FC2ブログ

「過去記事を振り返る」 55

今年は、年初から「国交省って?」という長いシリーズを再度振り返ってアップしています。


本日は、その第17回目です。「第二弾・国交省」って?⑦(2010年11月10日記事掲載)

先週月曜日の続きです。


国交省とのヤリトリも、やっと最終盤に差し掛かってきました。


興味ない方には、退屈なだけでしょうが、もう少しで終わります。


「問題となっている看板を利用していた人は、今年度分の占有料を既に支払い終えているんですよ


「ところが、同じ年度に別の人が同じ看板を間断なく(途切れることなく)利用しようとするとき、支払い済みの人には払い戻しに応じず、継続して使用しようとする人に、同年度分の占有料を二重払いさせることができるという理由は?」


「それは施行令に書いてあるので・・・第19条2項に・・・・。いえ、確かに規則に書いてあるという理由だけしかなくて申し訳ないのですが」と顔を赤らめた女性係長。

看板2
書いてあるから・・・そういうことを通用させようと思うの不合理とは思わないの


「イエ・・・・アノ・・・・ソリャ・・・そちらにワタシが座れば同じことを思うと思います・・」と、課長。


それじゃあ、回答になってナーイ


「それに、今年初めに、占有料を変更したと言うけど、変更後の占有料はどこをどう調べれば分かるの?」


「もし、事前に”7倍”に占有料が上がっていることを知っていれば、変更後の占有料に対応して、看板の位置を変えるとかの対策が取れていたンですヨー、えーー若いそこの係長!、どこに書いてあるのか明確に答えて


「いえ、私は、その”カカリ”ではないので・・・・・」


「ジャア、民間人に国交省のお役人以上の”カカリ”がいて、占有料を訊ねられたら、直ちに答えられる人材っているの?」


「いない・・・トオー・・・・」


「あのー、それは”官報”で告知しています」と、女性の係長が助け舟を出した。

交通表示板5
「じゃあ、アンタ、そこの係長、官報販売所って、松山ではどこにあるの?シッテルー


「エッ、・・カンポーハンバイショー??ドコッテ・・?いえ、知らないです・・・・」と目を伏せた


チョットー、国交省の出先現場の係長でさえ、占有料を知らない。どこに書いてあるかも分からない


「告知しているという”官報販売所”がどこにあるのかも知らない。それで、告知ができているとでも言うつもりかー


「今回のご指摘を踏まえて、部内で告知の方法を研究することにしました」と、慌てた課長。


「例えば国交省のホームページを改良して・・・、占有料を分かるように掲載するとカー・・・」と。


目をしょぼつかせた課長が、女性係長に指示する風を装って振り返った。


さすがに、ずっと目を伏せている若い方の係長には、課長、目もくれない。


「そんな、ヌルーイことをウダウダ言っていて、民間企業が生き残っていけるとでも思ってるの?」


「・・・・・・・」


ため息が出ます。ナンダ、この連中には?


もう少し続きます。続きは来週月曜日です。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

じゅん様

国交省のオンナ係長の信じられない、お言葉のオンパレードでしたねー。

支払済なのに、同年度分の占有料を二重払いさせることができるということが全くしんじられませんねー。

他にもただただ唖然とするだけでしたが
どうかじゅん様、正しい事を、その係長に教えてあげてください

本当に国交省の係長なんでしょうか?と疑問がですねー。

コメント

ぴんくモッチー様

コメントありがとうございました。この女性係長さんは、様々に制約がある中で、誠意を持って対応していただいたと思っています。
がんじがらめの仕組みの中で、地方の一役人が出来る事と言ったら、たかが知れています。それは、私も十分すぎるほど分かっています。

私は決してお金を支払わないと言っているのではありません。国は、強制権を持っていて、国民からお金が取れるのですから、支払う側に納得ができる説明をする責任と義務を負っているのだということを主張しているのです。

このシリーズを読んでいる方の中には、単にゴネているだけで、お金を払わないほうが悪い。国の制度はこんなものだ、と思っている方もおられると思います。更には、私が役人に難癖をつけて虐めているだけだと思う方もいるかもしれません。

ただ、私はお金を払う側に立って、納得の行く説明を求めているだけです。国が決めたことには無条件で国民は従う義務がある、そういう考え方に立ってはいけないと考えています。

最終的には、このお役人さんたちに私の意は通じました。話せば分かる人たちだったということです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード