スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お詫びとお知らせ」

おはようございます。

日曜日を除く、毎朝午前7時にずっと「じゅんのつぶやき」をアップしてきました。

本日は、レギュラーのブログを一日お休みして、私のブログを読んでいただいている全ての方に「お詫びとお知らせ」を申し上げます。

最近の私の「ブログ」上で、様々な混乱が生じており、そのことで実に多くの方々にご不快な念や、疑念を生じさせましたこと、先ずは深くお詫び申し上げます。


先ず最近になって、私の書きましたある記事に「コメント」が集中しておりました。そのきっかけとなったのは、私が書きました「ブログ記事」で、そのお店の関係者として「心を傷つけられた」という内容の抗議の意味を込めたコメントでした。

そのコメントに対しましては、その方へのお返しのコメントで、心からお詫び申し上げ、今後の記事の書きぶり、記事の表現において、格段の配慮をもって臨みたいとの趣旨をお伝えしました。

さてその批判記事に続きまして、私の「記事に対する姿勢」に付きましも、何人かの方からご批判のコメントを頂きました。それら私を批判するコメントに対しても、そのご意見に対する私の考えをお返しのコメントとして書いていました。


ところが、ここで「ある人物」が、それら一連のコメントの応酬に加わってきました。しかも、様々な名前を使われていましたが、「同一人物」であることは即座に分かりました。

しかも「ある人物」のコメントは、私の記事への批判ということではなく、私個人に対する「悪意と敵意」に満ち満ちたものでした。

その「悪意あるコメントが、ある人物から集中した」ことで、私の記事に混乱が生じました。その「ある人物」につきましては、名前も住所も職歴等も知っておりますし、会ったこともあります。

だた、この「ある人物」に関しましては、この際何も申し上げません。申し上げない理由はありますが、それも敢えて書くことは致しません。

ただ、この「ある人物」から、執拗に「悪意あるコメント」を得るに相応しいことを、私が「ある人物」に過去においてなしたのか?それは「否」です


しかし何れにせよ、混乱を生じさせた根本は私ですので、更に他のどなたも非難することは出来ようはずもありません。批判の温床を作ってしまった私に、非難する資格はありません。

この間に、私のことをご心配いただいた多くの方から「励ましのコメント」を頂きましたこと、心から厚くお礼申し上げます。随分と励みになりました。勇気も湧いて参りました。

また、コメントしたくても、「敢えてそのコメントを控えて頂いていた方方」へも、深い感謝の念を表します。同時に、さぞお心を乱されたことと思いますにつけ、本当に申し訳なく、至らなかった点を心よりお詫び致します

そして目の前で展開される事態に、目をひそめ心傷つかれた方も多いと思います。それら全ての方方に対しても、この一連の騒ぎの中心にいるのは私に違いありませんので、万感の思いを込めてお詫び申し上げます



さて、今後の「私のブログへのコメントの取り扱い」につきまして、本日只今より「コメント承認制」に移行させていただきますこと、お伝えします。

今回の混乱に鑑み、「悪意あるコメント」を単純に受け入れ続けることによる弊害の重さに気が付きました。

大変、不本意です。

今までどなたにも開かれたブログを!っと考えて参りましたが、残念ながら私自身が無防備になることで、実は私以外の方方を、私以上に傷つけてしまうという事に気が付きました。その事実を前にして、苦渋の選択をしました。

私のブログは、愛媛県内にとどまらず、県外からも、国外からもコメントを頂いて来ました。それらの全ての方方にも、この様な事態を招いたことにつきまして、申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当に御免なさい。至りませんでした


ブログを書き始めて、初めてこのような事態に遭遇しました。そして私のブログが、想像も出来ないほど多くの方方から見られているということを思い知りました。それはありがたいことは勿論ですが、それ相応の社会的責任を帯びていたことに気がついていませんでした。

私は常々「ブログを公開した人は、公人である」と言い続けておりました。ところが、その中身がまったく整っていなかったことが、今回の事態で端無くも露呈してしましました。

でも、この時点で上の事に気がついてよかったと思います。まだやり直しはできると、自分で自分を信じております。


また明日から、これ迄通り「じゅんのつぶやき」を書き綴って参りますこと、お誓いします。もちろん、その表現には社会的責任があることを自覚した上で、という前提条件付きでありことは申すまでもありません。


最後になりますが、今回の事態に懲りずに、「悪意ある、為にするコメント」を除きまして、私へのご批判、ご意見はありがたく思いますので、今後も変わらず宜しくお願いいたしまして「お詫びとお知らせ」とさせていただきます。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

申し訳ありません

じゅん様
 おはようございます。

 知らぬ間に大変なことになっていたのですね。
 
 毎日拝見はさせていただいていましたが、
 コメントしない、コメント観ない  でした。
 なので、全く気がつきませんでした。

 じゅんさんのブログは、じゅんさんがいつも言っておられるように、
 じゅんさんの個人的な感想を述べられているのですよね。

 したがって、その感想に対して反論があればコメントすればいい
 だけの話だと思います。
 
 人間性をどうのこうの言われるのは、筋違いだと思いますよ。

 不愉快な思いはされたと思いますが、
 じゅんさんのブログを楽しみにしている人はたくさんいます。
 わたしもそのひとりです。
 これからも楽しみに毎日待っています。
 

ありがとうございます

せい爺様
早速のコメントありがとうございます。
このところ、異様な状態でした。私自身は「悪意に満ちたコメント」も、どうでもいいことで、気にしていませんでしたが、周囲の人たちを傷付けていることに気が付き、呆然となりました。
そこで、今回苦渋の決断をしました。
また、明日から淡々とアップし続けます。
今日はコメントありがとうございました。

No title

じゅんさんこんにちは。いつも読ませていただいています。
異常なコメントが続いて心配してました。自分もコメント承認制にすればいいのにと思ってました。マナーを守ってコメントいただきたいですよね。
じゅんのつぶやきを読んでいる人は、文句なしに楽しんでいる人と時々違和感や反感を感じながらついつい読んでしまう人と2種類いるんだと思います。そして今回のうどん空太郎のブログ記事は、自分も含めてイラッとするところが満載でこれまでのどの記事より多かったのはやはり事実だと思いました。
具体的なことはあえて書きませんがじゅんさんが何回も読み返していただいて、その内容に気づいていただければいいと思います。言いたいことを書いてすみませんが、これから先も楽しみにしてますんでがんばって書き続けてください。

ありがとうございます

読者様
ご丁寧で、かつ意を尽くしたコメントありがとうございました。
確かに私のブログは、賛否両論に分かれ易いのでしょうね。自分が思った事を、ほぼ思いのまま書いて来ましたから。
でも、今回の出来事でそれは許されないことを知りました。だだし、一時が万事 ああ良かった良かったでは終わらせたくありません。表情方法に一層磨きを掛けます。
空太郎さんの今回の記事、確かに力みが目立ちますね。肩に力が入っていますね。ある種嫌らしさが出ています。空太郎さんへの思い入れが悪い形で出た様です!これを大きな糧としたいと思います。貴重なコメントありがとうございました。

荒らしの後の静けさと言いましょうか。穏やかで気持ち良い風が吹いているようで安心致しました。

しかし、人を恨む気持ちというのは怖いもんですね。その人自体が恨みに取り憑かれ、暗い闇に引きずり落とされ這い上がれずにいるようで、何やら悲しい気持ちになりました。

何はともあれ、あれだけの反響は凡人には起こらないこと。
唯一無二の魅力があるということでしょう。
明日からの記事、楽しみにしています。
お手柔らかにお願いしますぞ(*^^*)

おおお!大変・・

どーもです。
こんな事もあるのですね・・
辞めずに頑張ってください。
有名税というやつだと思って・・。

僕のブログは
自分をさらけだしているので
だれも書き込みが無いっす・・。

僕もファンですので
これからもフードブログで
愛媛を盛り上げていきまっしょい!

がんばってくださいね

こんばんは

色々とコメントが入っていますね。
ネットの世界では、良くあることですね。
どうしても万人に受け入れられることは難しいですからね!

少なくとも自分は、直球のじゅんさんの記事が大好きです。
これからも、頑張ってくださいね!

コメント

読女様

こういう記事にコメント頂き、ありがとうございました。

大変にお騒がせしましたが、様々に考え自分で決断致しました。私に対する罵詈雑言なら、何ら意に介することはありません。

しかしそれでは、様々な方を巻き込んでしまうということと、コメントを書く書かないに関わらず、いい気持ちにはなりませんね。

今回の件で「人間って、一体なんぞや?」という、根源的な問題を考えさせられました。

また明日から、せっせとアップし続けます。時にはカチンとくることもあるとはおもいますが、その時はご遠慮なく鋭い指摘をお願いたします。

ところで、何度か「読子」さんというハンドルネームの方からコメントいただいておりますが、「読女」さんとは無関係なのですか?

ブログ拝見しました

バンブー様

コメントいただいてありがとうございました。

早速ブログ拝見しました。長浜(喜多灘)伊予路ラーメンって、松山から長浜経由で郷里の野村町に帰る途中に見かけた記憶があります。

美味しそうですね^^  今度そちらを回ったら寄ってみたいと思います。

まあブログを公開しましたら、本人の想定外の事もありえるということでしょう。勉強になりました。

お互い、その道でしつこくしつこく書き続けましょう。今日のコメント嬉しかったです。

励まし

ふなこ様

今日の日に、励ましのコメントを頂きました。ありがとうございました。

やはり、とりわけ嬉しく思いました。

確かに、味は千差万別というように、人もそれぞれです。皆さんが同じ価値観を持っていることなどはありえません。

でも、やはり多くの方に読んでいただいている訳ですから、それはそれなりの責任感を持って書いていくことが大切だということを学びました。

でも、これからもやはり「私は私」でしかありえません。毎日書き続けていきます。

無題

じゅんさん、こんばんは!

上手く言えませんが、今回の事については
じゅんさんは孤立無援ではないと思います。
明日から、いつも通りブログを読みます。

じゅん様へ

こんばんは。
前回のコメント以来、初めてお邪魔したのが今日で、この記事でした。

あえてその日のコメントを読むことはしませんが、何やらこのブログに大きな変化をもたらす事態になっていたようですね。

私はじゅんさんの言われる「ブロガーは公人」という考えは厳しい過ぎるかなと思っていましたが、多くの読者さんがいる場合はあるいはそうなのかもしれませね。

かと言って当たり障りのない記事を書いても、じゅんさんにとっても多くのじゅんさんファンにとっても意味のないブログになってしまいますしね。

以前のように頻繁にお邪魔することができない状況が続いていますが、じゅんさんからいただいたコメントを印刷して、心が折れそうなときは読み返しています。

これもじゅんさんのブログの力ですよね。だから心からエールを送ります。
これからもじゅんさんらしいブログを続けてくださいね(^_-)-☆

はい!読子さんとは無関係でございます。

嬉しいです

ガド様

今日の日のコメント、本当に嬉しいです。

年甲斐もなく混乱したりしましたが、皆さんの声を肌身で感じ取ることができました。

またサイレントマジョリティーの、声無き声が今回ほど鋭敏に聞こえたことは初めてです。

錯覚かも知れませんが、スッと周囲を取り巻いて頂いた方々の、静かだけれど確かな存在感。何にも勝るものでした。

ガドさんが書いて頂いた言葉を、実感として感じたという訳です。

ええ、書きますよ!明日から、腰を落ち着けて臍に力を入れて!!

了解です

読女様

無関係であること、了解です。失礼しました。

でも、嬉しかったんです!ありがたかったんです、本当に!

力強い励ましを頂いたと、感謝しております。

ただ、何時でも何でもお気づきお点がございましたら、遠慮なく仰って下さい。

私はこれから、まだまだ様々な事を、色々な方々から学ばせていただきたいと思っております。

まあ、何という巡り合わせなんでしょう!

百蔵様

コメントに、涙しました。ただただ、赤ん坊の様に涙しました。

声こそあげませんが、肩が揺れました。

心が通じ合うことの大切さを、今回はつくづく学びました。私は幸せ者です。


そう感じた瞬間に、何故か赤ちゃんの鼓動が伝わりました。その鼓動を通じて、百蔵さんの頑張りも垣間見えました。

これからの私に出来ますことは、更に感性を磨いて様々な事象を心で受け留めながら、それらの中から何か?を、言葉で紡いでいく。そのことによって、読んで下さっている方々と、どこかの部分で心が触れ合い共感し合える。

ただただそれだけです。自分を見失うこと無く、愚直に前を向いて様々な事共を表現し続けていきたいと、決意を新たにしました。

今日この日、百蔵 さんのお声が聞こえたことも、何かの「縁」でしょう。あの時「百蔵 イズ フー?」っと、ジンゴズンゴさんと大騒ぎしたことが、先ほどの出来事だったかのように、鮮やかに蘇りました。

本当にありがとうございました。

一言

  様

一言だけ。お教えいただいたこと、チャレンジしてみます。

ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。