「喫茶 お好み焼 グリーンハウス」・「愛媛グルメ紀行」 761

今日も昨日に続いて、仕事の谷間となりました。そこで、行きつけのお店”フォンターナ”の店長さんと、スタッフの”Kちゃん”のお薦めで、別府町にある”喫茶 お好み焼 グリーンハウス”を訪問しました。


なお”別府町”(べふちょう)という町名の由来は、昨年”松山の地名町名由来”シリーズで触れております。(「松山市の地名・町名由来」・ 「別府町」 5


場所は”味生小学校”前の通りを、新田高校の方に北上したところにありますが、紹介がなければ通り過ぎていたと思います。

玄関1
お見の前には3台しか車が置けません。近くで車を停めて、駐車スペースが空くのを待ってお店に入りました。


看板に”お好み焼”の文字は見えますが、店構えは完全に”喫茶店”です。しかも、ワタシが若い頃多かった形態の喫茶店です。


駐車場の余裕から言えば、昔からの常連客で支えられているお店ではないかと見ましたが、その内容は後ほど。

メニュー2
お好み焼き”を注文する予定でしたが、そばやうどん入りだと残してしまう恐れがありますので”ミックス”を注文しました。お値段は600円です。(内税)


勘定を払うときに「内税ですか?外税ですか?」っとお聞きしますと「内税です!」っと。


そしてこう付け加えられました。「30年以上、店やっとるけど、今回初めて値上したんよ!30円だけ!」っと。細やかです。

ミックス3
このお店は客席に鉄板はなく、4枚も焼けばいっぱいに溢れる厨房内の小さな鉄板で全てを焼かれます。


お客さんへの提供は、事前に鉄板プレートをガスコンロで熱しておき、注文の料理が出来上がるその熱々の鉄板プレートに乗せて客席に運ばれます。もちろん、熱々をフファフファ言いながら頂くことになります。


この画像は女将さんにお断りを言って、厨房の中にちょっと入り込んで撮したもの。


注文した”ミックス”には、豚・エビ・イカが入っていますが、それらの具材が乗ったばかりです。

返した4
「これは”三津浜焼き”ですか?」っとお尋ねしますと「その”三津浜焼き”ってどういうんか知らんノヨー!まあ普通の”お好み焼き”ヤネー!」っと。


つまり”関西風”ではありませんので、”広島風”に近い。この地域に一番多い”お好み焼き”でしょう。手慣れたヘラ捌きです。


お店にはポツポツと、でも途切れなくお客さんが入ってきて注文が続きます。皆さん、我が家の台所代わりのようにリラックスされています。

ミックス焼き5
これが焼きあがった”ミックス”焼きです。「このお店は、ワタシが知っている人が高校生の頃に出来たとおうかがいしました」っと話を向けました。


すると「ソウヨネーー、もうお店開いて30年以上経つケン、その人って、もう”いい加減な年”になっとるヤロー!」っと。


「ええ、確かに”いい加減な年頃”になられています。ということは、このお店、若い頃このお店に通っていた客が、今度は子供さんを連れて通うという様子なんですね?」っとワタシ。

ソース掛け6
「ウンウン、そーそー、ソレヨ!この前なんかねー、ある常連のご夫婦が何時もの様にお店に来てくれて食べてタンヨー!    丁度そこにね、何時も来てくれている若いカップルが入ってきたんよー!」っと女将。


「するとねー、2組のカップルが、”アレーーー~~!”って、同時に声上げたんよ!年上の2人が、ナンヤ!お前たちは?」っと。


「ソウナンヨ!その2組は親子やったんよ!お互い、この店来てるって知らんかったみたいで。それが偶然この店でかち合わせすることになって・・・・」っと。要は、そういうお店なんです。

断面7
このお店の”お好み焼き”は、その出汁がやや緩く、それが特徴となっているようでした。一種”もんじゃ焼き”の雰囲気と味がしたような。


でも、その”出汁”がすこぶる美味しい。また予め掛けられているソースもスパイシーで!女将さんの勧めで、マヨネーズとソースを追加し、そこへ”一味”をタップリ振りかけました。すると、とーーーっても、刺激的に美味しくなります。


小さなテコで切り取りながら、フーフーと息を吹きかけながら、熱々をいただくときの幸福感!いいですね。

こんにゃく8
食べている途中で、このお店を薦めてくれた”Kちゃん”の、更なる”オススメ”を思い出しました。それが画像の”こんにゃく”です。


早速探し出しました。アッタ!   そこで女将さんに「このお店薦めてくれた人がね!お好み焼きの”こんにゃく”が美味しいケン、ぜひ味わってみて!って言われてたんです」と伝えました。


すると「ウンウン、その食感がね!コリコリプリプリしてて面白い!おも~~たケン入れとるんヨー!じゃけんね、”こんにゃく”多めに入れてくれ、ユーーお客さん結構おってね、その人には多めに入れてあげるんよ!」っと屈託がない。

完食9
などと、調理の邪魔にならない程度にお話をしながら食べていると、アッという間に”完食”していました。


そしてちょっと後悔しました。これなら”そば入り”でもイケたのに!って。


特別喉掘って美味しい!って、震えるほどではありませんが、お店の中を滔々(とうとう)として流れる時間を女将さんと共有しながらいただく”お好み焼き”は、それはそれで格別でした。

布袋様10
さて、この画像ですよ。”フォンターナ”のスタッフ”Kちゃん”が、ワタシに喉掘って言ったんです。これは、このお店の前を通る道路より、一本西側を通る”県道砥部伊予松山線”沿いに見える”布袋様”(ほていさま)です。


「私、あの道路通ってあの笑顔見る度に、”ああーじゅんさんやー!じゅんさんがオルーー!”って思うんですー!!」とはスタッフ”Kちゃん”の弁。


布袋様”は、日本では”七福神”の一人で、肥満体のあの体と笑顔は”広い度量や円満な人格”を表すとされ、布袋様が何時も持っている袋は”堪忍袋”です。


「あやかりたい、アヤカリタイ!」っと思いました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お店の名前…

「グリーンセンター」ではなくて
「グリーンハウス」ではないですか?
看板にはグリーンハウス、と見えるのですが(^^;;

じゅんさん、こんにちは(^-^)
我が家から比較的近いお店ではありますが
お邪魔できてないお店の一つです。
学生が多いところでもあるので、きっと人気高いのでしょうね(^-^)

あれれれ!

みゆ様
あれれれ〜ーー!やっちゃった!

本当ですねー!間違っています。ご指摘ありがとうございました。
冷や汗がドッと出ました。

出先で、iPhoneしか持っていませんが、早速訂正します。感謝感謝です!

画像ではミックスは600円と読めますが。安いお店だけに100円の違いが気になります(笑)。

あれれー!

ファットマン様

あれれー、またやっちゃった!!

同じ記事で、2ヶ所も間違いが。しかも、店名と値段を間違えるだなんて、自分で自分が信じられません。

間違いなく600円ですね。さっそく、訂正します!!

ありがとうございました。助かりました。^^
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード