スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 289 イタリアンキッチン 伊太めし屋」・「愛媛グルメ紀行」 834

今日は南環状線沿いの天山町にある、”イタリアンキッチン 伊太めし屋”さんの4回目のご紹介です。


4回ご紹介するお店の17番目です。過去3回は、以下の通りです。(「伊太めし屋」 真っ当な「B級グルメ店」 63)・(「再訪57 イタリアンキッチン 伊太めし屋」・「愛媛グルメ紀行」 410)・(「再訪 237 イタリアンキッチン 伊太めし屋」・「愛媛グルメ紀行」 738


この日は、仕事の相棒と来ました。お昼になると満席で座れないことがあるので、30分ほど前にお店に入りました。

玄関1
このお店がこの地で開業したのは1999年と言いますから、業歴はまだ15年。


老舗のように見えますが、老舗というほどでもありません。


でも、イタリアンの名店として、既に松山ではお馴染みのお店です。ワタシの大好きなイタリアンの中の1店です。

外メニュー2
相棒とは、相変わらず多忙な毎日を送っています。


もうリタイヤしてもいい年齢なのに、職業人生の中でも一二を争う忙しさです。そうした日々の中で、ホッと一息つけるのが”ランチタイム”です。


この日選んだのは、3種ある”ランチメニュー”の中の”お肉のランチ”です。お値段は960円(内税)です。

店内3
店内はほぼ満席なので、店内にはカメラを向けることが出来ません。厨房の方の風景です。


このお店のシェフの腕の確かさは折り紙つきですが、ちょっと群を抜いていると思うのが女性スタッフの”目配り・気配り”です。接客業のプロ中のプロの対応だと、何時も感心して見入ってしまいます。


お客さんがテーブルから顔を上げた瞬間に、そのお客さんが何を求めているのかを見抜いてそれに対応されます。このお店をお訪ねになった際には、彼女たちの動きにもご注目を。

スープ4
さて”ランチメニュー”には、メインディッシュの他に、スープとサラダと飲み物(コーヒーないしは紅茶)、それにライス、或いはパン、更にはガーリックトーストの3種から選べます。


コースで一番最初に供せられるのが、画像の”スープ”です。コンソメスープでした。


もう”スープ”を一口啜るだけで、このお店のレベルが推し量れます。それはそれは、深い味わいの”スープ”でした。

サラダ5
続いて直ぐに供せられるのが、この画像の”サラダ”です。


どうです!このみずみずしさ。トマトはきちんと湯剥きされています。


葉物野菜も、もうとびっきりシャキシャキなんです。こちらの体が、瞬時にリフレッシュされるように感じます。

若鶏のロースト6
さて今日の”お肉のランチ”のメインディッシュは、”若鶏のロースト”でした。


香ばしくローストされた”若鶏”の上に乗っているのは”マッシュポテト”と、シメジと葉物野菜です。


それに、たっぷりとしたスープが掛かっていますので、ライスではなくパンを選んで、ソースの最後の一滴までパンで拭(ぬぐ)っていただくのが正解でしょう。つい、習慣で”ライス”をチョイスしました。

若鶏のロースト8
純白の薄手のお皿の上に、色彩のコントラストよろしく盛り付けがなされています。


もうこの段階でこの”若鶏のロースト”を、””で味わいつくしました。楽しみました。ワクワクさせてくれるお料理です。


鶏の”皮目”の焼かれた匂いが、香辛料の香りを伴って一斉に鼻孔に襲いかかります。

若鶏
ホラ!ご覧ください。この”皮目”ですよ。


身が弾けて、皮が割れています。皮の下から身が皮を押し上げ、顔を出した瞬間です。(包丁で切り目を入れておられるかも知れませんが)


人間は、この焼けた肉の匂いにはやられてしまう。無条件降伏する他、手はない。黙って、肉を喰らう他ない。

ライス9
このメニューの場合、確かに”パン”を選ぶのが正解には違いないけれど、この”ご飯”だって捨てがたい。


ブログ友にロサンゼルス在住の”Kaori”さんがいて、ブログをリンクしてありますが、アメリカの普通のランチって、実に無造作にパンやバゲットに野菜や肉類を挟んだけで食べている画像がしょっちゅうアップされます。


それはそれで美味しそうなんですが、正直言うと””を主食にしている国で生まれてよかった!!!って思うことがしばしばあります。

紅茶10
最後はコーヒー、あるいは紅茶、しかも温かいのか冷たいのかが選べます。


この日は、まだ外は残暑の暑さが残っていた日だったので、”冷たい紅茶”を選びました。


こういう素敵なお店が、クラッシュするのではないか?ッと思うほど忙しい日々を支えて頂いています。ただひたすら”感謝”あるのみです。


さて、最近凝っている”短詩”です。きちんと学んだものではありません。単なる”言葉遊び”です。


ただ、今は亡き父母は”川柳”の世界では、県内に知らない人がいない程の”おしどり川柳作家”でした。その””が、にわかに騒ぎ始めました。


もちろん、亡き父や母に比るべくもない”駄作”ですが、今日の一句です。


  名店で
   チキンロースト
    食いつまどろむ




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

随分前からある印象ですが15年目なんですか。
こちらは本当に評判良いですね!
じゅんさんを唸らすのも納得です。

ここだけの話し、私の中に私の中にあくまでも頭のおかしい私の中だけに…「松山+イタリアン+老舗=まずい!!」
っていう方程式があるのですが、それを覆すイタリアンの名老舗店になりそうなお店だと勝手に思ってます。

名店って

読女様

このお店、既に何度も何度も行っていますが、一度として不満や疑問?を感じたことがありません。その都度、新しい感動で迎えてくれるお店だと思います。

その<松山+イタリアン+老舗=まずい!!>っていう方程式ですが、確かに頭のおかしい読女さんらしい方程式ですね!なんちゃって(笑)

いや、マジ、その方程式がバッチリ当てはまるお店も私は知っています。2次方程式を使わなくても1次方程式で解けるお店です。

ですから、単に年数で判断するのではなく、自分の食感を頼りに舌で確かめるしかありませんね。

こらジジイしばきまわすど!

なんちゃって♡

良かった~気が合って

(=´∀`)人(´∀`=)

コラ爺め

読女様


コラ爺め 

 しばきまわすと

  罵るが

   その目に笑顔

    浮かぶは誰ぞ

恥めまして

戯れの
言葉あそびの二人みて、
笑みを浮かべて、
我眠りつく

すみません。駄作でした。

歓迎の一首

まぁめ様

ありがとう
 飛び入り参加
  拍手もて
   言葉遊びの
    世界広げよ
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。