「すし処 家族」・「愛媛グルメ紀行」 830

今日は県道松山川内線沿いに東温市に向かう途中、”パルティーフジ 平井店”の交差点を左折した所にある”すし処 家族”さんをご紹介しましょう。


”パルティーフジ平井店”の中にある”TSUTAYA 松山平井店”へは、DVD、或いはブルーレイを借りに行くので、このお店は前々から気になっていました。


なお、ワタシは一種の”映画マニア”なので、週に最低5本はレンタルして観ています。観るのは、洋画7に邦画3の割合でしょうか。

お店1
お店は田んぼの中に建っている、一軒家です。


県道を走っていても、信号から入ったろころにあるので、車から見つけることは難しい。そういう立地にあります。

玄関2
大きな看板はありますが、建物の外観からはこのお店が”寿司屋”だとは気が付きにくいと思います.


ところがこのお店昼時に行くと、5台~6台駐められるお店の前の駐車場が満車になっている事も多いんです。


この近くには、県道沿いに”回転寿司店”もあって、そこそこ人を集めています。つまり、明確な競合店はあるのです。

外看板3
ところが、こうやって目立たない立地にも関わらず、お店をちゃんと営業され続けておられます。


営業歴は、この地に移転してからでも11年。その前のお店も11年やられていましたから、通算すると22年という老舗なんです。


なぜ、全国展開の回転寿司店に伍してやっていけているのか?それが、今回お邪魔したテーマです。そのヒントが、画像の”外看板”ではないか?そう、見当を付けてお店に入りました。

店内4
店内は、板場を囲むカウンター席と小上がり、それにちょっとした座敷もあります。言わば中規模のお店。


厨房を仕切っているのが、寿司職人の店主さんで、その他に女性が2~3人といった陣容です。


お訪ねした日は、月曜日の午前11時30分です。カウンター席には、ワタシの後から女性の一人客が席につきました。


また小上がりには、2組の家族連れと思しい客。それに座敷にも1組の客がいました。混み合っているという印象はありませんでしたが、かと言って閑散としているわけでもない。

ちらし寿司5
このお店の”ランチメニュー”は”すし定食”で、”にぎり”、ないしは”ちらし”を選べて、後は”茶碗蒸し”と”お吸い物”が付きます。


これでお値段、840円(内税)です。


仮に”回転寿司店”でも、普通に食べればこのくらいの値段にはなってしまうでしょう。

ちらし寿司6
この”ちらし寿司”、派手さはありません。と言うか、寧ろ地味かも知れません。


ネタは、タコ(煮詰めが塗ってあります)、えび、ハマチ、マグロの赤身、イカ、後は玉と椎茸煮物、干瓢、そぼろ、胡瓜とレンコンです。


酢飯の上に、隙間なくビッシリ敷き詰められています。

ハマチ8
ネタだって、大ぶりに切ってありますし、全体のバランスも綺麗です。


食べてみて、もちろん美味しい。ただ、感動に唸るという程ではない。


大向うに大受けするといった派手さというか””が・・・・・・・・

えび8
寿司職人としての仕事は丁寧にされています。全く文句ありません。


回転寿司に近いお値段設定で、寿司職人が目の前で握ったり、チラシを詰めたり。


すっかりお得意さんを掴まれて、競合店との競争に決して負けてはいません。


これだけは!っと力説するものは、余り感じませんでしたが、寿司職人さんのプライドを感じる”寿司”でした。

茶碗蒸し9
もちろんこの”茶碗蒸し”だって、しっかりいい出汁で作られています。


エビだ!、銀杏だ!などというものは入っていませんが、和食の”出汁”の力量を再確認しました。

吸い物10
吸い物”は、さすがに喉掘って言う旨さで、”出汁”の美味さが光っている。


全体の印象は、一発で逆転狙いのホームランは打てないけど、小粒でコツコツと辛抱強くバットをボールに当てて、とにかく塁に出る。


ノーアウト、ランナー一塁なら確実に送りバント。無理に盗塁など狙わず、テキサスヒットででも1点をもぎ取る、そう言う”寿司屋”さん。


それはそれで、存在感をしっかり感じ取れるお店でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

回転寿司は調子に乗って食べてると結構高くついちゃうから、実はお寿司屋さんのお値打ちランチの方が安かったりしますよね。

ちらし寿司なら湊町の正生(しょうぶ)さんも美味しいので是非!

食べ物の中でお寿司が1番好き♡
地球滅亡の日は高級寿司屋で仮面パーティって決めてます♪
じゅんさんの最後の晩餐は何ですか?

最後の晩餐

読女様

お子さんが小さい家庭は、回転すしは重宝すると思います。ただ、晩餐の対象にはなりませんね。

そうですか!「寿司が一番好き」。なるほど。でも、納得ですね。

さて、私の「最後の晩餐」ですか?うーーーーん、これ、結構難しいですが、「真っ当に美味しい焼肉」屋さんで、火で炙りながら、アチチっと食べることを選ぶでしょうね。私は徹底的な「肉派」なので。

魚は苦手ですが、「寿司」は大好きです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード