「再訪 288 お食事処 小料理 ひがき 」・「愛媛グルメ紀行」 833

今日は、先月の15日にアップしたばかりの”お食事処 小料理 ひがき”さんの二度目のご紹介です。(「お食事処 小料理 ひがき 」・「愛媛グルメ紀行」 815


場所は、銀天街の一本南の通り、湊町3丁目にあります。仕事の相棒と来ました。


この相棒が、決して”ランチ”に妥協しない人で、何気なくフラッと立ち寄るという行動をしない人なんです。

玄関1
例えば、その日はお昼から行動を共にする予定となった場合、彼は多くの場合お昼前にワタシを迎えに来ます。


そしてその第一声は「ところで今日は、どこで食べますか?」っとなる。それは、言外に<今日のランチのテーマは何ですか?>っとワタシに問うている訳です。


しかも、一度案内したお店は行かず、必ず彼にとっては初めてのお店を求めます。


ワタシにとってはこのお店”再訪”ですが、この再訪で驚いたことが幾つかあります。順次ご説明します。

外メニュー2
このお店は、約1ヶ月前に一人で来て、”サンマ定食”をいただいたところで、そのコストパフォマンスの良さに感心したばかり。


そこで、訪問の趣旨(内容の割に安い)とかを、相棒にきちんと説明した上でお訪ねしたというところです。


ところが、”外メニュー”のホワイトボードを見て驚いた。先月来た時と全く同じだった。”本日の日替り”と書いてあるけど、”先月と同じ”とは????


