スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天ぷら くろす」・「愛媛グルメ紀行」 804

今日は、一番町4丁目の村上ビル1階にある”天ぷら専門店”の”天ぷら くろす”さんを初訪問しました。


一番町の電車通りに面していて、電車通りを挟んだ向かい側が松山地方裁判所という立地にあります。


ちょっとビルの谷間的なところにあり、ふとする見落としがちですが、この地でお店開いて13年になります。

玄関1
こちらが、電車通り側歩道から見た、お店の玄関です。


珍しい店名の”くろす”さんは、店主さんの苗字で”黒須”さんという。ご出身は福島だと。


千葉県に”黒須”という姓の方が固まっているところがあるそうですが、全国的にも少ない苗字には違いないでしょう。


ですから、”天ぷら”の修行は東京でなさいました。なぜ愛媛?かというと、奥様のご出身が愛媛ということです。

ランチメニュー2
天ぷら”の専門店ですから営業の中心は夜ですが、この辺りには官公庁や大手企業の松山営業所的なところも多く、”ランチメニュー”も出しておられます。


このお店の”ランチ”の特徴は、”天ぷら”と””を組み合わせたセットメニューにありますが、使われている””は、愛媛では珍しい”稲庭うどん”を使っておられると、”風の噂”が耳に届きました。


讃岐のお隣の我が伊予=愛媛県は、言わば”さぬきうどん文化圏”に属する県と言ってよく、良いも悪いも、”愛媛のうどん”は”さぬきのうどん”抜きには語れない側面を持っている。

厨房3
ただし”愛媛のうどん”が立派に育っていて、既に”さぬきうどん”をコピーするだけでななくなっているというのが、ワタシの個人的・経験的観測です。


では、このお店がなぜ”稲庭うどん”なのか?それは、店主さんが関東・東北地方出身であるが故です。


なお”稲庭うどん”は、今までに二度ほど採り上げていますが、”秋田県の手延うどん”で、”日本三大うどん”の一つです。


当日注文したのは”天ざるうどん”で、お値段860円(内税)です。

天ぷら4
先ず供せられるのが”天ぷら”三種で、”えび”と”ピーマン”と”茄子”です。上品な色合いの”天ぷら”の揚げたてが目の前に。


店主さんに「このえびは”サイマキ”クラスでしょうか?」っと、”えび”のサイズをお尋ねしてみた。


ところが、「”サイマキ”はまだもっと小さいです。それに”サイマキ”は”車海老”の子ですが、そんなのを使ってたんじゃ、このお値段では出せません。それは”ブラックタイガー”ですよ!」っと明快に、種類まで答えて頂いた。


「この後、”かき揚げ”が出ます」っと店主さん。

ざる薬味5
天ぷら”3種と、天ぷらの”トリ”(=主役)である”かき揚げ”が出される間に”稲庭うどん”が出来上がってきます。


目の前の鍋で、”稲庭うどん”の乾麺が一束湯がかれます。それは奥様(=女将さん)の仕事。


稲庭うどん”は細麺なので、天ぷらなどと併用するには向いています。しかも細麺であるのに”コシ”があります。ですから、多くの場合”冷たい麺”として利用されます。

天ざるうどん6
さあ、この画像が、後は”かき揚げ”を残すだけになったカウンターの様子です。


正午を廻りますと、周辺の官公庁や企業の社員さんたちが三々五々集まってきます。


どの方も常連の様子で、女将さんが「アレ○○さん、今日は何になさいます?」っと、一人ひとりに声をかけている様子が明るくていい。昼のお客さんが、確実に夜のお客さんに結びついているのが見て取れます。

稲庭うどん7
ざるに敷かれた葉蘭の上に、波打つように盛り付けられたこの”稲庭うどん”。


まあ見て下さいよ、この”色と艶”。


女将さんに「この””、これは見事ですねー!」っとお声を掛けますと、女将さん「うちは”天ぷら屋”なので、うどんばかり褒めてないで、天ぷらも褒めてくださいよ!!」っと、笑顔で制せられました。ごもっともです。

稲庭うどんアップ8
ただ、ワタシはいかんせん(=残念にも)”人類より麺類”を自認する人間です。どうしても、そちちらに目が行っちゃう。


65歳にもなって、にわかに”年若き恋人”に出会ったかの如くの体に成り下がりました。


年齢っていうのは、”色気”と”食い気”には関係ないということか?


こうも、肌の色艶がいいと、ついつい我を忘れて前のめりになってしまう。恥も外聞もありゃしませんや。

麺9
この麺が、喉を”ツルツル・ツツーーー!”っと通るときの快感といったら、それはもう、ええ・・・・・・・・・・、エエ・・・・・・・


漬け汁に入った薬味の、”茗荷”(=みょうが)の香りが、特別に官能的!


もう、”憎い!”ね。

かき揚げ10
ここまでで、身も心も”稲庭うどん”の色香にすっかり”恋わずらい”。顔中の筋肉を解きに解いて、緩みきった表情をして””をすすっていた。


すると、その時です。この画像の”かき揚げ”が揚げ終わってカウンターに供せられた。


オット!今日の主役の”かき揚げ”の存在をすっかり忘れてしまっていた。「アッ!コイツアーーいけねい!」っと、ハッと我に返った。


で、その”かき揚げ”を、天つゆにたっぷり漬けて食べみた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


女将さんと、その時目が合った。目が「どう?」って聞いている。「ウンウン、これは・・・・・・・・・・・・、フーーーーー旨い!」っと声を絞り出した。


女将さん、それを受けて「実は私も、天ぷらの中では、この”かき揚げ”が”一番好き!”」っと声を張った。


”で自分を見失っていた。ところが、この”かき揚げ”、甘いも酸いも噛み分けた”大人”の味だった。


これで瞬時に”我に返った”。見事の一語に尽きる。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日このお店に行ってきましたよ。たまたま近くに行ったとはいえじゅんさんなみの機動力でしょう(笑)。
私は天丼、ツレは天ざるうどんをいただきました。個人的には少し油の温度が高いのか揚がりすぎのように思いました。あとレンコンのアク抜きなどもう少し丁寧にやれば見た目がよくなるのにとも思いましたよ。奥様の接客はフレンドリーといえばフレンドリー、しかしもうちょっと細やかに、たとえばお茶がなくなったらつぎ足すとかすればいいのにとも思います。お店の雰囲気が素敵なだけに惜しい!でもこういうのはたまたまかもしれないので、1回行ったきりでどうこうは言えないですね。
あとは近いうちに天くにさんに行きたいですね。アナゴ天丼か、サンマがあれば焼魚定食もいいですねー。

素早い!!!

ファットマン様

恐れ入ります。ワタシより余程鋭い機動力ですね。ドンピシャのタイミングで。

細部まで観察されましたね。私も、隅々まで観察する方ですが、ファットマンさんの方がずっとウワテです。

それに、私は久しぶりに艶やかな「稲庭うどん」を目の前にして、一瞬で恋に陥りのぼせてしまって、観察力など吹っ飛んでいました。ワタシ、時折こういう事態に陥ります。

ところが「かき揚げ」で救われました。冷静に戻れました。今度は冷静にじっくり観察すべく、再訪したいと思っています。

そして「天くに」さん、私も再訪の機会を狙っているところです。今度は焼き魚に焦点を合わせて。魚が美味しい季節になりますもんね。^^

こんにちは♪

じゅんさん こんにちは♪

こちらのお店全く 気づいていませんでした。

艶やかな 稲庭うどん 実においしそうです!

近々 伺ってみたいと思います~~♪

是非に

のしうめ様

このお店も、普通に道路を歩いていたら気が付きにくいお店ですね。

でも、味も値段も嬉しいというところで、すっかり常連のお客さんを掴んでおられます。

愛媛で、本格的に「稲庭うどん」を出すお店は大変に珍しい。冷たい麺でこそ魅力を増すという、独特の喉越しとコシをお試し下さい。

もちろん、天ぷらも美味しい。特に「かき揚げ」はお薦めです。是非に足を運んで見てください。

早速行かれたんですね(*^^*)

こんなに気軽な金額で職人さんが目の前で揚げてくれる天ぷらを味わえるだなんて嬉しい~!

ピチピチの稲庭うどんちゃんと、やり手のかき揚げさんに会いに、私も行ってきまーすo(^▽^)o

是非に

読女様

目立たない立地ですから、ついやり過ごしてしまいますね。でも、しっっかり、官公庁のお客さんを中心に常連のお客さんの支持を得ているようでした。

夜は目の前で揚げてもらえる「天ぷら専門店」です。私は、夜の時間帯に天ぷら専門店をお訪ねした経験がないので、天ぷらの出来上がりの評価は分かりません。

でも、「稲庭うどん」の官能と、かき揚げの成熟した大人の色香を楽しむにはもってこいのお店だと思います。

ぜひに、チャレンジしてみてください。感想もお伺いしたいですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。