スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 132

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2012年)の秋頃にアップした394号から396号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2012年10月12日にアップした394番目のお店、国道56号線沿いの余戸南1丁目にあります”こだわりらーめん 元気いちばん亭”さんの二度目のご紹介でした。(「再訪46 元気いちばん亭」・「愛媛グルメ紀行」 394

このお店は、”助六食品工業株式会社”という松山に本拠を置く会社が”すけろく”などと供に展開しているお店の一つです。

玄関1
国道沿いの大型店ですし、駐車場も広く取ってありますので昼間は何時も混雑しています。

日本一大きい中華料理のチェーン店”餃子の王将”が松山出店を果たされましたから、いよいよ松山も”中華料理業界”のサバイバル戦が始まることでしょう。

このお店のお客さんの層は、営業関係のサラリーマンや作業服を身にまとった屈強な若者中心だとお見受けしした。客層を絞って個性の強いお店作りをされるのは、有効な手段だと思います。

チャンポン5
この日注文したのは、前回隣で食べていた人の美味しい食べっぷりが気になっていた”チャンポン”です。お値段880円。(やや高め)

このお店では、画像のものを”長崎チャンポン”と呼んでおられます。白濁したスープに野菜の具材がタップリ。キャベツ、ニンジン、青ネギ、モヤシ、タケノコ、豚バラ、カマボコ、イカが入っています。

スープを啜ってみた。「おおおほほほっ・・・・濃いーーー!。超濃厚」麺は普通にモッチリしていて悪くはない。

全体としてはバランスがとれている。よく出来たチャンポンだと思った。でもスープが濃厚過ぎて、すんなりとは喉を通らない。まあ、それぞれの好みの問題でしょうし、このお店の客層を考えれば妥当かもしれませんね。

即効力”を願ってこのお店を訪ねるお客さんの為にも、頑張っていただきたいですね。


二番目にご紹介するお店は、2012年10月15日にご紹介した395番目のお店、伊予鉄横河原線の沿線、久米駅近くにあるイタリアンレストラン”Federico(フェデリコ)”さんです。(「再訪47 Federico(フェデリコ)」・「愛媛グルメ紀行」 395

このお店も2度目のご紹介でした。久米地区のイタリアンでは、既に知名度が高いお店です。

玄関1
こちらが、1階からの階段をほぼ上がりきった辺りです。

飲食業でビルの2階で営業を続けることの難しさは、愛媛グルメ紀行シリーズを書いていて痛感しています。

でもこのお店、昼時は予約していかないと入れないこともあります。

パスタ6
ワタシが当日選んだのは”軽く燻した秋刀魚、焼き茄子のリングイネ”です。お値段は1000円です。

これ以外に”前菜”と”フォカッチャ”が付いています。何れのお料理のレベルも、極めて高いお店です。夏の終わりから秋に季節が移ろうとしている(訪問したのは9月10日)その季節感を味わえる献立です。

秋刀魚”(さんま)は、初夏から秋にかけての太平洋側のものが市場では一番多く出回ります。つまりこの季節が旬(しゅん)なのです。秋刀魚は軽く燻(いぶ)られています。

このお店は、お料理によって季節を楽しむことになります。

このお店はぜひ”再訪したい”と思っています。まだまだ好奇心を満たしてくれそうに思うからです。


今日最後にご紹介するのは、2012年10月16日にシリーズ396回目にご紹介したお店、南久米町のイタリアンレストラン”BAL COURNO(バール コーノ)”さんです。(「再訪48 BAL COURNO(バール コーノ)」・「愛媛グルメ紀行」 396

このお店も2度目のご紹介でしたし、既に久米地区では人気を集めているお店です。

玄関1
お店の開店時刻は午前11時30分ですが、開店前から店の外でお客さんが開店を待っています。

お客さんの多くは、やはり女性客です。女性はこうも、美味しいお店を嗅ぎつけるのはお上手なんですね。

厨房を陣取る若きシェフとそのお母さん、それと若い女性の3人で対応されていますが、それはもうてんてこ舞いの状態です。夜はシェフのお父さんが手伝いに入り、まさに家族総出で繁盛振りを支えています。

パスタ6
ワタシが選んだパスタは”鶏もも肉と砂肝のペペロンチーノ”です。お値段は890円です。

これ以外に、スープと自家製フォカッチャが付きます。内容は凄く充実しています。

鶏もも肉はよく使われるけど、砂肝は珍しいと思ったので聞いてみた。

「ええ、砂肝は新鮮なものをよく掃除して使っています!」っと。”掃除”とは、砂肝に付いた余分な脂や筋を丁寧に包丁で取り除く行程。

コリコリしていて歯ざわりがいい。でも、何か物足りない。以前のワタシなら一も二もなく「旨い!」と言ったでしょう。

でもこのお店は、これ以降も既に”再訪しました”。まだまだ再訪を続けると思います。まだ伸び盛りのお店ですから。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

五香粉香る本格中華も大好きだけど、チェーン店のチープな美味しさを身体が欲する日もありまして…そんな時私は断然すけろく派♪
元気一番亭のチャンポンもすけろくのチャンポンも割と好きです♡

チェーン店
くどい、重いも
味のうち

あ、じゅんさんと一緒だ(笑)

確かに

読女様

確かに、私はくどいし、更に重いです。ええ、反論はしません。

これって、根っからの性分でして・・・・・・・。治らないでしょうね。

でも、私でもアッサリした部分はありまして、物には全くこだわりがありません。

先日、新車を買ったのですが、ディーラーの人に「試乗もしないで、、車の説明もほとんど聞かず、値引きしてくれとも言わず、好きな車種は?っと聞いても<何でもいい>と答え、来社した翌日に契約した人に、初めて出会いました」って言われました。

車なんて、動けばいいと思っていますし、車の車種名も知りません。
そういう面もあるんですよ^^

そりゃ驚かれたでしょうね

あはは(^∇^)変な人♪

やはり

読女様

やはり、変でしょうか?自分では、変というより、物にはこだわりがないだけだと思っていたのですが・・・・・・

会社の同僚からも大笑いされるし・・・・・・これは、やはり変なんでしょうね。

うーーん、やはりねーーー。

じゅんさんは筋金入りの変な人だと思います(⌒▽⌒)そして、それってじゅんさんの素晴らしいチャームポイントなわけで♪

食べ物で
例えるならば
珍味系
進め我が道
変人の道

筋金入り・・・・・・・

読女様

ナント!「筋金入りの変な人」・・・・・・・・

私、還暦もとうに過ぎて、今までの社会人人生では「極真っ当な人」・「普通の人」・「常識的な人」っと、自己分析してきました。

それが「筋金入り」とは・・・・・・・・しかも、どうやら読女さんは、それを「褒め言葉」的に使っておられる??

いささか複雑な心境なわけであります。そこで一句。

褒められて

変人いささか

目が点に
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。