偶然なのか?これが”驚いた事の第一”です。

店内3
驚いた事の第二”は、ちょうど正午の時刻でしたがお店が”満席”に埋まっていたこと。


つまり、代わり映えしない”ランチメニュー”にも関わらず、席が満席に埋まるということに”驚いた!”。


銀天街の完全な”裏通り”ですよ。普通に歩いていたら見過ごす可能性だって大という立地です。


ところが、客層が広い。男女の比率は半々、ネクタイ姿、作業服、普段着の人など様々なお客さんで埋まっていた。

とんかつ定食4
それと、1ヶ月前にこのお店の記事をアップした時に、このお店は地味だからコメントなどは来ないだろうと想定していました。


ところが、ロサンゼルスの”Kaori”さんを初めとして、全部で3人の方からコメントをいただいた。これは驚いたというより”意外”でした。


なお、この日注文したのは前回とのダブリを避けて”とんかつ定食”に。お値段、内税で680円です。これでこの値段は、確かに安い。

とんかつ5
この堂々とした”とんかつ”を、マア見てやって下さい。


お皿からはみ出しそうになっている。盛り付けなんて気にはならない、この場合。


そりゃあ、肉叩きでちゃんと叩いているから”薄い”ですよ。でも、肉叩きで叩いて薄く伸ばすのは、嵩増しの為ではなく、豚肉を柔らかく頂く工夫です。

とんかつ6
高級な”とんかつ専門店”では、”分厚いとんかつ”を目にされた方も多いと思います。


あの、厚みが4cm~5cmもある分厚いとんかつももちろん美味しいには違いない。でも、揚げ終わるまでに結構時間がかかる。分厚いから当然でしょう。


ところが、こういう食堂或いは小料理屋で、とんかつ揚げるのに余り時間なんてかけてられない。だから、薄いトンカツのほうがよく似合う。

とんかつ断面7
だから”断面”の画像のような”スレンダー”美人に化ける。


中まで熱が通っていて、なおかつ柔らかい。つまり”旨い!”っという事になります。


これがこのお店の”とんかつ”の秘密です。理に適っている。

芋炊き8
この”芋炊き”は前回のと同じ。この”芋炊き”で茶碗一杯のご飯が食べられる!っとコメントに書いていただいたのは”ガド”さん。


このお料理は、小料理屋さんらしい。細やかな味付けが、素材の持味を完全に引き出している。


それぞれの素材にいい味が染み込んでいて、いい仕事されています。

ご飯9
ご飯”だって、ホラこの通り、テリも艶もいいから、漬物だけでも食べれちゃう。


食堂などの定食類の最低限必要なことは、先ずは”ご飯が旨い!”ことでしょう。


相棒は例によって”大盛り”を注文して、「コレ、旨いですね!」を連発しながら、アッという間に食べてしまった。次の予定時刻まで間があるというのに。

メニュー10
最後にこの”画像”に敏感に反応された方がいたことにも、正直”驚いた”。


これは夜の部の”居酒屋風小料理メニュー”です。ホワイトボードなんて、一体何が書いてあるのか分からない位に、、目一杯グチャグチャ書いてある。


ワタシは夜は街に出ないから、このホワイトボードは”絵的”に面白いと思ったから画像を使っただけ。


ところが、この判別しづらいメニュー文字を読み解いて、<ハギ刺しにタコ天に、あ!大好物の”どじょう汁”発見>とコメントされた方がいる。それが”読女”さん。


人によって、見るポイントが違っていた。このお店で”秋刀魚”がこんなに安く食べられるのは羨ましいと書かれたのがロサンゼルス在住の”Kaori”さん。


一見、何の変哲もないお店が様々な波紋を呼んだ。”ブログ”を書いていて、”面白い!”って感じた瞬間でした。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


爺!爺はおるか!
うまそうじゃのう。
わらわも行ってみたいぞよ。
この店を見ると南久米にある平八という小料理屋を思い出すのじゃが、爺は知っておるか?
夜メインの旨くて安い店じゃがランチもしておるらしいから一度行ってみるがよい。これは命令じゃ!
おーっほっほっほ

これは

わらわは姫じゃ様

初めてのコメントありがとうございます。

いやいや、むしろ「初めてのコメント、ありがたきお言葉」っと。

これはのっけから、異色のご登場でござりまするな。以降、「わらわは姫じゃ」様と呼ばせていただきまする。

さて、南久米にある「平八」というお店、とんと心当たりござりませんが、ご命令とあらば、早速調べ参る所存でござりまする。

その報告につきましては、「わらわは姫じゃ」様、ちと時間が掛かり申すものの、必ずご報告すること、平にお誓い申し上げまする。

で、日替り定食は毎日同じなのか、それともタマタマなのか。
気になって夜も眠れぬぞよ。余もお城下に出かけた折にはチェックしてみるぞよ。
ふははははは。

ブログと何ら関係ありませんが。

姫さまは…

読女さまでは?

神出鬼没

余は殿じゃ様

またまた、神出鬼没なお方で。今度は、殿に変身めされたか。

別の方からコメントいただいて、その方は、姫は読女さんではないか?という指摘がありました。

はてさて、真のお姿は何でござりましょう?殿

さて、日替わりの実態は何か?ということは、三度目の訪問をしてみなければ確認出来ないでしょう。近々確認して報告することにしましょう。殿!

なる程!

通りすがり様

コメントありがとうございました。

なる程!そう指摘されれば、可能性はありますね。フムフム。

ただ、あの方は、問い合わせしても「そうだ!」っと答えられるかどうか?分かりませんので、ちょっと真相に迫るのは難しいかも知れませんね。

でも、いいんです!ワタシはコメント頂く方がどなたでも。全部ありがたいことです。ワタシのブログを楽しんで頂けさえすれば、どなたのコメントでも大歓迎です。

ばれたー!!

おーっほっほっほ(^∇^)

Σd(≧ω≦*) グッ

爺はどんだけ鈍いんでしょうなぁ…。

な、読女殿 (・∀・)ニヤニヤ

まず

読女様

「通りすがり」さんのご指摘通りでしたか。なるほど、これで「姫」がどなたかは分かりましたね。

すると、残りは「殿」はどなたか?と言うことになりますね。世の中にはノリのいい方がいらっしゃるもので、私にとってはどなたでも歓迎です。

このブログを読み物として捉えていただいても、飲食情報モノとして捉えていただいても、はたまた一種のゲームの場として、ここで遊んでいただいても、どちらでも嬉しいことです。

爺!

殿も…

読女殿じゃよ!(^∇^)

ブー

通りすがり様



ブー!残念でした!


あれ

残念m(__)m
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード