スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やきめん 黒丸」・「愛媛グルメ紀行」 835

今日は平和通2丁目、道路の南側に今年のお盆に開店された”やきめん 黒丸”さんをご紹介しましょう。



このお店が開店したことは、ブログ友:”のしうめ”さんの以下の記事で知りました。(やきめん「黒丸」さんで ぷりぷり焼き麺ホルモン♪


お店に駐車場はありません。

玄関1
お店の名乗りである”やきめん”とはなんぞや?っという疑問と好奇心でやって来ました。


平日の午前11時30分。店内の厨房では、ワタシよりもお若い夫婦の姿が。お料理は奥様担当、ご主人は主にフロアー担当のようでした。


お話をお伺いしました。店内には、お客さんが3人~4人。入れ替わり立ち代りと言った状況でした。

外メニュー2
「ええ、出始めは”西条市”でお店を開いたんです。広島お好み焼きの専門店として。5年位やったかな。実は、家は松山なんです。そこから夫婦で通ってお店をやっていました」っと、話して頂いたのはご主人の方。


「でもこの”年寄り夫婦”でしょうー。家から通うんが大変になって、そこで今年の5月までは西垣生でお店出していたんです」っとご主人。”年寄り夫婦”と言ったって、ワタシよりずっとお若い。


「西垣生でも正直遠かった。するとね、息子が不動産してましてねー、急にここ買ったから、ここでお店を!って言ってくれたんですよ。」

メニュー3
これがメニューです。”焼き麺”と”焼きそば”の違いを聞こうとしたのですが、その他の話がどんどん進んで、結局聞くきっかけを失った。


注文したのは”ぷりぷり焼き麺ホルモン”というメニューで、お値段は700円(内税)です。麺はシングルもダブルも同じ値段だそうですが、当然シングルに。


「平和通ゆーたら、若者の街でしょ!だから、私らみたいな”年寄り夫婦”にはやれん!って、息子に言うと、かまんかまん、全部店作りやってやるから言うて」っと、笑顔が溢れる。

鉄板作業4
お父さんがワタシに話している間に、お母さん(随分とお若い)が、広い鉄板で”ぷりぷり焼き麺ホルモン”作りに取り掛かった。


その様子を撮影しながら、お父さんのお話を聞いた。


「お陰様で、開店以来、結構年配の方もお客さんになってもらって、学生さん以外でも商売ができているんよ」っとお父さん。

ホルモン投入5
と、ここでお母さん、鉄板の上に”ホルモン”を投入。玉ねぎもほぼ同時。麺とは別に鉄板で焼いた。


「このお店でネーーー!”ワンコイン”の”焼き麺”をやりたかったんよ!それを皆さんに食べて欲しいんよ!でもね、ずっと”広島お好み焼き”やってきたヤロー。じゃけんねー、今でも”広島お好み焼き”も出しとるんよ!」っと。


お父さんの話で、もう一度メニューを見ると、なるほど言葉通り、”焼き麺そーす”と”焼き麺しょうゆ”、及び”焼き麺しお”の基本3種は、何れも内税で”ワンコイン、500円”です。


それで麺ダブルもOKというのですから、そりゃあ価値あるメニューですよ。

黒丸
「ええ、店名の”黒丸”ですか?これは、ホレ、この焼酎の名前ですよ!」っとお父さんが指さした先には、鹿児島県産の芋焼酎”黒丸”の一升瓶がドーーンと置いてあった。


「何しろこの”黒丸”の旨いことと言ったら・・・・・・」っと、ここで声のトーンが一段と上がった。


「それでね、酒造元にちゃんと許可を得て”黒丸”という店名にしたんよ!」っと、これは分かったような分からないような説明だった。

ぷりぷり焼麺ホルモン7
さてこの画像が、”ぷりぷり焼き麺ホルモン”です。


このメニューの味の秘密は、果物、野菜を含めた十数種類の素材で作り上げた”秘伝のタレ”にあります。


麺は、「愛麺」で特注したもの、野菜は地元愛媛の素材に拘っておられます。農家さんの顔写真も大きく店内に掲示してあります。


どうやら、こういうディスプレイやキャッチコピーも息子さんの成せる技なのでしょう。芸が細かいんです。

プロの焼麺ホルモン8
確かに、普通のお好み焼き屋さんで出される”焼きそば”とは、随分趣を異にしています。


第一焼きそば、特に広島食文化圏に近い愛媛県に於いては、”オタフクソース”を使った”焼きそば”が一般的でしょう。


ところがこのお店、店内に大きく”オタフクソースの焼きそば”のポスターを2枚も並べて壁に張り出している。


もちろん、メニューの中にもちゃんと”焼き麺そーす”は用意されている。でも、このお店の”看板メニュー”であろう”ぷりぷり焼き麺ホルモン”のソースは”秘伝特性タレ”を使ってある。

ホルモンアップ9
で、早速食べてみた。上品な薄味に仕上がっている。でも、ワタシにはこの味で十分だと思ったので、何も足さなかった。


そのままで、麺の風味もホルモンの香りも、そしてキャベツやモヤシなどの風味もちゃんと残してある。


妙に味付けを細工しないで、”プレーン”な味で出された。これが薄いと感じる人は、用意してある”オタフクソース”を掛け足せばいい。


いきなり”マヨネーズ”をたっぷり掛けた、というお店を見かけるけど、最後の味の加減はお客さんに任せたほうがいい場合もある。

麺10
さあて、これが”焼き麺”ですよ!確かに、見た目がアッサリしていて、明らかに”焼きそば”とは違った食品には違いない。


どこがどう違うかを詳細に説明せよと言われれば難しいが、第一””に掛けて鉄板で煽るように炒める”タレ”が、”ソース”だけに固定せず、””あり”醤油”あり、”秘伝特性タレ”ありと多彩です。


