庭でも、誰も気が付いてはくれませんでした。
1週間だけ反応を待ちました。

でも、ムダでした。

その夜、風呂場の排水溝に残った商品を「ソッと」流しました。

白髪


かくして、現在はキッパリ白髪デス!



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ふふっ、ベルさんは自然のままに・・・
昔母の髪の毛を見て、真っ黒な髪は年を考えたら不自然よ、
一年間我慢して、白髪に戻しなさいとアドバイス(笑)

一年で白髪の老婆になりましたが、淡い色の服や、可愛い色の
帽子が似合うようになって喜んでましたよ。
同じ血を引く娘の私、やっぱり自然のままを選択しました(^^)v

そうですよね

ベル様

今、改めて思います。仰るように「自然が一番」だと。

体の一部だけが年をとらないって、却って不気味かも知れませんものね。

それ以降、一切アンチエイジング的なことは放棄して、ありのままで過ごすことに徹することにしました。

それに、この記事を書いた当時に比べて、「年をとるのって悪いことではないな!」って思うようになりました。逆に年をとったほうが良い場合も多いですし、年をとならきゃ分からないことが多いことにも気が付きました。

少なくと好奇心とちょっとした行動力さえあれば、自分らしく生きられるな!って自信さえ生まれているこの頃です。^^

綺麗な白髪じゃないですか~♪
もし、老化現象が白髪じゃなくてハゲで出てたとしたら、どうされてたでしょうね(^∇^)

絶句

読女様

・・・・・・・・・・・・・。それは・・・・・・・・・。

読女らしからぬ、意地悪な質問ですね!

さて、私が頭全部が顔だったとしたら・・・・・読女さんはいかがでしょう?^^

思い通りでないものが失敗とは限らないんですね。何処かのメーカーのマットレスも絡まった釣り糸が開発のきっかけだというし、貼ってはがせるメモも、配合ミスかなんかで粘着力の弱い糊ができたのがきっかけだとか。

じゅんさんと年の近いうちの父は、早くから髪が薄くなり始め…。
世の娘さんたちは「大きくなったらお父さんのお嫁さんになる」と言って父親を喜ばせると言いますが、
私は「大きくなったらお父さんにア○ラ○スのかつらを買ってあげる」と言って悲しませたそうな。
結局買ってあげてはないのですが、もし父の髪が増えることがあったらちゃんと気づいてあげようと思います(笑)

ウムウム

くく様

今日のお話は、考えさせられますね。製品の話でも、失敗作から全く別のアイデアが生まれて、新しい機能が生まれることは確かにありますね。

それと同じで、人生に於いても、世間一般で「功成り名遂げた」人が、本当に幸せに思って生涯を閉じることが出来るかどうか?それは、どうやら一概には言えないようですね。

人に誇るべき業績や世評を受けたわけではないけど、子供や孫に囲まれて笑顔でそう出来る人は多いこと。

そうしますと、髪がどうだとか、背が高いとか低いとか、そういうものに囚われる方が可笑しいのかも知れませんね。私の場合、あの時たまたま悪魔が囁いた(笑)、或いは黒黒とした髪への好奇心が湧いていた。

ところが、「なんだ!余り変わらんじゃなっか!!!」って思って我に帰った。

その中から、今日様々な見方、考え方についてコメント頂きました。これって、花王の「サクセス ステップカラー」効果ではないか?あれは無駄ではなかった(笑)って、今思っているところです。

お父さんだって、「余計なことせんてええ。それよりハヨ、孫を抱かせろ!」って思っておられるのではないでしょうか。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード