「愛媛グルメ紀行」を振り返る 127

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2012年)の初秋頃にアップした379号から381号までのお店です。


先ず最初”に振り返るお店は、2012年9月20日にアップした379番目のお店、余戸中6丁目、伊予鉄郡中線沿いに走る県道松山松前伊予線のゼットワイ余戸店内にある”ラーメン ちんどん屋”さんです。(「ラーメン ちんどん屋」・「愛媛グルメ紀行」 379

場所は、郡中線余戸駅近くでフジが運営する”ゼットワイ余戸店”の1階です。

玄関2
ここに開店してもう10年を過ぎましたから、この施設のテナントの中でも最古参の一つのなりました。

お客さんの層は、近隣の家族連れやサラリーマン風のお客さんが中心といった”家族的雰囲気”のお店です。

ラーメン6
メニューには、トップに”ちんどん特性ラーメン”の文字が。それを指差して「これをお願いします!」と。お値段780円(内税)です。

スープ(鶏ガラと少々の豚骨からとった)の中の麺の上に、実に様々な具がはいった、トロミのある茶色の餡がかけてある。

「味に深みがありますね。しかも、スープの甘味は、これは野菜から出た甘味ですね?」とお尋ねした。

「この上の廻し掛けられた餡のトロミの具合が絶妙ですね!濃くなりすぎず、かといってサラリともしていない。多様な具材の旨味を全部この餡が吸収していて・・・・これは旨い!」と、ワタシ。

従ってこのお店は”再訪しました”。これからも、折を見て再訪すると思います。


二番目にご紹介するお店は、2012年9月21日にご紹介した380番目のお店、旧56号線、現在の県道松山松前伊予線沿いの、伊予鉄郡中線余戸駅近くにある”御食事処 りつりん”さんです。(「御食事処 りつりん」・「愛媛グルメ紀行」 380

もうこの地でお店を開いて36年になります。(記事掲載当時)

玄関1
こちらが、お店の玄関。すぐ裏を、伊予鉄郡中線の電車が通っています。

この地で、女手一つでお店を支え36年間も続けてこられたのです。頭が素直に下がります。どういう業態であれ、女手一つで30年を越しての営業、並大抵のことではありません。

うどん上4
お店の名前が冠してある”りつりんうどん”を注文した。

ところが、女将「え?りつりんうどんにしますかー??だったら”鍋焼きうどん”の方が食べやすいと思う」と、意外な答え。

その内容はよく分からなかったので「じゃあ”鍋焼きうどん”お願いします」っと。

それで”鍋焼きうどん”、お値段600円(内税)のお味?わざわざこのお店に来て食べなければならないほどのものではなかった。でも、女手一つで36年やってこられている、それだけで十分ではないか。

なおこのお店は”再訪しません”。わざわざ再訪して、何かを確かめてみたいという気にはならなかったからです。


今日最後にご紹介するのは、2012年9月24日にシリーズ381回目にご紹介したお店、森松町、旧国道33号線、現在の県道久谷森松停車場線沿いにある小さくて超個性的なお店”Lindsay's(リンジーズ)”さんです。(「再訪36 リンジーズ」・「愛媛グルメ紀行」 381

松山から旧道で森松町に入り、重信川に架かる”重信橋”を渡る直前の、道路の西側にお店があります。

玄関1
こちらがお店の玄関。

とっても小さなお店ですし、松山市内から来てもお店は県道からやや奥にあるので、お店らしき建物が見えてもそこがどういうお店かを知っていなければ、先ずは入らないかもしれません。

このお店は、知っているお客さんがわざわ訪ねてくるお店です。

ソテー3
「今日のランチは”ポーク&フィッシュのソテー”よ!魚は余りモンやけど、それでいい?」

何しろこのお店、メインディッシュと玄米御飯の他に、汁物と飲み物を付けて600円。場合によってはデザートまで付く日がある。

「これで600円って経営になってる?」っとワタシ。すると「ウン、危機なんよ!」っと素直。

「ジャケーン、野菜類は全部自分が作ってそれを出して、買うのは肉と魚と調味料類くらいかな?」と、実にあっけらかんと笑い放つ。とっても豪快に。

当然にこのお店は”再訪したい”ですね。まだまだ目が離せない、超個性的なお店の魅力に満ちていますので。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード