「再訪 258 三宝亭」・「愛媛グルメ紀行」 772

今日は、旧北条市にある中華料理店”三宝亭”さんの4度目のご紹介です。


過去3回の記事は以下の通りです。(「カザハヤラーメン改め三宝亭」・「愛媛グルメ紀行」 423)・(「再訪 80 三宝亭」・「愛媛グルメ紀行」 462)・(「再訪 178 三宝亭」・「愛媛グルメ紀行」 628


このお店が、まだ”カザハヤラーメン”という店名で(「再訪4 カザハヤラーメン」・「愛媛グルメ紀行」 330)ラーメン専門店をやっておられた時にいただいた”冷たいスープチャイナパスタ 合鴨チャーシュー入り”というメニューが、ワタシの頭の中で余りにも鮮明な印象として残っていました。

玄関1
これが久方ぶりにお訪ねした玄関です。


その日正午前、既に駐車場は満車。これは”ランチパスポート”騒動のまっただ中、突入か?っと、一瞬身構えました。

点心メニュー2
私が座って満席になった店内、これは”ランチパスポート”効果なのか?っと、周囲のお客さんの注文メニューを観察した。


すると、一般メニューである”当日のランチ”のお客さんと、”ランチパスポートメニュー”のお客さんが概ね半々だった。


ワタシはランチパスポートを持っていないので、「ランチパスポートメニューの”合鴨チャーシューの冷たい塩ラーメン”をお願いします。但しランチパスポートは持っていないので、普通の値段を払います!」っと奥さんに注文。


ワタシがランチパスポートを使わない理由は、こういうブログを書いているので「何かの企画に乗っかった形で、お店廻りをすることは、どこか癪に障るから!」という、ただそれだけの理由。ワタシの個人的な偏屈によるもの。

合鴨チャーシューの冷たい塩ラーメン3
この画像が”合鴨チャーシューの冷たい塩ラーメン”です。


なお、上の画像が”カザハヤラーメン”時代に正式メニューとして存在していて感銘を受けたもの。


ただし、コストが掛かり過ぎる上に仕込みにも手間がかかるということで、”ラーメン専門店”から、普通の”中華料理店に業態転換”を決断された、要因の一つとなった、言わば”幻のメニュー”。

塩ラーメンアップ4
冷たく冷やされた”凛とした塩味スープ”が、目にも鮮やか。


この”冷たいラーメン”の具材は、合鴨をチャーシュー仕立てにしたもの、晒しネギ、水菜だけ。


合鴨のチャーシュー仕立て”の上に、やや多めの”粉チーズ”と”粗挽き黒胡椒”が満遍なく掛かっている。気品あるれる姿に、思わずウットリした。

麺5
スープも具材も盛り付けも、全て”大人の味”に仕上がっていた。


これは間違いなく”ラーメン”ではなく”パスタ”に違いない。退廃的なチーズの香りが迫ってくる。そこがいい!!


粗挽き黒胡椒”も、全体をイタリアンに引っ張っていく作用を果たしている。いい仕事を”黒胡椒”にさせたものです。これを”ラーメン”のメニューにするというところが”凄い!


ただ、勘定を済ませるときに一言だけ店主さんと話が出来た。店主さんとしては、このメニューに使った””、必ずしもご自分の理想とする”麺”ではなさそうで、その表情は何とも言えない複雑な表情をされていた。憶測で書ける内容ではないので、コレ以上は書かない。

唐揚げネギソース6
これは500円のランチパスポート価格に含まれている”唐揚げネギソース”。これでは”採算度外視”では?っと、素人ながら心配になった。


まあ店主さんご自身の判断で始められたこと。端からとやかく言うことではない。お店の経営は、通りがかりの客に分かる道理がない。


でもこれが一時しのぎであったとするなら、ちょっと複雑な思いに駆られる。この”唐揚げネギソース”だって、唸る程に旨い!それだけに・・・・・・・

小籠包7
さあて、これが飢餓対策として注文した飲茶メニューの中から、代表的メニューの”小籠包”。お値段500円(内税)。

ごま団子9
こちらも”腹減った防止対策”用の”ごま団子”で、お値段340円(内税)。


これはゴマを炙った香ばしさが、真っ向勝負のストレートど真ん中で鼻腔に届いた。


そしてそれにかぶりつくと、中にある小豆餡の甘さがマッタリと口中に広がる。

完食10
喰った喰った!思いっきり喰った!!


しゃぶったしゃぶった、舐め取るようにしゃぶった。ワタシは正直だから、美味しければ恥も外聞もなく舐め取る。


既にお客さんは定着してきているとお見受けした。松山からランチに北条まで駆け付ける人は余り多くはないでしょうが、それでもジワジワ浸透して、末永く美味しいお料理を提供していただきたい。切に切に祈った。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

三宝亭がランパスに乗っているのは知ってましたがメニューをチェックしてませんでした。北条のお店などはどうせ遠くて行かないと見逃したものと思われ、これは抜かったわいって感じです。以前にじゅんさんのブログでラーメン屋廃業と知って、早く行っておけばよかったと後悔したマボロシの合鴨ラーメンですよね。ぜひ行ってみたいです。ランパス有効期間中に北条に行く用事ができたらベストなんですが。
それにしても「コストが掛かり過ぎる上に仕込みにも手間がかかる」ラーメンに唐揚げとライスをつけて540円とは。「末期症状にカンフル剤の処方」といった意味合いでなければよいのですが。

微妙で難しい

ファットマン様

そうですそうです。ファットマンさんが、以前に食べ損ねた「冷たい合鴨ラーメン」です。
まさか復活するとは思っておりませんでした。しかも、それがランパスメニューとして!意外や意外でした。

微妙な問題と言うのは、今回のメニューは「幻のメニュー」の完全復刻版ではないということです。特に「麺」が、以前のものとは違います。

ただ、違うと言っても、店主さんの考える理想の麺としては出せなかったというだけで、あのメニューを髣髴とさせるものはありました。

なぜ理想系の麺を出せないのに「冷たい合鴨ラーメン」をランパスメニューにしたのか?は分かりません。お話できないほどの混雑振りでしたので。

難しい問題と言うのは、ファットマンさんご指摘の通りです。なぜランパスメニューとして採用されたのか?ただでさえ採算割れのメニューに更に他のメニューもセットしたのはなぜか?
これが経営的にいい方に出ればいいのに、と願ってるところです。

何はともあれ、期間内に試すことができればいいですね!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード