スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マルブン 小松本店」・「愛媛グルメ紀行」 765

今日は仕事の関係で今治に出向きました。その帰りに、予てからお伺いしたいと思っていた西条市小松町の老舗洋食屋さんの”マルブン 小松本店”さんまで寄り道しました。


場所は、国道11号線からJR予讃線小松駅に向かって入った、小松駅前にあります。このお店(会社)はホームページをお持ちですので、お店の沿革などはそちらをご覧になると詳しく載っています。(MARUBUN(マルブン)


なおこのお店の支店に当たる、松山市内朝生田町にある”トラットリア ナトゥーレ ナトゥーラ”さんは、この”愛媛グルメ紀行の200号”を飾るお店として採り上げさせて頂いております。(「TRATTORIA nature natura」・「愛媛グルメ紀行」 200


今日は旧来のお客さんの注文での今治訪問でしたから、ワタシ一人での行動でした。

建物1
こちらが小松駅前にある”マルブン 小松本店”です。創業は大正12年5月、”丸文食堂”として産声を上げておられます。”駅前食堂”としてのスタートです。


創業以来”91年”の歳月を重ねられ、現在では松山市内や新居浜市など複数店舗を展開されている他、マルブン出身のシェフさんが次々と独立開業なさっていて、愛媛洋食業界の”人材育成”という面でも愛媛の地に大きな貢献をされておられます。


店名の”マルブン”は、初代(創業者)の”眞鍋文吉”氏から採られていることはよく知られていますね。


現在の代表者は既に四代目で、更に五代目さんも四代目社長の片腕として御活躍中です。仕事柄、お二人にはお会いしたこともあります。

外メニュー2
お店の玄関脇には黒板書きした、”今のお薦めメニュー”がありました。それは大きく分けて2種のメニュー群でした。


その一種は、現在(実際の訪問日は6月19日)”ペペロンチーノフェア”を開催さてていて、それに合わせて3種のペペロンチーノメニューが用意されていました。


もう一種は、この季節に合わせたような”冷製メニュー”を3種用意されていました。その内容は、”スープ”2種と”スパゲッティ”1種のメニューです。

店内3
ワタシは午前11時40分にお店に入りました。その時はまだ席に余裕がりましたが、正午を過ぎますとアッという間に席が埋め尽くされました。


当日は平日(木曜日)です。でも正午現在で残されてる席は、カウンター席に僅かばかりです。(ワタシは一人ですのでカウンター席の一番奥に陣取りました)


このお店のお客さんの特徴は(ただし、当日の正午現在だけの印象ですが)、お若いカップルもしくはグループ客と年配の家族・ご夫婦客に二分されていました。


そして店内スタッフの指揮を執るのは、女性の”ドルチェ主任”さんです。実に小気味良くてきぱきと指示を出され、目配り・気配りを怠らず、微かな緊張感を保ちながらも心地よい食事空間を作っておられました。

スモークチキンとアスパラのペペロンチーノ4
さて、注文は迷いに迷いました。つまり、”ペペロンチーノフェア”に合わせたメニューを選択するか?””を考えて”冷製スパゲッティ”にするか?


迷いに迷った結果、このところ”ペペロンチーノ”に凝っていましたので、”スモークチキンとアスパラのペペロンチーノ”レギュラーサイズを注文しました。お値段は927円です。


”レギュラーサイズ”があるということは、”大盛サイズ”もあるということで、その場合は小皿に各自が取り分けられるということを前提として、最初から”トング”(麺を挟んで取り分ける食器)が付いています。


最近でも、松山は天山町の”イタリアンキッチン 伊太めし屋”さんで、2日連続お伺いし、2種の”ペペロンチーノ”をご紹介したばかりです。それらと食べ比べてみたいという気持ちもあありました。

スモークチキンとアスパラのペペロンチーノ5
さて”スモークチキンとアスパラのペペロンチーノ”が供せられた瞬間から、焦がしニンニクと鷹の爪の刺激臭、それに滋味豊かなオリーブオイルの香りが一斉に鼻孔に届きました。


その瞬間に、ワタシの舌が胃が「早く食べろ!!、余計な撮影なんてオッポッといて!」っと、ワタシを責め立てました。


それに加えて、”スモークチキン”の燻製の香りに辺りは包まれます。胃液がドット分泌されていることが、生理的に分かりました。

ペペロンチーノアップ6
フォンターナ”さんや”伊太めし屋”さんのような、スープタップリというペペロンチーノとは大きく様相が違っていました。


言わば基本に忠実といいますか、ニンニクと鷹の爪とオリーブオイルがアルデンテに湯掻かれたスパゲッティにマッタリと絡んで、そこに”アスパラ”の個性的な香りがアクセントに加わっています。


流石(さすが)、一世紀近くに渡って育まれてきた”伝統”に、新しい地物の旬の食材を組み合わせて、このお店でしか頂けない”逸品”に仕上げられています。


気がついてみたら、声を失いながら、アッという間に完食していました。この”完食”までのスピード感が、私自身が自分で意外に思った行動を取らせました。

しらすと青菜の冷製わさびじょうゆスパゲティ7
食べ終えた瞬間、女性スタッフを目で追っかけていました。そして迷うこと無く「次!”しらすと青菜の冷製わさびじょうゆスパゲッティ”を!」っと、追加注文が終わっていました。


本格的蕎麦屋と美味しいうどん店で、ダブルの注文をした経験はありますが、洋食屋さん、イタリアンのお店での”パスタ2種注文”は初めての経験です。


ダブルで注文した動機は、以下にありました。”わさびじょうゆ”を使ったパスタは、実は一度経験しています。(「再訪 210 トラットリア ヴェント・ディ・マーレ」・「愛媛グルメ紀行」 683


その”トラットリア ヴェント・ディ・マーレ”さんでいただいたパスタは、”パスタ・パンチェッタと水菜のわさび風味”と言うものでしたが、あの和風出汁とわさびじょうゆのハーモニーの見事さは未だに忘れることが出来なかったので、「このお店のこのメニューはどうなんだろう?」っという好奇心を抑えることが出来なかったのです。

しらすと青菜の冷製わさびじょうゆスパゲティ8
さあ、”しらすと青菜の冷製わさびじょうゆスパゲッティ”を味わってみます。上に掛けられた大量の”モミ海苔”と、”しらす”から、キチンと”磯の香”が届けられています。


そして、見ただけでため息が出たのは”水菜”の、見事なまでのシャキシャキ感と色彩感です。シャキシャキではなく、パリパリ・バリバリと言ってもいいと思いました。


そして”わさびじょうゆ”の揮発性を秘めた刺激臭と、和風の深い味わいに満ちた”出汁”との相性(あいしょう)、コレって正に”相思相愛の仲”でした。”ベストマッチ”と言っても正解でしょう。


しかも、水菜をバリバリと食べますと、フッと口腔内に苦味が走る。ココロニクイばかりのバランスの良さです。

しらすと青菜アップ9
もう65歳を先月越えましたが、ワタシの全人生の”パスタ食歴”の中で、一生涯、”鮮烈な記憶”として残るパスタが幾つかあります。


それの筆頭は、大学生時代に東京渋谷道玄坂で出会った”壁の穴”の”和風パスタ”(例えば、”タラコスパゲッティ”等々)です。ハンマーで後頭部を思いっきり殴られた思いがしたものです。


そして、後は地元の”伊太めし屋”さんと”フォンターナ”さんの、各種スパゲッティメニューの数々です。


でもこのお店の”しらすと青菜の冷製わさびじょうゆスパゲッティ”、息が詰まって息苦しくなるほどの興奮を覚えさせられました。


あの爽やかな”わさびじょうゆ”の風味と”じゃこ”との相性や、”水菜”の生き生きした命、海の恵みを集めた”海苔”の磯の香、それらを一本のフォークでスパゲッティと一緒に食べる!無上の喜びでした

ペペロンチーノ完食10 しらすと青菜完食11
だから、どうです! 見事に”二皿完食”です! 


この画像を撮っている瞬間、耳元で女性スタッフに囁かれた。「もう一品・・・・・い・か・が・で・す・か?」っと。(それは、或いは”白昼夢”だったのかも知れませんが)


その言葉に、危うく誘い込まれそうになった。  うーーーーん、”イタリアンの魔都だ!”計り知れませんでした。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさかの!!

じゅんさん、こんにちは!

複数で何種類かのパスタを注文した時、シェアしやすいようにトングがついている…
専門店などではどこでもそうなんですか?
ちょっとした事ですが、「なるほど!」と思える工夫ですね。

それと今日の記事を読んで驚きました!
じゅんさんは少食との事でしたが、まさかのパスタの連続注文!!?

すごく美味しかったんですね(笑)

自分でも

ガド様

どのお店でも、トングを予め用意してくれている訳ではありませんが、気の利いたお店ならあり得ます。特に複数で来店したお客さんで大盛りを注文するとさいしょから出してくれるお店が増えました。 その意味で、このお店はさすがですね。
それと、2人前頼んだのは、自分でもびっくりしました。テンポ良く食べられたのと美味しかったからです。気持ちよく食べることは大切ですね!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。