スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 274 CAFE CABARET (カフェ カバレ)」・「愛媛グルメ紀行」 798

今日は花園町3丁目、佐伯ビル3階にある”CAFE CABARET (カフェ カバレ)”さんの2回目のご紹介をしましょう。


初めてご紹介したのは、2013年4月4日でした。(「CAFE CABARET (カフェ カバレ)」・「愛媛グルメ紀行」 506


今日は、仕事上の相棒と一緒に来ました。以前から、お薦めのお店として話はしてありましたが、今日そのタイミングが合いました。

お店1
こちらに見える角のビルの3階です。この日は生憎の雨模様でして、画像が暗くて見えにくいですね。


このお店は元々、アメリカのロサンゼルスに住むブログ友:”Kaori”さん(über days)ご夫婦が、愛媛に里帰りされた時に3人で食事をしたお店です。


しかも、このお店でのランチをご指名されたのは、ロサンゼルスの”Kaori”さんです。ワタシは知らないお店でしたが、ロサンゼルスからネットでその評判を調べられてのこと。まさに”ネット社会に国境はない”という好例でしょう。

外メニュー2
このお店は、この画像の”メニュー外看板”から、折り返しのある階段を3階まで上がった所にあります。常識的に考えれば、立地的には大変に厳しい。


ところがこの日も(平日の正午)、雨模様の中、お店は満席でした。辛うじて私たち2人は滑り込みセーフで席に着けました。


店内は、女性・女性・女性・女性で埋め尽くされています。女性の、美味しいものに対する執念を感じさせてくれるお店です。

店内3
しかも、このお店、最初から女性客を想定されたのか、シェフを含めたスタッフは若くてイケメンの男性スタッフばかり。辛うじて女性スタッフが1人。


店内天井にはミラーボールまで装備されていて、夜のディナー営業がメインであることをうかがわせています。店名の意味は、「フランス語が語源のCABARET、キャバレー。皆でワイワイ楽しく集(つど)う場所を意味します。ただ言いやすいように”カバレ”と名づけた」(前回記事より)


そして”ランチメニュー”は、日替わりで4種用意されています。毎日黒板に書き出されています。

サラダ4
ワタシが注文したのは”甘とろ豚のハンバーグ”セットで、お値段1080円です。(内税)


内容は、画像の”サラダ”にメインのお皿、それに選択できる飲み物付きです。


この”サラダ”も、単に生野菜をカットして盛り付けたというのではなく、人参など湯掻いてあって、ちゃんと仕事をされた”サラダ”になっています。

甘とろ豚のハンバーグ5
さあ、これがメインのお皿で”甘とろ豚のハンバーグ”です。トマトソースなのですが、単なるそれではありませんでした。


恐らく数種類の香草類を煮込んであって、奥の深い味わいを醸(かも)していました。


しかも、彩りも鮮やかです。真っ白なお皿に、朱、緑、白、濃紺と塗り分けられたかの如くでした。

甘とろ豚のハンバーグ6
付け合せの野菜も、オクラ、シシトウ、茄子、そして南京(かぼちゃ)と、夏野菜を使っておられます。


また、お皿の奥に見える”キャベツ”にしても、一度湯通しされていて、一手間をちゃんと手抜きせず調理されています。


ですから、完成度の高いお料理となっていて、大切な相手をお誘いするには最適なお店の一つでしょう。

ハンバーグアップ7
この”ハンバーグ”のソースからは、甘酸っぱい香りが漂い、食べる前から食欲をそそられます。


店内の、カチャカチャというナイフとフォークを使う音、女性群の囁き合うようなおしゃべりの声がさんざめき(大勢がにぎやかにという意味)ます。


それらの物音が、寧ろ活気あふれるお店としてのエネルギーに転嫁されていて、食も大いにすすみます。

断面8
”ビーフ”が使われることの多い”ハンバーグ”で、このお店は、愛媛のブランド肉である”甘とろ豚”を使われた。


肉質が柔らかく、脂身の美味しさが際立つ”ハンバーグ”は、ジューシーでもありました。


甘とろ豚”の特徴の一つに”口溶けのいい脂身”があげられますが、それがパサツキの全くないジューシーな味となっていて、口に入れると瞬時にとろけます。

バターライス9
相棒とは、仕事の段取りの打ち合わせを兼ねて食事をしていますから、中々食事だけに集中して食べることは難しいのですが、その中で相棒が突然小さく驚きの声を上げました。


「Hさん!この”ご飯”、ただの”ご飯”じゃありませんよ!これって”バターライス”になっています。これイイナ~~!」っと。


なる程、食べてみて分かりました。こういうランチのご飯を、”バターライス”にされていた経験は今まで余りありません。手間暇は美味しさに比例する。

グレープフルーツジュース10
前回は、お互いの”ブログ”を通して交流が生まれ、アメリカから帰られた時にリアルの出会いに繋がった”Kaori”さんご夫婦(ご主人はドイツ人の”アレックス”さん)との会食でした。


今回は、今年の始めから大きなプロジェクトに関わり、仕事を組んで協力し合いながら成果を上げつつある相棒との会食。


たった一人で書き始めたワタシのブログ”じゅんのつぶやき”も、もう間もなく5年が過ぎようとしています。今では じゅんのつぶやき の平仮名8文字をグーグルで検索しますと、約180万件(その時によって、ヒットする件数は違いますが、トップに出てくるのは何時ものことです)がヒットしますが、その中のトップをずっと保っています。


それは、取りも直さず、様々な方々との交流が広がってきたお陰であり、皆さんとの”ご縁”でこのブログが成り立っている証しでもあります。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

ここのお店は、オッチャン3人で夜行った事が
あるお店です。
なんだか、場違いでオシャレなものを食べました。
女性が一緒の方がいいですね。

おっちゃん2人で

ふなこ様

そうですか^^おっちゃん3人で、しかも夜に行かれましたか。そりゃあ、周囲から浮き上がるかも。

かく言う私も、この時はおっちゃん2人で行きました。私はこうやって、周囲が女性だらけのお店に入ることも多いので、全く周囲が気にならなくなっています。

メニューの内容もお洒落で、女性仕様ですよね。ぜひご婦人同伴でお試し下さい。

こちらのお店もステキですよね!
お料理も美味しいし、イルミネーションの季節に夜行くと、雰囲気最高でございます。
私も趣味の詩吟の仲間と女子会したことがあります。
はい!完全に浮いてました(笑)

次はぜひ殿方と…♡

え???詩吟

読女様


え~~~~、詩吟をなさっておられるのですか!?私が全く知らない世界ですね。

あのお店で、「詩吟グループ」は、確かに浮くかも・・・・・・・。

でも素敵で美味しいお店ですよね。

次回は、ぜひ素敵な殿方とご一緒されて、お料理も雰囲気も満喫なさってくださいね。^^

No title

その節はありがとうございました。
もう1年以上経ちましたが、ブログをやってると時が流れるのが早い気がします・・・
来年の松山滞在は去年より短くなりそうですが、また新しい店探しをせねば!!

来年も

Kaori様

あれから1年半近く過ぎましたね。書いていただいたように、何だかあっと言う間の事のようです。

あの日の”愛媛グルメ紀行”の記事は、通算506店舗目でしたが、明日はもう800店舗目を迎えます。

来年の再会が待ち遠しいです。ぜひ、お時間を割いていただければ嬉しいです。今日のKaoriさんの「ニューヨーク」の記事、同じアメリカでもロスとは、違う国のように風景や雰囲気が違うんですね。

日本ではこれから紅葉の秋を迎えます。日本らしい景色が周囲に広がっていきます。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。