スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 284 居酒屋 とんま」・「愛媛グルメ紀行」 828

今日は道後樋又の、通称”樋又通り”沿いにある”居酒屋 とんま”さんをお訪ねした。2回目です。


初めて紹介したのは、今年4月24日でした。(「居酒屋 とんま」・「愛媛グルメ紀行」 715


早くから再訪しようと思っていて、概ね半年経った。今年も残り2ヶ月になった。

玄関1
このお店をこの日お訪ねしたのには、昨日からの”流れ”があった。


昨日は、町中(マチナカ)二番町の”川瀬見乃風”さんをお訪ねし、そこで”鯛素麺”を食べた。食べながら、ふと、このお店を思い出した。


それは記憶の片隅に、このお店のメニューで、「確か”天上そうめん”というのがあったぞ!」っと。

外メニュー2
ワタシはそれを”てんじょう そうめん”と読んだ。


そして「”てんじょう”って言うのは、ワタシが知らないだけで、実は有名な”素麺のブランド名”ではないか?と思い込んでいた。


実に単純な頭で(単細胞的発想で)、割烹料理に近い”川瀬見乃風”さんの”鯛素麺”と比較して、その”ブランド素麺”ってどんなんだ?っと、この好奇心でこのお店を再訪した。

ウマズラハギ3
玄関を入ってカウンターに腰を下ろし、早速”天上そうめん”(おにぎり付き)を注文した。お値段は680円(内税)だった。


すると、前回、ワタシを粘りつくような視線で追っかけ回した”ウマズラハギ”君と再会した。


彼は、今回も口を尖らっせてこう言った。「オイ、今回も俺っちを食うんじゃねえぞ!せっかく今日まで生き延びたんだからな!!」っと。


もちろん、ワタシは静かにうなずいた。「安心しろよ!」って、心でつぶやいて。

天上そうめんセット4
そして”天上そうめん”(おにぎり付き”が出された。・・・・・・・・・・・・・・・・


アレレ、コレって、ひょっとして・・・・・・・・”そうめん”のぷらが乗っかって・・・・・・


なんだ!「天ぷら ぶっかけ そうめん・・・・・・ではないか?」っと、腰がやや落ちた。

天上そうめん5
でも、トコロガドッコイ!    揚げたての”えび天”の香りに襲われて、ちょっと目が眩(くら)んだ。


実に香ばしい香りがしていた。おまけに、おろし生姜もちゃんと、別乗せしてあって、おろし大根との相性も良さそうに見えた。


ムムムム・・・・・「コイツ、結構出来るな!甘く見るとやられるな!」って、とっさに思った。

天上そうめん横6
ホラ、コイツを横から見るとこうだ!


どうです、実に堂々としているではありませんか。威厳さえ感じられる。


「これは心して食わねば!」っと、箸を入れた。

えび天7
ところが、案に相違して、”そうめん”が”えび天”にシナを作ってなだれかかっているではないか!


えび天”だってどうだ!「最初の威厳はどこに行った?えーーー!」って言いたくなった。


その時”えび天”がつぶやいた。「アンタねー、オレだって、こんだけの汁(つゆ)にたっぷり沈んじゃったら、そりゃあ、威勢の良かったあの尻尾だって、お辞儀しちゃうよ!でもね、マア、黙って喰ってミナ!」っと。

麺9
それで、言いつけ通りに一心不乱でとっかかった。


ムムムム!!


えび天”の香ばしさが、汁(つゆ)に”移り香”しているではないか。昨日の”鯛素麺”も旨かったけど、こっちだって決して負けちゃいないではないか!

おにぎり8
ワタシの右往左往振りに、”◯◯付き”扱いされた”おにぎり”君が、ヒヤッとした顔してこっちを見てた。


「そりゃあ、オレっちは主役じゃないよ。エエエエエエ、添えモンですよ!でもね、食べてから感想言ってよね!」っと。


で、食べてみた。「・・・・・・・・旨い!ではないか。米の炊き加減が、やや固めで、しかも塩加減とフリカケの加減がいいから、ご飯に甘味が出てる!」


ミンナーーーー!!! あんたらー!、 いい仕事のもんだぜ!」って、合いの手を入れたくなった。

完食10
おまけに、「そうめんの出汁まで、ウ^^メ^^エ^^^^^^ーー~~!」ってきてるよ!全部、意地汚くナメちゃった!


思わず、嫌いな”山羊語訛り”(下品な、やぎごなまり)が出ちゃった。


コイツは目っけもんだった!地味ではあったけど、皆が相身互いで、持ち味を出し切っていた。ワタシはこういう”いい関係”に仕上がったお料理が好きだ!





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

”天上そうめん”

じゅん様


”天上そうめん”最高!!!
今回のリポートも、すご~~~~~~~~~く
面白く読ませていただき感謝!感謝です。

なるほどぉ~っと考えさせられました。
じゅん様の記事には読者を釘付けにする手法があるんだ。
この、手法が自然と読者を増やす要因ですねー。

勿論この記事をUPするまでには、並大抵の努力の賜物があるからこそ
このような、驚きや、感激が容赦なくそこかしこに、宝石のように、ちりばめられているのだと思いました。

とてもとても、真似できませんが~
こうして、訪問させていただけるだけで、嬉しく思います。



お褒めいただき

ぴんくモッチー様

お褒めいただきありがとうございます。

特別な手法があるわけではなく、見聞きしたことをありのまま、いや寧ろ思いつくがままに綴っているだけですから、そう大したものではありません。

原則は店主さんやお店の方と話したことをリポートするのですが、そういうチャンスが無いときの方が多いですね。すると後は、周囲を観察するしか取材の方法がありません。

観察していると、食品とも会話が出きるようになります。そこで会話したことを書くだけなので、難しい話ではありません。楽しんで書いております。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。