スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 141

今年も今日から、毎週土曜日に”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズをお届けします。

今年の一番目は、2012年)の秋も最終盤に差し掛かった頃にアップした421号から423号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2012年11月20日にアップした421番目のお店、山越6丁目に昨年8月の開店した”Cafē Kairos(カフェ カイロス)”さんです。(「Cafē Kairos(カフェ カイロス)」・「愛媛グルメ紀行」 421

場所は、196号線のバイパスを中央通と交差して更に北上、県立松山盲学校を過ぎた次の交差点を東に100m程入ったところ。

玄関1
こちらがお店の玄関です。まあ可愛い!

可愛い”ミーアキャット”3匹の親子のお出迎え。

”ミーアキャット”がサバンナで何を考え、何を感じているのか、彼等の体感時間をワタシもこのお店で共有してみる事にした。

オムライス8
こちらが”ふわとろオムライス”と名づけられたもの。

なるほど、言葉通りフワフワトロトロの卵で包まれたオムライス。その周りをデミグラスソースが廻しかけられている。そして筋状の生クリームが、彩りを添えている。

もしこのお店のメニューにビーフシチューがあるとしたら、多分唸るほど旨いに違いない。

ビーフから滲み出した深くてコクがあるデミソース、これが全ての味の決め手だった。

このお店での体感時間、思った以上に深く長かった。

このお店、ぜひ”再訪をしたい”と思いながら、まだそれが果たせていません。


二番目にご紹介するお店は、2012年11月21日にご紹介した422番目のお店、伊予市双海町串にある”ラ・メール”さんです。(「再訪67 ラ・メール」・「愛媛グルメ紀行」 422

それは2回目の訪問でした。最初の訪問は以下の通り。(「ラ・メール」 真っ当な「B級グルメ店」 92

場所は伊予灘を望む国道378号線、通称”夕焼け小焼けロード”沿いにあって、”夕日の見える公園”と並んでこの地方の名所の一つです。

玄関1
こちらがお店の概観です。ログハウス造りのお洒落なお店です。

伊予灘を望みながら、ユッタリした気持ちでランチを楽しむには”モッテコイ”のお店です。

ランチ上5
これが当日の”メールセット”で、内容はエビフライとオムレツのメニューです。

もちろん、”オムレツ”はフワフワトロトロで、デミグラスソースが一筋掛けられていて綺麗に仕上げてある。

ややメタボ気味な”海老フライ”は、実に香ばしく揚げられている。”海老フライ”にはタルタルソースが。

このお店は、一人で来るお店ではありませんでした。ちょっと切なさを残してお店を出ました。

また、ランチタイムに近くを通れば”再訪する”と思います。


今日最後にご紹介するのは、2012年11月22日にシリーズ423回目にご紹介した、北条の”カザハヤラーメン”さんが、今月中旬に元々の業態である”中華料理店”に戻り、しかも店名も元の”三宝亭”に戻っているとお聞きして早速駆けつけました。(「カザハヤラーメン改め三宝亭」・「愛媛グルメ紀行」 423

お気に入りのお店が業態変換をしたと聞いて、心配8割、期待2割ですっ飛んでいったというわけです。

玄関2
こちらがすっかり装いを新たにした”三宝亭”さんです。上り旗がはためいていました。

ワタシがお店に入って席に着きますと、店主さんが厨房の中で振り向かれた瞬間に、カウンター席にワタシが座っていることに気付かれたのでしょう。

ワタシと視線を合わすなり「ごめんなさい」っと、一言言われて会釈されました。その「ごめんなさい」の言葉の意味を知ったのはもう少し後のことでした。

メニューを仔細に見て、「こだわりの三宝亭の天津飯」と区分された4種のメニューの中から、更に「さらに イチオシ 麻婆あんも 新たに登場」と書かれた”天津飯麻婆あんかけ”を注文しました。お値段は780円です。

天津丼麻婆あんかけ7
このお料理を食べならら「それにしても皮肉ですね、カザハヤラーメンの時よりお客さんが遥かに多い」とワタシが笑顔で話しかけました。

「まだ開店して間がありませんから」とご主人が応えられます。

「この”天津飯麻婆あんかけ”ですねー、ワタシは初めていただきました。これはいけますね!」と大きくうなずきながら店主さんに話しました。

「ところで、2回目に来た時に衝撃の出会いだった”冷たいスープチャイナパスタ”はどうされました?」とお聞きしてみました。

すると奥様は「あれはコストと仕込が大変で、今回はメニューから外しました」と応えられました。

そのとき店主さんが、やや照れ笑いを浮かべたようにお見受けしました。開口一番の店主さんの「ごめんなさい」の気持ちが、その笑顔に見て取れました。

ところで、食べてみました。「ウフフ・・・・」もう声になりません。麻婆豆腐の上に甘い甘酢餡がタップリ惜しげもなく廻しかけられています。

中の天津飯の卵はプルプルプリンプリンで、実にしっとりと御飯に馴染んでいるではありませんか。

このお店の店主産の腕前は一級です。これ以降、何度も”再訪する”お店になりました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

店の感想

じゅんさんこんにちは!

「切なさを残して………」の下りには思わず笑ってしまいました。

飲食店の感想は味や値段や接客態度だけでは語れませんからね。

じゅんさんの記事には、こういう言い回しが結構ありますが、これも僕が毎日「じゅんのつぶやき」をチェックしてしまう原因の一つでしょうか?(笑)

ありがとうございます

ガド様
今日の「振り返るあ」の記事までコメント頂き、ありがとうございます。
お店をお訪ねして、お料理を頂く。その結果としての、美味しい、或いはそうではなかった。その事はどなたでも書けますし、その感想は主観に過ぎません。

ですから、同じお料理を頂いた上で、他に何が伝えられるのか?この点を何時も意識して書いています。店主さんが、思いの丈を語って頂ければそれはそれでいい。例えば、初対面の店主さんの顔写真を撮れれば、一気にお店の内側に入れた事を皆さんに伝えることができる。

これは意外に難しいものなんです。私のブログには、店主さんの顔写真を多くアップしておりますが、これが私の一種の資質だと自認しております。

でも、何れのアプローチも出来なかった時、何を伝えるか?
後は、空気の匂いを嗅いで、その匂いや色合いなどを表現する。
切なさが残ったのみも、空気と言うか匂いから生まれた表現です。
私一人と、そうではなく横に誰か座っていた場合とでは、空気が違いますものね。

切ない男っていうのもまた色気があるんですよネ…

遊園地
フランス料理フルコース
食べ放題付きバスツアー

…一人で行って孤独死しそうになってるじゅんさんを見てみたい♡
レポートよろしく!
(^∇^)イヒ

あッハーーー!

読女様
「愛媛グルメ紀行」で採り上げよう、って、そのお店の前に立った。

お店のドアノブに手を掛けた瞬間、ドア奥のメニューが目に飛んできた。

メニューの最後に表記してある、値段を見て、目が凍りついた。こっちは、”ランチ”を食べに行っているのに、どう考えても超高銃なフランス料理店のフルコースの値段。

お店の人に気が付かれないように、そーーーと体を回転させ、階段を音を立てないように降りた。


「くーーーー!その内、このお店に来れるようになってやる!」っと独り言ちた。

それから4年の歳月が流れた。あの時の悔しさは決して忘れることは出来なかった。

で、やっと、昨年末にそのお店の前に立った。堂々とドアを開いて中に入った。夜の部に、わざわざ出かけたのだった。フランス料理のフルコースと、赤のワインのフルボトルを注文。

ソムリエが、ボトルのコルク栓を開けて、テイスティングして欲しいと、グラスを出してくれた。

それ以降、順調にフランス料理は進んだ。このお店に、やっと、やっと来ることが出来たという満足感に満ちていた。

ただし、フランス料理のフルコースを、相手もなしに1人で食べることの惨めさ、寂しさは、奥歯を3ミリすり減らさせた。切なさと言ったら、そりゃあなかった!

了解です

匿名様

明日の件は、了解です。喜んで、ちゃんとそのお時間にはお伺いします。

やっと、念願が叶うかと思うと、もう嬉しくって^^

今からデレデレしています。1月1日に、東京から娘が帰ってくれました。やっぱり、娘は、男親にとったら、特別の存在ですよ。もう立派な大人ですが。

それから、おばあちゃん、大事無ければいいですね。心のなかで念じております。お顔を見せてあげたら、きっと元気になりますよ!!!

明日を楽しみにしております。嬉しいなーーー~~~^^お声掛け、ありがとうございます。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。