それに具材の”トッピング”も色々用意されていて、自分好みの味にできる。言わば”オーダーメイド”なところが、ユニーク。


また”ぷりぷり”というネーミング通りに、”ホルモン”が口中でプリプリコロコロ、ころげつまろびつ。その食感がとっても楽しくて美味しい。


これは、是非再訪したいお店にが1店増えました。


さて最近凝ってる”今日の一首”をご紹介。昨日も書きましたが、短歌や俳句とは違います。単なる”言葉遊び”です。

焼麺を
 ワンコインにて
  振る舞おと
   新店託す
    夫婦の絆



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関係なくてスイマセン!

ジュンさんを追っかける会会員のゴリッチョリーヌです。第一弾は三宝亭で第二弾は春光亭へ行って参りました。春光亭は一言でいうと『至高』でした!!!真面目で腰の低い店主の人柄がにじみ出るような一杯に感動すら覚えました。もっと早くにこのブログに出会っていれば、この33年間を無駄にしなくてよかったのに・・・と後悔です。゚(゚´Д`゚)゚。
今後も追っかけて行きたいと思います。そしてどこかでバッタリお会いできたら嬉しいです。ではまたよかったら報告させてください( ̄^ ̄)ゞ

のぼりは焼きそば
メニューは焼き麺
違いはいったい何ぞや!!!


今日のドドイツ

野暮な質問
およしなさいな
詰めの甘さは
お互い様




プリプリホルモン美味しそー!
アルコールも安いっ!!
いいですね!昼飲みに♪(´ε` )

了解です

ゴリゾウ改めゴリッチョリーヌ様
今月の17日に続いて、2度目のコメントですね。ありがとうございました。

今後は「ゴリッチョリーヌ」さんですね。了解です。

さて、三宝亭と春光亭にお行きになった。そうですか!どちらも、私が大好きなお店ですね。その中で、春光亭さんの店主さんのお人柄と味に感動されたそうで、その反応は、私が春光亭に初めてお伺いした時と同じ感想です。

ということは、似たような感性をお持ちのようで、嬉しい限りです。私がお伺いしたお店を、後で訪ねておられる方は、ある程度はいらっしゃるようですが、嬉しい半面責任を感じます。

でも、味の好みは千差万別なので、お気軽に色々なお店をお訪ねになるといいと思います。

そして、どこかのお店でバッタリ!その可能性は高いかもしれませんね。別の方にも書きましたが、白髪頭でスーツ姿、iPhoneで画像というスタイルが私です。何時でもお気軽にお声を掛けてください。歓迎です。

都々逸ですか!

読女様

おーーーー、いきなり「都々逸」ですか。読女さんも、趣味が広いですね。
では、私も都々逸でお返しを。

焼き麺だって
焼そば似たり
麺とソースの
コラボ舞い

もう一節アップ。

見たり聞いたり
する間があれば
焼き麺喰って
みろてんだ

やっぱり、読女さんのようにうまくはいかないなあ。

素晴らしい都々逸をありがとうございました!感動しました!
恥ずかしながら、わたくしもお返しに二節ひねり出してみました♪


いい男とは
あなたのことね
能あり芸あり
色気あり


単細胞の
喜ぶ姿
背中の後ろで
舌を出す

歓迎御礼

焼きめんか
焼きそばなどか
問う君の
憎めんブログの
そばに居り

お恥ずかしいです。

お返し

まぁめ様

焼き麺に

舌鼓打った

その時に

焼そばソース

嫉妬し身を揉む








お返し

読女様

お返しのお返しです。でも都々逸はまっこと難しい。一度きちんと勉強しますね。

褒めに乗せられ
舞い上がり過ぎ
慌て下見て
急降下

修正します

まぁめ様

焼き麺に

舌鼓打った

その時に

焼そばソース

嫉妬に身焦がす

えーーーーっ!!

覗いてみれば 

都都逸の会

コメントし難し 

この上もなく~(笑)


じゅんさん こんにちは♪

普段 できるだけ味をいじらない私ですが もう少しだけ個性がほしいかな~なんて 思った記憶です。

薄味だけれど とても 良い一品だけに!ですね♪

このところ

のしうめ様

このところ、私のブログが急に活気づいたようで、嬉しいですね。色々な方が、超個性的参加をして頂いていますので、私もやや付いていくだけで精一杯という感はあります。

ですが、この際私の殻を破るというか脱皮してみるのも面白いのではないかと取り組んでいるところです。今後も乞うご期待というところで。

さて、いいお店をご紹介いただきました。お二人のお人柄もよくって、味もワタシ好みでした。確かにちょっと大人しい味付けでしたが、それがかえって新鮮に感じました。ありがとうございました。

再度、追加・修正アップ

のしうめ様

都々逸を書き込む事を忘れていました。失礼しました。 また、返信するコメントの場所を間違っていましたので、改めてアップし直します。


巡り巡りて
美味しいものや
お店訪ねて
人の縁

訂正(笑)

じゅんさん ご丁寧にありがとうございます。

私も がんばって 七・七・七・五で 考えたはずなのに

間違えて書き込んでます(笑)

最後の 一文は 

「この上もなく~」 → 「今更に」に 訂正です♪
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。