「再訪 280 愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」 819

今日は、南環状線沿いの朝生田町4丁目にある”トイザらス”や”西村ジョイホームプロ朝生田店”が入っている”第一自動車教習所ビル”の1階にある”愛 LOVE ハンバーグ”さんの5回目の紹介です。


これまで5回ご紹介するお店の6店目です。


今まで4回のご紹介は、以下の通り。(「愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」 305)・(「再訪 93 愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」 497)・(「再訪123 愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」 548)・(再訪160 愛 LOVE ハンバーグ」・「愛媛グルメ紀行」600

看板1
このお店をお訪ねしたのは、ほぼ1年振りです。前回は”600号記念”としてご紹介しました。


この時期にお訪ねしたのは、ワタシがお訪ねしたある洋食店のオーナーシェフにお聞きした情報を確かめる為です。


その情報とは、「じゅんさんのお気に入りのお店”愛 LOVE ハンバーグ”さんが、どうやら移転されるようです。ご存知でしたか?」というものでした。

お店2
もちろん全く知りませんでしたので、慌ててお店にお伺いしたという訳です。


このお店は2回目に訪問した時、お店の若い女性スタップの方に、「”じゅん”さんではありませんか?」と出し抜けに言われたお店です。


その時、腰を抜かさんばかりに驚きましたが、ワタシのブログが多くの方に読まれていることを実感した、言わば”きっかけ”となったお店です。


このお店の”ハンバーグ”が大好きであることはもちろんですが、それと同時にワタシのブログを見て頂いている”読者”の方々の存在を意識させて頂いた貴重なお店です。

メニュー3
注文を取りに来られた女性スタッフに、「お店が移転されるとお聞きしたのですが・・・・・・。もしそうだとしたら、次に来る時はどちらにお伺いしていいのか分からなくなります。それではちょっと困るので・・・・・」っとお尋ねしました。


するとその女性スタッフ、一度厨房に戻られた後、「その事については、後で店長から”じゅん”さんにお話があります」というお答えでした。(このお店も”じゅん”さんって呼んで頂けるお店です。そういうお店が随分と増えました)


注文したのは、以前から気になっていたメニュー”オニ盛り 鉄板焼ランチ”980円です。

オニ盛り鉄板焼ランチ4
この画像が、注文した”オニ盛り 鉄板焼ランチ”です。このメニューも”鉄板”に大盛りの””がジュージュー音をたてて焼かれた状態で供せられます。


ですから、例によって鉄板からの油跳ねを防止するために、大きな紙製の”つつ”が鉄板の周囲を覆った状態で出されます。


画像はかなり上から写しましたので小さく見えますが、テーブルいっぱいに広がった様は”壮観”です。

鉄板焼5
これが”鉄板”に近寄った画像です。紙製の”つつ”の内側に、飛び散った油のシミが広かっている様子が見て取れると思います。


供せられた途端に”ジュージューパチパチ”と音をたてていますが、それと同時に焼き肉に掛けられた”タレ”の甘辛い香りも鼻孔に飛び込んできます。


ご飯は、大・中・小から選べます。以前なら間違いなく”小”を選んでいましたが、このところ胃の調子がいいので””を選択。その選択に間違いがなかったことは、焼かれた肉を一口ほうばっただけで分かりました。

鉄板焼6
さあ、これが鉄板で焼かれた”牛肉”の全容です。”オニ盛り鉄板”と名付けられた所以(ゆえん=理由)がひと目で分かります。


そうです、この肉の量は何と”200g”もあるのです。


しかも薄切りされた肉だけではなく、大量の玉ねぎスライスとモヤシも音をたてて焼かれています。一気に唾液が口中に充満します。


ワタシは典型的な”雑食派”ですが、(唯一苦手なのが”刺身”)何と言っても一番好きな食べ物は””なんです。

ブロッコリー7
どうです?この”ブロッコリー”の瑞々しさ!


やや固めに湯掻いてありますので、その食感がパワフルです。


緑黄色野菜”を喰っているのだ!っという実感が持てます。

肉アップ8
もう目の前は、”肉・肉・肉”で満ち溢れています。


不思議なものです。この””を目の前にしますと、もうそれだけで”幸せ感”が体中にみなぎってきます。


人類は、自ら”雑食性”を選択することで地球上の生物の”覇者”となりました。その遠き昔の本能が、”焼き肉”を前にすると俄然よみがえってくるかのようです。

肉9
と言いますのは人類の創世記、人間が他の動物の肉を喰らっていた時代には”生肉”を食っていたに違いありません。


ところが、山火事が発生した後に牛や豚などの動物の”焼けた肉”を、恐る恐る口にした我々の祖先は、その”旨さ”に小躍りして喜んだ。


生肉”とは比較にならない旨さを得た”焼き肉”。以来人類は、苦労して””を自らのものとして、現在の”調理”の原型を手にしたのでしょう。


もちろん現在でも、””の新鮮さを味わうために、敢えて”生肉”を食べる習慣はあります。高級焼肉店では、生肉にタレを掛けたものを楽しむメニューも数多く見られます。


熊本県や長野県それにお隣の高知県など、”馬刺”を好んで食べる県もあります。


ワタシも”馬刺”は好きですが、目の前の”鉄板焼き肉”、これには目がありません。むさぼるよううに喰いました。体中にエネルギーが充填される実感を味わいながら。


このお店、母体は”肉屋”さんなので””自体が旨いのは当たり前。その上、この”特製タレ”がたまりません。どんどんご飯が進みます。やはり”中ご飯”にして正解でした。”大盛りご飯”を選ばれる方のほうが多いかも知れません。

カフェラテ10
完食した後に”カフェラテ”を頂いてお勘定を済ませようとしました。


と、その時、若い”店長”さんが挨拶に顔を出され”店舗移転計画”の全容を説明して頂きました。


その内容の全容は書けませんが、「移転後のお店は、もっと”肉を前面に”押し出したお店づくりとメニュー構成にしたいと思っています!」っという力強いお言葉でした。


その”移転新店”にお伺いすることをお約束して、お店を後にしました。しっかり名刺交換も出来ました。楽しみが大きく広がりました。


移転新店”にお伺いした翌日には”ブログアップ”したいと思っております。


<追記>この記事をアップしましたところ、ブログ友:”ファットマン”さんからコメントを頂き、お店のフェイスブックによれば、このお店は既に10月14日で閉店されているとのこと。従って、現在は今の場所では営業されていませんので、追記し訂正させて頂きます。なお、移転先の開店予定日は未定らしくて、店長さんからも移転新店案内は頂いておりません。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひとりごと

じゅんさんのブログの一番の魅力はツッコミどころの多さと迷走ぶりなわけで。。。

正しい情報と常識的な文章のブログなら他の方が書いてくれてるわけで。。。

あ、これもちろん褒め言葉なわけで。。。

なるほど

なんだかなー 様

おしゃることは、なるほどなー!って思います。そういう手もありますね、確かに。

ただ、このスタイルでもう5年もやって来ました。そう器用な方ではありませんので、ブログのスタイルを変更することは難しいですね。

要は、良くも悪くも、これが「私のブログ」なんですよ。私は「グルメブログ」を書いている積りはありませんので、お店の位置や営業時刻や休日情報などにはほとんど触れていません。

そういう正確で詳しい情報を掲載しているブログは数多くありますので、そういう情報が知りたい方は私のブログには余り来られないのではないか?と思っています。

私の流儀やスタイルに合わない方はいらっしゃると思いますが、それは、どういうスタイルに変更しようが変わりはないと、私はそう思っています。

攻撃されたくて書いている訳ではありませんので、指摘をされて納得すれば、直ぐに対応してきましたしこれからも同じですね。

まあ、こんなブログもあるんだって思っていただければ幸いです。

No title

どうやら移転先は現時点では白紙にもどっているみたいです。
店長さんの元ブロ友として、私も陰ながら心配しているのですが。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=482100348599942&id=178376222305691

そうですか

ファットマン様
そうですか。私には、移転先の候補があって決まりかけていると言っておられましたが。
そこは上手くまとまらなかったのかも知れませんね。
何れにしも、移転開店が決まったらお電話して頂くことになっていますので、近いうちにそう言うことになるのでは?と思ってお待ちしているところです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード