「再訪 292 旬菜処 あずま」・「愛媛グルメ紀行」 840

今日は、御幸2丁目にある”旬菜処 あずま”さんの4度目の訪問をご紹介します。


先日ご紹介した”ラーメン 一興”さんが、4回ご紹介した18店目でしたが、今日のこのお店が4回ご紹介する19店目になります。

過去の記事は以下の通り。(「旬菜処 あずま」・「愛媛グルメ紀行」 716)・(「再訪 234 旬菜処 あずま」・「愛媛グルメ紀行」 733)・(「再訪 238 旬菜処 あずま」・「愛媛グルメ紀行」 740

玄関1
このタイミングでこのお店をお訪ねしたのは、二人のブログ友さんが、期せずしてほぼ同じタイミングでこのお店のことをブログアップされていたからです。


先ず一人目は:”のしうめ”さんの以下の記事です。(「旬彩処あずま 」さんで 日替わりランチ♪


そうしてもう一人が:”ファットマン”さんの以下の記事です。(ケンミンshow効果、念願の焼き鳥屋訪問ほか

メニュー2
お店の玄関を入ると、女将さんが「アレー、じゅんさん、お久しぶりですー~~!」っと、笑顔で迎えて頂きました。


前回ご紹介したのが、今年の6月10日。そして、このお店を初めて採り上げたのが今年の4月25日でしたから、半年余りで一気に4回ご紹介することになります。


それだけ”お気に入り”のお店になったということです。


このお店で前回頂いたのは”からすみスパゲッティ”でした。


和食の職人さんが作った、スパゲッティ風”細うどん”でした。ただ、昔はスパゲッティってそういうものだと思い込んでいました。その意味で懐かしい思いがしたものです。

おせちメニュー3
女将さんに「じゅんさん、ウチでは”おせち”もやっていますのでいかがですか?」っと声を掛けられました。


「残念ながら、以前からのご縁で、頼む先が決まっているんですよ」っとお断りしました。


すると女将さん「うんうん、じゅんさんなら、ソレ分かる!」って、笑顔が返ってきました。その頃には、ご主人で板長さんも厨房から出てこられてご挨拶頂き、恐縮しました。

とり笹身のピカタランチ
さて毎日日替で、2種の”本日の日替りランチ”を用意されています。


また、女将さんはそれをご自分のツイッターで毎朝ツイートされています。


今日は(B)の”とり笹身のピカタ”他のランチを注文しました。


これだけの種類と、食後にはコーヒーまで付いて、これで”680円”(内税)ですよ!”驚愕の価格”と言う他、表現のしようが見当たりません。

とり笹身のピカタ5
ピカタ”という調理法は、今までも何度かご紹介しています。


今日はその薄切り肉に”とりの笹身”を使われました。


ご承知のように”とりの笹身”は淡白な味ですが、それにたっぷり下味がついた卵液が絡められてソテーされていますから、ササミの味が却って引き立っています。

豆煮物
ここから先は、このお店が言う”30品目以上の素材を使ったヘルシーメニュー”の数々です。


ランチ680円で、ここまで手間暇掛けてお料理されたものを出すお店が、一体どれほどあるででしょうか?


例えばこの画像の”煮られた豆”ですよ。単純に”大豆”だけを煮られたものではありません。何種類の食材をこの”小品”につぎ込まれたのか?

青菜煮物6
この小鉢に入った”煮物”でも、素人のワタシには、何種類の食材を投入されているのか?が分かりません。


しかもそのお味たるや、複数の食材のそれぞれの持ち味が統合されて、得も言われぬ”複層的”な味を出しておられます。


和食の職人さんの腕の真髄を見せられた思いで味わいました。

じゃが芋、南瓜煮
さてこの画像が”ジャガ芋、南瓜煮”と名付けられたお料理です。


もう”お見事!”っとしか、形容のしようがないでしょう。

ヨーグルト9
この”680円”のメニューで、画像のデザート”ヨーグルト”まで用意されている。


ピカタ”と言う油物メニューに、野菜の”煮物”を組み合わされ、おまけに”乳酸系”のデザートまで配された。


ここは、料理人さんの”感性”に手拍子を打つシーンだと思いました。

ご飯10
さて締めくくりは、飯屋における”ご飯”ですよ。


ワタシの”ランチ定刻”は、午前11時30分です。この時間帯を外すことは極めて稀です。(最近はメッチャ忙しいので、そういうケースも増えてはいますが)


つまり、その時間帯であれば”炊き立ち”のご飯に出会えるチャンスが多いということです。ご飯が不味けりゃ、それまでのお料理の出来が台無しです。


その点、このお店は”ご飯”の一粒一粒にも思いを込められています。ホンモノは”かくありき”ですよ。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これが松山の誇る皇族御用達老舗旅館ふなや元料理長様の作られるランチなんですね!
すごい肩書きをお持ちなのにこの気取らなさ。ご夫婦のお人柄がうかがい知れるようです(⌒▽⌒)
夜のお料理はまた様変わりするんでしょうね♪行ってみとうございます♡

そうです

読女様

はい、気取らないご夫婦で、もはや肩書の世界では生きておられません。

トコトン、サービス精神を出し尽くして、それをお料理に込められているだけです。当たり前のことを、淡々とやっておられます。

夜の部は知りませんが、ランチから察して推して知るべしでしょうね。

社長から、「夜はランチから察して推して知るべし」という心のこもった温かいお言葉を頂戴したので、ランチから察して推して瞑想してみたのですが未熟な私には大衆居酒屋の絵しか浮かんでこなかったので調べてみました。夜は本格日本料理も頂けるようです。
タコ社長には関係ないか。ベー!

タコ

読女様

ほほーー、夜はそうなんですね。もっとも、私はほとんど夜は出ないので・・・・。例外はありますが。

そこで、寸暇を惜しんで調べて頂いた読女さんへ、都々逸を一節。

瀬戸内うみで
蛸壺並べ
捕れたタコブツ
社長喰い

開業おめでとうございます!

じゅんさん、こんばんは。
じつは今日、お昼時にあずまさんの近くにいて行こうかと思ったのですが、ブログアップ当日だしじゅんさんと鉢合わせしたらこっぱずかしいと思い直し結局華龍飯店に行きました(笑)。
若者はいざ知らず、我々の年になると麺類ツルツルよりもバランスよくおいしい昼ご飯をいただきたいもんですね。近々ぜひまたお邪魔したいと思ってます。

ありがとうございます

ファットマン様

お祝いのコメント、ありがとうございます。まあ65歳での独り立ちですからねー。
もう年金だって満額もらっているわけですから、生活することは出来るんです。だから、やりたい仕事だけやらして頂こうという、まあ贅沢な独立ではありますね。

そうでしたか、このお店の近くに。今日は私フォンターナさんでしたから、ニアミスはなかったですね。(笑)
でも、”伊予芳”で一度遭遇していますから、今更何ですか!(笑)

言われるとおり、こういう風にバランスがとれた食品を、一流の料理人がつくってくれて、それでこのお値段。ありがたいですよね。是非寄ってあげて下さい。

おめでとうございます

新会社設立おめでとうございます♪

更なるご躍進を心からお祈り致します!

昨日の記事は コメント多すぎなので こちらで失礼します~

あずまさんの 私の一番の印象は 女将さんのお人柄のよさでしょうか

私もまた 近くに行った折には ぜひ伺ってみようと思っています^^

ありがとうございます

のしうめ様

お祝いのコメント、ありがとうございます。

ありがたいですね、こうやって多くの方からお祝いのコメント頂けるなんて。身に余る光栄です。仕事、もちろん、まだまだバリバリやりますよ。

このお店は、女将さんはのしうめさんが仰るように、お人柄が良くて気さくで飾らない。

それとご主人の板長さんですよ。日本料理界では、松山で一度頂点を極められた人と言ってもいい方です。ところが、そんな素振りはツユと見せません。丁寧に丁寧に、お料理も接客もされています。

私はその事に何時も頭下がる思いがします。貴重なお店だと思います。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード