「過去記事を振り返る」 44

今年は、年初から「国交省って?」という長いシリーズを再度振り返ってアップしています。


本日は、その第6回目です。「国交省」って?⑥(2010年9月29日記事掲載)

先週月曜日の続きです。


「”法律”なら、我々が選挙で選んだ国会の議決が必要です」


「様々な観点から論議され議決されたのでしょうから、概ね納得できます」


「でも省令や通達、通知などは、あくまで省庁内部で決めたことでしょう


「それはどういう検討過程で、どういうことを基準に占有料を国交省は決めたのですか

建物6
「調べて、返事させていただきます」


「それと、現代は”政策不況だと言われている時代ですヨ。その不況の時代に、新たに事業を起こし、この松山に“活気をとの思いで、新しい店舗に投資しようとするのが今回の事業計画です」


「ハイ・・・・」


「その事業計画を考えるとき、突き出し看板の占用料は国交省内部の規定でしか分からない


「エエ・・・・」


「どこで調べても明確に分かるよう”告知しておくべき”ではありませんか


「ハイ、その通りだと・・・」


「それなら、計画のスタートに当って、占有料について、どこを、ドウ調べればいいンですか

看板1
「ですから、それは我々に問い合わせていただければ計算してお知らせを・・・」


「ちょっと待ってください。道路法のことに精通している人がこの地に何人くらいいると思ってるンですか


「第一、そこの横に座っている係りの人でさえ知らなかった


「いえ、私は道路法については知っています」


「でも、その占有料は答えられなかったでは


「ハイ、確かに・・・」


「国交省の役人ですらこうですよ


「それは、部署が違うから・・・・・」


「ごく一部の専門家しか分からない世界で、我々一般の経済行動を縛るというのですか


この話はもう少し続きます。お付き合いをお願いします。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード